FC2ブログ

「令和 花咲くライブ」へ

(インストア)ライブ・コンサート
05 /19 2019
5/19 その2 「令和 花咲くライブ」へ

ライオン像のある館から場所を移しお次の目的地オーレンプラザへ。
こちらでは東日本大震災義援ライブ「令和 花咲くライブ」が開催されているのだ。
ここにたみおっちとyumizoちゃんが出演されているというので、このライブの主催の方も他の出演者さんも恥ずかしながら存じ上げないけど途中から参戦してこようと。
こちらです
会場はこちら&本日のプログラム
演奏中
演者さん演奏中なのでこの方が終わってから入場しようと外で待つ。
でもさすがオーレンスタジオ、ガラス越しでも音が全然漏れてこないんだねー。

この方が終わって転換の合間に入場。
お一人だし出演者的にはこの方が「K.じょん」さんで次は竹風会と思っていたのだが…
プログラムに変更あったのかこの方が竹風会さんなのかわからないけど、次がびっくりたみおっちこと平野民雄さんであった。
たみおっち1
平野民雄さん
たみおっち2
ホームのオトノカケラとは場の空気も違うけれど、「自分らしく」のスタンスで熱唱。
たみおっち3
やはり、心身ともにいろいろあったけれど、でも「今」がある。
今生きていること、そして心を、気持ちを歌うこと、それを大事にしたいという気持ちが伝わってくるような。
天災もだけれど、世界情勢にしてもなにが起こるか分からないこの時代だから。
たみおっち4
途中で弦を切ってしまうほどの激しい弾きざまがそれを物語っているようで。

お次はyumizoちゃん
yumizoちゃん1
ボランティアで現地に行った彼女が見たものは、感じたものはいかほどであっただろう。
yumizoちゃん2
ライブ時は裸足というのが彼女のスタンスだが、それがまたグッとくる。
yumizoちゃん3
当時の体験が、記憶が思い出されて感情があふれ出したりも。
そうなるのも分かる。自分の想像の範囲でしかないけど。。。
そしてその「真摯な心」は会場の観客にも伝わっているのだ。
yumzoちゃん4
魂の叫び。

「思い」がストレートに音楽に乗せられて伝わる。。。

WAIT!1
トリはWAIT!さん
WAIT!2

WAIT!3
もう40年もこのメンバーで音楽を続けているんだそう。
最近知っているアーティストが音楽活動30年とか40年とか50年とか聞くけど、デビュー知ってたりすることもあることに、なんというか時間の流れを、そしてそれが短いことを感じずにいられないな(^_^;)
でも、それぞれいろいろあっただろうけど、こうやって(音楽を通じて)ずっとつながりあるっていいね。
WAIT!4
最後はソロで、震災後の子供の写真からイメージされた曲を歌う

で、ライブ終了。
利用時間が少なかったのもあるのか、なんか終了はあっけなかったなぁ。
出演者改めて紹介というのもなく、終了ーはいてっしゅー!みたいな。
パンフ
会場にあったパンフレット。

震災の前にもその後も各地で天災も変わらず起こってはいるけれど、当時映像だけでも衝撃的だったあの中にいた人たちは。
そして生き残(ってしま)った人たちは。そんな人たちの心に直接わずかな時間でも寄り添った人たちの思いは。
(あえて「生き残ってしまった」と書かせていただきます)
それは元号が変わっても、変わるものでも消えるものでも忘れられるものでもないだろう。

今ここにいること
かつてそこにいたこと
忘れない。

みんなそうだよね?そう思ってていいよね?


関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。