FC2ブログ

十日町雪まつり2019へ・その2

近郊(イベント)おでかけ
02 /16 2019
2/16 その2 十日町雪まつり2019・午後編

その1からの続き
午前中は水沢方面行きのバスに乗ったが、今度は下条方面行きのバスに乗る。

まず向かったのは七和ランド。
七和1
それにしてもどうやったらこんなの作れるんだろうねー。。。
立体だもんね。イメージ図に設計図にそして立体に形作ってくわけだし、どんだけよ。。。
七和2
かまくらとほくほく線
七和3
こちらはお隣の会社の作品
七和4
2分ほど歩いたとこにも雪像がありますぞ。
七和5
高架橋向かいには巨大なドラちゃんがーw

七和ランドではふるまい甘酒をいただく。ちょっとおなかいっぱいなのと他の雪像見に行ってたらちょっと時間が危なそうだったので見るだけでゴメンナサイ<(_ _)>

お次はスノーランド新座4
新座1
雪だるまがお出迎え
新座2
こっちが下条方面審査第1位になって、水沢方面第1位との最終審査の結果県知事賞受賞となったのだな。
70回記念に新設された県知事賞、受賞おめでとうございます。トロフィーもハツモノだー!
新座3
方向変えて
新座4
上からも(タイヤチューブ滑り台ののぼり階段なのだが見物客の展望台になってしまっていた…)
それにしてもたいしたもんだのー。

お次は中条笹山縄文ひろば
笹山
ここは国宝・火焔型土器が出土したところなのだ。
縄文の昔にここの人が、燃え盛る焔にパッションを爆発させた火焔型土器。
そう考えるとすごいよねー。ロマンだねー。
雪像
雪像も縄文っぽく
縄文御柱
こちらは縄文御柱だって。
レプリカですが
レプリカだけど縄文館には火焔型土器も展示されているぞ(本物は博物館へ)

続いては上新田の雪ん子ひろば。
上新田1
ここでも雪だるまがお出迎え(^^)
上新田2
花のお江戸にタイムスリップ的なw
上新田3
こちらは一気にかわいくなって干支キャラが並ぶ。縁起よさそうー
ごちそうさまでした
そしてこちらの名物?妻有ポークステーキ。妻有ポークのやわらかさ。うまー。
ふるまい酒とともにいただきまっす。おじちゃんごちそうさまでした。
手だけの方は妙高市から来られたんだそうです。偶然妙高エリアの方と遭遇してもたw

さあツアーラストは下条の田舎のひろば。
下条1
銀河鉄道の夜のイメージなんだそうで
ステージ
ステージもあるぞ。
この方たちは「ごっとっぱち」っていうロックバンドだそうで。
ごっとっぱち、妻有言葉なんだろうと思うけど、どういう意味なんだろう?
→調べてみたら「ばかげてる」「めちゃくちゃ」という意味だそうでw
下条2
こちらは中学生が作った雪像
下条3
ねこがいっぱいだよーん
下条4
こちらは竜宮城のイメージ。制作日数7日間、のべ作業人数120人ってことだけど、すごい。
でも図案イメージとか含めるともっとかかってるんだろうね。
下条5
こちらにも雪像。かまくらの中の折り紙作品はご自由にとのこと。

これでバスツアー終了。復路は終点の駅で降りずに手前のキナーレで下車。
キナーレ
キナーレのひろばはもう終わっちゃったようで(^_^;)
今年はここに雪像ないんだねー。
つるし雛
クロステンのつるし雛を真下から見上げてみたw

クロステンを出て街中ぷらぷら。
ん?
なんか不思議な雪塊の形…。下から削ったけど上まで届かなかったとかそういう類?
十じろう
初めて入った十じろう。電飾がきれいですなぁ。
ゆきだるまいっぱい
アーケード下にも商店街の方が作った雪像がいろいろあるんだけども、これは「雪だるま作って乗せてください」という来場者参加型。考えたなぁwww

