FC2ブログ

劇団上越ガテンボーイズ「生きるあなたに、花束を」へ

演劇・映画・舞台
05 /12 2019
5/12 劇団上越ガテンボーイズ第43回本公演「生きるあなたに、花束を」へ

劇団上越ガテンボーイズ、昨秋の本公演から約半月ぶりの公演は「生きるあなたに、花束を」。
今回はどんな話なのかな。わくわく。
会場の高田小町へ向かう。
ネモフィラいっぱい
途中の浄蓮寺さんのお庭はネモフィラが盛り。
こちらのお庭はいつもうっとりだ。

今日はこれ
今回のポスター
舞台
今回のステージ
会場でpuさんと合流。久しぶりだー。
そして花
ステージその2

さあ始まります。
職場からも家族からも恋人からも「らしく」を押し付けられる日々のため生きることに疲れた女性、鈴木恵子は海辺である紳士に出会う。
紳士は「それならばうちの村で働きませんか」と誘うのだ。誘われるままについていく恵子。
その村は、自分のしたいことを仕事にして生活の糧にもできる、なりたい自分になれる村。
恵子は年齢特有の記憶の破損を持った老人の世話をしたりしながら自分らしさを取り戻していく
しかしその村の中で、なりたい自分になれていないため自暴自棄になり酒びたりとなりながらも一応はラーメン屋を営むタツヤと出会う。
タツヤの仕事を手伝おうとする恵子。最初は反発されながらも次第にタツヤから認められ、一緒に仕事をするようになる。

そんな頃紳士は言うのだ「あなたはここにいるべきではないのかもしれない」と。

そののち恵子はタツヤとともに今までの世界へ戻る決心をする。
そして言うのだ「紳士も一緒に戻ろう」と。

しかし紳士はそれを断る。
また会えますかという恵子に「あなたがまた人生に疲れたら」という紳士。
2人が去ったのち、老人と紳士は親子だったというエピローグがつきend。(かなりはしょっててスミマセン)
-------
自分はストーリーに重きを置いてしまうきらいがあるのでアレなんですが、(ここから極めて個人の趣味に走ります)紳士の村はいっそ異世界にしてしまえばよかった。車というリアルを使ったことで逆に現実的な「村」…理念を持ってる自給自足的な活動をしているような人たちが集うエリア…のようなイメージになってしまった。
紳士とその父である老人も人の姿はしてるけど、異世界の住人で人にあらずと。だから恵子のいる世界に恵子たちと行くことはできないみたいな。

その村では自分らしさを取り戻せるのになぜ「ここにいるべきではない」と?
ということは、その取り戻せた自分らしさはまがいもの?それを危惧した紳士の良心?
自分らしくのびのび自分らしさを感じて生きていけているなら「ずっとここで暮らしていけばいい」となるはずではない?
たとえ恵子やタツヤが「苦しいこともあるけれど、やっぱり今までの世界に帰りたい」と言っても、ここの暮らしがいいでしょう?と帰さないような気がするのだけど。
そういうブラックなストーリーになるのかと思いきや、元気になれたねもう大丈夫だろうから戻りなさいよという人生やり直しストーリーになるとは。
…ってことは、紳士たちは人生に疲れた人たちに人生再構築させるために親子して「村」を作っているの?
でもその作った村は、連れてきた人にとっての安住の世界ではない、一時避難させるための村なの?
他人の人生どうこうできるほどの力(金銭的・行政的・精神力的)をこの親子は持っているの?
他の(奇妙な)村人たちの人生は逆にどうなってるの?自分らしさ取り戻せないままなの?

と想像力の乏しい自分はこんがらがってしまいました(^_^;)

いっそ、人生に疲れた人たちを狂言回し的な役回りの主人公の紳士が「理想の自分で生きられる世界」と異世界に連れていって、矯正されて戻るor戻れない・戻ってハッピー/アンハッピーみたいな花束シリーズ(某喪○さんとか某アウター○ーンのイメージ)にしちゃうとか。
今まで人間に興味がなかった紳士が恵子との出会いで人間にも興味が向いてきたというセリフもそれで活きるのではないだろか。
・・・すみません、ホント好き勝手言ってますね。

というストーリーでしたが、役者さんたちの演技はたいしたもので。
恵子役の大滝さんは冒頭の人生イヤになりました状態と自分らしさ取り戻した状態がまったく別人のよう。
あれ?役者別の人だったっけ?と最初思ってしまったぐらいでした。
老人役の跡地さんも、そうそう、年配男性ってメガネ越しかで上目遣いで相手見るよね。そうそう、こういう歩き方するする。
人間観察よくできてんなぁと。
紳士役のあらかわさん、もともと引き出しは多い方だけどその感情の起伏が少ない卓越した飄々感がいいぞと。持ってた年代モノの図鑑がすごく気になってしまった(笑)
タツヤ役の内藤さん、作業服やピシッとスーツも着る役周りになったんだねぇ。。。と親戚のおじちゃんおばちゃん状態になってますが、屈折して素直じゃない「お前なぁ」的男性をうまく演じていました。こういうツンデレキャラ個人的に好きですw

