トップページ - ひとことだいありプラス1
FC2ブログ

ひとことだいありプラス1

主におでかけ記録。遅筆なので即時性は求めないで下さい。そのため時々逆行記事更新もありますので要注意(^▽^;)

灯の回廊・2020

2020/02/22 灯の回廊へ

先日の十日町雪まつりもそうだったけれど、とにかくこの冬は雪がない。
「雪国に雪がないなんて、ただの田舎だーーー!」と某知人の名言が飛び出るほどに雪がない。
やはり、あるはずのところにないってのはねぇ。
ありすぎても困るし、なければないで困るし、ああ雪とはかくも悩ましいものよ…

ということで、このシーズンの恒例になった「灯の回廊」も、雪がないということで中止になる所が大半。
その中でも開催するというエリアのなかで近い場所狙いで行ってみることに。
イベントはお客さんが来ることでなんぼってのもありますし。

天気が悪くなるという予報なのがちょっと気になりますが…
とにかく、、高士へGo!
準備中
点灯中。高士の灯の回廊は「高士ルミネ」という名前で地区のみなさん頑張ってます。
こちらは他の場所と比べるともともと雪が少ないため、竹灯篭にしてもだけど「雪がない」ことに強かったりもするのだ。
お店ー
16時からの販売モノと17時からのふるまいものが並ぶ。
雨模様なのでお客さんはテントの下に。
うまいもの
手作りのうまいものが並びます。
ふるまいいろいろ
ふるまいいろいろ。みんなおいしかったーーー!!
ごちそうさまでした(^人^)
ともしび点灯
今年は岩の原葡萄園創業130周年だそうです。おめでとう~!
高士♡
「高士♡」

ここから牧へのシャトルバスがあるというのでそれを利用して「牧っ子茶屋」へ。
バス乗車時にアルコール消毒。時期が時期だし、これはしょうがないねぇ。。。

牧区へ
牧区のコミュニティプラザでの牧っ子茶屋に到着。
音楽も
音楽イベントもあり。(友人のはもう終わっちゃってたけど)
牧のともしび
入りきらなかったけど「コロナにまけるな」って最下段に書いてあります
牧の茶屋
牧の屋台もうまいものが並ぶ~
ライブは間に合わずごめんなさいな皆さまたちにも会えてよかったー。
見つけてくれてありがとうm(__)m
牧でのともしび
牧のともしび(↑の「コロナに…」の別方向から)

そして花火。
牧の花火
申し訳ないんだけれど、ミュージック花火がばばばーーんと上がって終わりだと思っていたのだけども、賛同寄付者の読み上げも長い(ってことはそれだけ賛同者が多いということだ)のもあるけれど、長い長い。
賛同企業も牧だけに限らずの近郊エリアからで、なんだこの花火大会状態。
冬花火
3回分け?でトータルで50分くらいの花火大会。大したものよ…
おみそれしました~m(__)m
全部見てたので乗ろうとしていたシャトルバス乗り損ね、次の便まで30分ほど待つ羽目になってしまった(^^ゞ

待ち時間にコミュニティプラザへ。
七宝焼き
区内の七宝焼きサークルの方9名が作られた七宝焼き「牧村の四季」
春夏秋冬の美しい自然を表わした大作。
牧の偉人
牧区(牧村)の偉人たち
・全国初の有線放送を行った・池永隆勝(いけなが りゅうしょう)
・地域振興に尽力した県会議員・西山壽平治(にしやま じゅへいじ)
・石油・石炭事業に力を注いだ・西條太造(にしじょう たぞう)
いずれも明治から大正・昭和初期に村のために尽力された方たちなのだな。

シャトルバスで高士に戻る。
高士♡
↑の「高士♡」
善兵衛記念館ではフルートとピアノのコンサートも開催されていたのだけど、乗り遅れもあったので間に合わず…
山崎さんたちの演奏も聴きたかったなー。
高士のともしび
お店ブース。ほぼ終了に近し。ふるまいの飲み物いただく。あったかくておいしいー
ともしびの道
岩の原葡萄園へのともしび
竹のともしび
電飾と竹灯籠。
このころから風が強くなりだす。。。ぬー。もうちょっと待ってくれー。
こちらも
もうちょっと近づいてみる。
これも
竹灯籠。やるねぇ♪

そして20時、こちらではファイナルで花火打ち上げなのだが、風が強いので予定を変更し縮小モードで打ち上げ開始~
(動画で撮ったのだけど編集アプリがないものでカットができないためにUPありません。ご了承を)
ほぼ向かい風に負けないように駐車場に戻り帰宅。

今年の灯の回廊はいつもみたいにあちこち回らずじっくりと…だったけど、これもこれで楽しいよな。
来年はどっちのパターンになるだろう。
ってか、雪あるかないか、それ重要だけどさ☆

高士と牧の皆様方、ありがとうございました。

おまけ
あまものいろいろ
高士の4つで200円、というあまものたち。
既に売り切れてたのがあったのでフルコンプとはならなかったけど、あるもの全種ゲット♪
おいしかったーーー(^^)

関連記事