本町一丁目のなじょだのひろばへ。
注意!
死角に入るとマジ危険。雪の作業はみんな気をつけて。
ライトアップ
今年のこちらの雪像は「魚藍観音」。
十日町に実際の魚藍観音像があるのではないそうだけど。。。
それにしても美しい…ここのひろばはほとんど毎回寄らせてもらうけど、夜のライトアップ状態だからかもしれないけれど、繊細さをいつも感じるんだよね~

そして「段十ろう」へ。
こちらでは中止になったカーニバルステージ内容を一部変更してホール開催している。
入場は無料だけれど整理券が必要だそうで早々になくなってしまったそうな。
ステージ内容をプロジェクターでだんだんテラス(階段状の交流スペース)で無料上映中で、それを見にホールに入れなかった大勢の人たちが来ていたぞ。
そして、開催70回を記念して、これまでの雪像やカーニバル雪上ステージの写真パネルの展示も。
ただこれ撮影禁止なのが残念~

段十ろうを出て、十日町高校グランドのコミュニティひろばへ。
お城の雪像
お城の雪像らーいとあっぷ!
ってか照明によってカメラでの雪の色って変わるよねー
茶室
雪上茶席。
もっさと降る雪の中、無料の抹茶お茶席を待つ方がいっぱい。
限定w
雪まつり限定のお酒です♪試飲も販売もしてるよー。
花火

花火ー
雪のせいか初めて上げる?場所のせいか、予定より遅く花火が打ちあがる。
しかーし、雪がもっさもっさ降ってて花火の光がかすんでしまうという。こればっかはしょうがないけどさー。
雪男っ!
十日町に行く時は大体いつも立ち寄る酒屋さんの前には青木酒造の「雪男」の顔出し看板が。
中には蔵の方がいらして鶴齢と雪男の試飲がー♪あのプレミアムがぁぁぁーー!(うまっ!)

酒屋さんを出て、コモ通りで見ようとしていた雪像を通り過ぎて駅前通りまで来てしまったことに気づき、ぐるっと回るハメに。
途中用足しに寄った分じろう、ここで相方が(目的地へ)先に行ったと思い、先走って行ってしまったあたりから、なんか歯車が狂いだしてきたようで(^_^;)
相方がこちらに電話しても携帯、かばんに入れっぱで音もバイブも気づかない状態(自分もそうなくせにー)でつながらないのでイライラが発動してしまった…
ツムツムだそーで
ツムツムなみなさんだそーです♪

それまでおなかいっぱいとか言っていたのに、急にメシ食いたい状態になったらしいのに駅まで行ってしまい&時刻案内に出てる21時半過ぎの電車じゃ乗り換え終電に間に合わないんじゃないかと疑う&食べようと思っていた駅の西口のそばうどんの店が終わっていた&東口に戻るのはいやだ&その電車の一本前が発車近い&直江津になんかあるだろう(行く前「電車待ち時間に餃子食べるとか」「それいいかも」と、いい反応だったので)とそれに乗って直江津行ったものの「ラーメンかそばかうどんが食いたい」「風も強いし店探して歩くのはいやだ」&駅のコンビニも終わってる&空腹40分電車待ち(←なぜこういうときは他のモノで妥協せずいつも以上に意固地になるのだ)&待って電車に乗って下車して徒歩で帰宅して最寄の遅くまでやっているはずのラーメン屋に行ってみたらばいつの間にか閉店時間が早まってて終わっていたため結局コンビニ食となってしまうという、ドツボスパイラルにはまり込みフテ寝というオチとなってしまったのでありましたとさ。

ちんころたち
2019年のちんころたち。
こんなではありますが、いっぱいヒビ割れて幸運運んでくれますように。


来年は、ちゃんと夕食を確保しよう。
そして、最初別の駅から乗るつもりだったのでそれだとフリー切符買ってもお得感ないなとそのまま頭から消えてしまったフリー切符。直江津から乗るんだったら、トキ鉄の分あっても絶対的にお得だったのに、その存在をすーーーーっかり忘れていた自分がとほほで。
反省。。。

雪まつりそのものは今年もとーっても楽しく過ごさせていただきました!
十日町のみなさん雪まつり2019もありがとう!