ガテンのみなさま
ガテンのみなさん。そんなこんなでお疲れさまでした~
また次も楽しみにしていまーす。

オープンガーデン
小町のお隣さんのオープンガーデン。鉢やプランターだけでも立体的に作れるんだよね。
見習いたい…

「節子さんのお庭」にも寄りたかったけれど今日は時間がなくてまたの機会に。
やっぱじっくり見たいもんよ~

そして帰り道。
いつもと違う小路に入りこんだらこんなお寺発見。
みっけた
へー、こんなところにこんなお寺が。
確かに3月のまち歩きの時「辻のつきあたりには寺社があることが多い」と聞いたけど、そうだねー…
むー
延命地蔵さん。口紅がなんとも…
赤は命の証の特別の色だし、延命と掛け合わせているのだろうな。
石仏さん
いいお顔されてます。
高田山浅渓院についてはこちら→NPO頸城野郷土資料室のサイト

並んで
帰りの踏み切りにて、高田駅に止まっていたトキ鉄はねうまライン車両。中郷の日曹車両とはねうま車両が並んでる。
さとまるくんもいるね。

ということで、ガテンの舞台、楽しませていただきました~(^^)



たかだshow劇場 高校生卒業公演「俺たち雁木通り3丁目」へ

演劇・映画・舞台
02 /02 2019
2/2 演劇集団たかだshow劇場 高校生卒業記念公演
「俺たち雁木通り3丁目~あこがれのパイセン~」

高田笑劇場が旗揚げされ、6年。
(その間笑劇場からshow劇場と名称変更はあったけど)
もう6年も経っていたのかとたまげてしまったが、6年といえば小学一年生が六年生になる、中学一年生が高校三年生になるという年月。
その、高校三年生が新しい世界に羽ばたく…今回はそんな現役高校生たちの卒業記念公演。
進学、就職、それぞれの道に進む、そんな「微笑がえし(byキャンディーズ)」の卒業公演なんである。

mgp
と、いうことで会場のMGPへ
本日の公演
おじゃましまーす。

中に入る…
舞台
舞台セット
舞台2
ラーメン屋ですな。
ポスターがw
店内ポスターが昭和であふれているw
そして塚そばがぁー(笑)

さあはじまりますぞ。
プロローグ
マルさん扮する「銀ちゃん」こと倉岡銀四郎、意表をついて窓から登場ー!
(このラーメン屋の銀ちゃんはマルさんの作品の中の東人情・雁木シリーズではレギュラーになっている)
プロローグ
ここでバイトしている子とよく学校の帰りにこの店に立ち寄るバイトの子の友だち、そして銀ちゃんとのドタバタなやり取りのプロローグからの
オープニング
映像オープニング。これもまた雰囲気出てるねー♪

そして話は始まる。

直江津商業高校ダンス部。部員はギリギリの5人。それでも「そこそこの線」には行っているらしい。
高校生活最後のダンス大会直前、部員の1人が「彼氏できたから部活やーめた」と突如引退してしまう。
どうするどうなる?とてんやわんやの4人の中に突如入部希望者が現れる。
その子の名ははるか。なんと翌日直商に転校してくる子だった。
劇中1
なんでも、直商ダンス部に以前出会って以来あこがれの先輩・エリがいるということを知り転校前に入部希望提出とともにその先輩に会いに来たという。
最初その先輩が当時と外見が違っていて分からなかったはるかだが、当時の写真を見せられてエリも自分のことだと知り、はるかも憧れの先輩をやっとみつけて、同じ学校に入れて、とにかくひたすらエリ先輩にいれ込む毎日。
それはもうラブラブ一直線w

いや、学生時代っちゅーのはそういうことがままあるもんだ。わかる、わかるよー(笑)

劇中2
エリ先輩は銀ちゃんのトコでバイトをしているのでいろいろと人生相談とか流行りモノとかそういうとりとめのない話なんかもしちゃってるのだ。
思うんだが、こういう「大人」が身近にいるってことはすごく大事なことなんだよなー…

劇中3
はるかも自分の親愛表現はおかしいのではないかと銀ちゃんに相談。
銀ちゃんは言う「友情とは愛されるより愛することにある」、と。(アリストテレスの名言ですな)
劇中4
はるかとことは、七虹の後輩トリオは直江津の海で友情と、ダンス部天下取るぞ!と青春語り
劇中5
先輩コンビは銀ちゃんのところでこれまた青春トーク。
やっぱこういう大人がいるといいねぇ。