十日町雪まつり2019へ・その1

近郊(イベント)おでかけ
02 /16 2019
2/16 その1 十日町雪まつり2019・午前編

2019年の十日町雪まつりは70回目。
そして、目玉のステージ・雪上カーニバルがラストの年。
しかし、天気と気温のめぐりの悪さでステージ製作中に不幸な事故が起きてしまい会場での開催は中止になってしまった。
なんとも残念な流れだったのだが、ステージショーは場所を変え、内容も一部変更し開催されることになった。
(他のイベントについては変更なし)

電車で行くのが何かと楽だと知ったのだが(笑)、ほくほく線の2日間のフリー切符がなくなってしまったので、今回は土日両日…にはできず、メインの土曜日に行くことにする。

最寄の駅までてくてく歩き、では電車旅で十日町へGo!
直江津駅にて
直江津駅にて。これから乗るほくほく線の車両は大地の芸術祭2018のラッピング車両だった♪
daichi号
ビア列車以来だなー。また見られるとは思わなかったw
ではしゅっぱーつ!
頚城平野
電車は頸城平野を走る。こう見るとやっぱり平野なんだなーって改めて。
車内にて
車内扉ガラス(というのか?)に貼ってありました。なかなかいい感じ♪
妻有の花も雪に
まつだい駅。作品「花咲ける妻有」も雪をかぶってる~
それにしてもやはり松代、雪あるなー…
トミオカホワイト的な
松代を過ぎれば十日町。なんかリアルでトミオカホワイト状態だなーw

十日町に着きました。
まず西口でバスフリー乗車券を購入。これで一日乗り放題さ。
西口にて
西口の雪像。トライということはラグビーかな?
東口にて
並ぶのを相方と交代して東口へ。駅前おもてなしひろばにおじゃましまーす。
ふるまい酒
ふるまい酒に
ふるまい豚汁
ふるまい豚汁
かまくらの中のふるまいbarは今年はないのか…残念。
JR雪像
JRの雪像。やはり新幹線かー。
スマイルD
駅前のパン屋さん「スマイルD」で焼きたてクロワッサンゲット♪
もちまき
再び駅前イベントひろばへ。ちょうどもち撒きやってた~。アメちやん1個だけゲットw
そろっと時間なので西口に戻りミニツアーバス(相方が整理券ゲット済)に乗り込む。
まずは水沢方面行き。時間限られてて行くところは決まってるけどバスツアー確実だし楽だしねー(^^ゞ
水沢1
水沢雪まつりひろば。水沢方面の雪像ではこれが審査第1位。果たして初の県知事賞になるのかそれとも市長賞か。
(市長賞だったそうで)
水沢2
水沢のふるまい豚汁。あとふるまい酒もありますぜ。
浄財鍋にわずかで申し訳ないですが感謝をこめて。いつもご馳走様ですm(_ _)m
川治1
ツアー2ヶ所目は川治のつまりひろば。
川治2

川治3
雪像はもちろんだけど、飲食ブースや地元ミュージシャンのステージショーなんかもあるしちんころもゲットできるのだ。
どれにしようか迷う…

そして水沢方面コースラストは城之古(タテノコシ)ひろば。
勝手に「ジョウノコ」などと名づけてるのでいつも「タテノコシ」が出てこない…(^_^;)
タテノコシ雪像
雪像と滑り台が兼ねられてるので階段上ってそこから雪像の間をタイヤチューブで滑り降りるという。
(子供限定)
つきたてもち
つきたてもちのふるまいも。いっただきまーす。
イチゴとバナナ
観桜会などでの露店では手が出ないチョコバナナとチョコイチゴ。
イチゴは地のもの。あまうま。
モツ煮
モツ煮もいただきましたー。