そこへ、明日の大会に向けがんばってください!と手作り弁当とお菓子を持ってはるかがやってくる。
その押しの強さがわずらわしいとお弁当をはねのけて「ウザイ」と言ってしまうエリ。
エリの行動にショックを受けつつも私が出すぎたマネをしてごめんなさいと謝りその場を去るはるか。
劇中6
そんなエリの行動を叱る銀ちゃん

そんなわだかまりを抱えつつ、ダンス大会当日。
劇中7
はるかの提案でダンスの中にタップダンスを取り入れて、今はそのわだかまりを捨てそれぞれの思いをダンスに込め踊る5人。
しかし残念ながら賞は取れなかった…
劇中8
はるかは、父の仕事の都合で大会終了後また転校することになっていた。
はるかに自分の態度を謝るエリ。
そして言うのだ「かつては私も好きな相手に愛情を押し付けすぎてうざいとフラれたことがある、以来どうしていいのかわからない」と。
はるかは言う「友情は愛するより愛されることにある」と。

すっかりわだかまりも溶け、エリとはるかの攻守逆転(笑)
部員5人は直江津の海で青春するのであった…


という青春ストーリー。
うわーなんかナマの高校生ストーリーだよ青い春だよたまらんよ。
妄想高まるよ(笑)
いいなーーー。。。

でも、個人的にはわだかまり抱えて踊るより、大会前に和解して、部員全員がダークハート持たずに踊ったほうが本当ホンキに完全燃焼できたんじゃないかなーとは思う。
もやもや抑えて踊るより、まとまっていたほうが結果ダメでも悔いがないような気がして。
わだかまりが結果への後悔にあとあとならないだろうかと老婆心が出てしまったことよ…

何はともあれ、卒業公演お疲れさまでした!
集合写真
あなたたちの未来が輝くものでありますように。がんばれ!!



公演のあと、マルさんからMGPのバックヤードを案内してもらう。
照明とか音響とか内壁とか小道具とかスクリーンとか。
なんてーかMGP「持ってるなぁー」とw
マルさんありがとうございましたー!

妙高演劇フェスティバル2018・2日目

演劇・映画・舞台
12 /02 2018
12/2その3 妙高演劇フェスティバル2日目へ

安塚の大浦安を見て、405で頸城の風景を楽しみ新柿線で新井へ向かう。
行き先は文化ホール。
そう、妙高演劇フェスティバル2日目。

今日は空志童ユニットKIKI。
演目は「リバー~river~」。
この作品はいたくら演劇フェスティバル、くびきのグランプリでも上演されたもの。
3回目だーw KIKIフルコンプだー(笑)

そしてユニットKIKIは今回でひとまず解散となる。
そんなラスト公演。
妙高演劇フェスティバルの千秋楽でもある。

2日目~
妙高演劇フェスティバル2日目~
今回の整理券は演目ごとに1枚なのだ。

板倉の時は渡し守さんが性別不明だったのだが、くびきのグランプリの時はきっぷのいい姉御になっていて、パンフレットの写真は性別不明の写真が使われていたのでもしかしたら?と思ったが、今回もくびきのの時と同じなきっぷのいい姉御さんでした。
でもかっこいいー♡

はい恒例のぱちりこタイム(笑)
ユニットKIKI
高校生「さおり」役の娘さんは現役高校生。自分と同世代の役はどうだったかな?
ともかく彼女のこれからに幸あれと祈ります。がんばれー!

そして、KIKIよ永遠なれ…!!

2日間の妙高演劇フェスティバル、お疲れさまでした!!


大浦安ファイナル

演劇・映画・舞台
12 /02 2018
12/02 その1 素人芝居大浦安ファイナル

素人芝居大浦安
1991年に当時の東頸城郡大島村・浦川原村・安塚町の3町村が、住民手作りの創作劇を企画・上演したのが素人芝居大浦安のはじまり。
そして28年間、平成の大合併で上越市に編入という大きな出来事もあったが、上演会場を主にこの3町村で巡りながら中山間地の人々が抱える問題、そして生き様をまんま描いてきた。
そしてこの度、諸事情によりこの素人芝居劇団は平成とともにその活動に幕を下ろすことになった。
…例えば、当初50代でも今80代になっちゃうもんね。そういう抗いようのない現実。

そのファイナル公演がこの土日に開催されるのだが、日曜のホントのラスト・千秋楽に行ってきた。
会場は安塚のコミュニティプラザ。行きは253、帰りは405の予定。
安塚コミュプラ
ここが安塚コミュプラでーす。
ラストポスター
今回のポスター
いいいもだ
入り口に飾ってあった山のもん。さすがに山芋は非売品だそーで。(「これいくらだね」言うてる方も)
安塚の偉人さんたち
市内の公共施設あちらこちらで「上越の偉人パネル展」やってますがこれは安塚編。
会場に入ってみれば既に後ろの椅子席はいっぱいだったので前にいく。1人分のちょうどいいスペースがあったのでそこを確保し開演を待つ。
歴代ポスター
大浦安の歴代ポスター。

さよなら公演始まりました。
はじまりは映像から
まず山里の映像から。
舞台1

舞台2

舞台3
しゃべりもだけど、しぐさがもうリアルそのもの。
ばちゃじちゃのそれなんだよーー!
舞台4

舞台5

舞台6

舞台7
里山の1集落「蓑田」はホタル飛び交う里。
ホタル見の休憩所も設置して蓑田のしょとまちのしょの交流を図る。
う-ん、うまくいえないなぁ(^_^;)
舞台8

舞台9

舞台10
ホタルを見に来た一家の子供の手にホタルを乗せる
舞台11
おもてなしするばちゃ
舞台12
山菜料理のおもてなし
舞台13
ホタルガイド、今日も一日ようやった。
今日も一日つつがなく終わった。
でも、
舞台14
自分たちも、この地も「明日(将来)はどうなる」もんだいのう…
明日は誰にもわからない。

休憩時間をはさんで第2部。
第2部
これまでの舞台で使われた曲の紹介と歌唱
まずはオールキャストで
歌う
歌う
くいぞの火
「くいぞの火」の火をともして
司会さん
そして忘れちゃいけない司会進行さん
歌の間に寸劇
こちらの方も歌い手さん
寸劇2
歌の前にちょっとした寸劇もあったり。
東頸城のうた
東頸城のうた。これはどういう由来があるのかな。
みんなで
オールキャスト、そして観客みんなで歌う。
ちらと周りのとちゃじちゃかちゃばちゃを見れば…なんかたまらんのぅ。
雪深き東頸城で生きてきたしょたちだもんのう。

ラストは大浦安の役者さんスタッフさんたちそれぞれの紹介というかカーテンコール。
記念品や花束を渡す方も。
ご挨拶
大浦安理事長の挨拶
ありがとう
見始めたのは最近だけれど、毎回楽しませていただきました。
ありがとうございました。
さらば…!
大浦安よ永遠なれ・・・!!





妙高演劇フェスティバル2018・1日目へ

演劇・映画・舞台
12 /01 2018
12/1 その2 妙高演劇フェスティバル1日目へ

オトノカケラの皆さんと別れてから向かった先は文化ホール。
今日は妙高dayですなw

そう、今日明日は妙高演劇フェスティバル。
オトノカケラだったので空志童さんの舞台だけしか観劇できないが…
今日から
おじゃましまーす。
でも、今年は高校生演劇部の舞台はないんだなー
北城と上越高校だっけ?いつも別のイベントとかぶってみたことがないんだよね。
一度見てみたかったが…
整理券と
今年の空志童さんの演目は「青鬼」「50on5」。
「50on5」は小林賢太郎の作品。
言葉の妙とぴしっと整えられたリズム感そしてニヤリとさせられる、こういうの空志童さん得意だよね~

そして「青鬼」。
この作品ははじめて。(ってはじめて見る作品の方が多いんだけど)
気の弱いというか優しい青鬼。角が伸び、かしらの下で人間を襲う年になった。
しかし優しい青鬼は仲間の赤鬼や黄鬼のように人間を襲うことが待ち遠しくなれず、どうにかして襲撃を回避したいと思っている。
そんな所に友人のきつねがやってくる。青鬼の思いを知ったきつねは一計を立て、角が伸びなかった青鬼に化け、他の鬼たちをごまかそうとするものの、あと一歩のところでその企てがばれてしまう。
そして己の運命からは逃れられないと覚悟を決めた青鬼にきつねは言う「ならば、一緒に逃げよう」と。

逃げる準備をしてくると出て行ったきつね。運命から逃れようという覚悟を決めた青鬼はきつねが戻ってくるのを待つ。
そんな中鳴り響く銃声。
なかなか戻ってこないきつねを心配する青鬼。そこに猟師が現れる。
猟師が手にしていたそれは、あのきつねの変わり果てた姿。
それを見た青鬼は--------------

憎しみの連鎖、因果応報。。。
人種や宗教、国、自分(たち)とは異なるものたち、鬼、人間。
対立しなければ生きていけないのだろうか。
対立するから生きて行けるのだろうか。

青鬼は、(心も)鬼になったけれど、どこかでこうなることを望んでいたのだろうか。
なんともせつないお話でございました。
でもこういう話は好きだw

舞台終わってからの恒例のぱちりこ。
もうすっかりおなじみのカメラ小僧になってしまった(笑)
空志童さん
今日の出演のみなさん。お疲れさまでしたー!


しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。