城之古…かつては山城があったんだそうで(琵琶懸城)、上杉謙信の関東出兵の時の上杉軍道のルートなんだってー。

バスは十日町駅西口に戻りこれでミニツアー終了。ありがとうございましたー。
次は下条方面のツアーバスに乗るのだが発車まで時間があるので駅周辺うろちょろ。
6坪ギャラリー
今年も妻有のクリエーターさんのクラフトショップ・6坪ギャラリーにおじゃま。
今年はちょっと少ないかな?
レルヒさんとチコちゃん
ボーッと生きてたらレルヒさんとチコちゃんに怒られるかもw
白鳥
白鳥雪像
十日町太鼓
十日町駅JR側東口の十日町太鼓
サトラーレポ
再び西口。ふれ愛ひろっぱほくほく。
ちょうどFMとおかまちの雪まつり特別番組生放送で佐藤さん(サトラー)の出張生中継レポ中。
楽しそう
タイヤチューブのちびっこ楽しそう♪
ライブステージ
ステージではライブステージ。こちらは十日町のピコグラムさん。
駅のホーム
十日町駅ホームの雪だるまとシュクラボード。

さて、そろっと時間だし午後のミニバスツアー下条方面の部に出発だー(その2へ続く)



冬の清津峡渓谷トンネルへ

近郊(イベント)おでかけ
01 /07 2019
1/7 冬の清津峡渓谷トンネルへ

清津峡渓谷トンネル…去年リニューアルし、大地の芸術祭でも大人気だった。
その景色、冬もまた美しいという。
冬の営業は14日までで、その後は4月14日まで冬季休業となる。
見に行きたいなー、でも無理かなーと思っていたのだが、天気も悪くはないようだし帰りにどっかの日帰り温泉付きで行ってみるかね?と提案したら乗ってきたのでよっしゃー善は急げとれっつごー清津峡!

と、出たときは全然問題なかったのだが、三和の辺りから雪が。
253に入ったらば水を含んで固くなった雪が道路にあって道ががごんがこん状態。
悪路~
いつも以上にスピード抑えてゆっくり・・・でもやはりがこがこがこがこ…
がこがこ
大島まできたらば路面はがこがこから圧雪になったんだけど、どっちにしてもやはり雪だよー
なんだこの降りは…
トンネル手前
この儀明トンネルの先にはどんな風景が。

やっぱ松代、ハンパねー!
儀明に蒲生…もうすぐ池尻の分岐…ってとこで、えっ?
うおっ?
トラックが?
どうやら対向車線のトラックが傾斜を登りきれずにずりずりずり下がり対向車線側にも入り込んでしまったらしい。
ああー、これが「登攀不能」ってやつですか。
…にしても。どうするどうなる?戻るしかないのか?

心配したけれど、トラックはチェーンを装着し無事坂道を登っていきました。
ほっ。よかったよかった。
でも、反対車線の後続車はヒヤヒヤだっただろうな。。。そんな場面には遭遇したくないな…

池尻から松之山へ。さすがの松之山の降りっぷり。
もかもか
もかもか雪

松之山から津南に十日町に中里。
いずれも豪雪エリア。
おおー
117に出て、時間的に先にお昼を食べるかと聞いてみたらば先に行こうという。
それならそれでいいけど、もしかしたらまた食いっぱぐれの可能性あるかもなぁ……

そこから清津峡へ。
別世界
雪ぃぃぃぃぃぃぃーー
清津峡温泉の日帰り温泉「よーへり」は冬季休業中。ここでの温泉の可能性はなくなりましたな。
お土産屋さんも休業中。温泉宿はやってるようだけど…
トンネル入り口
トンネル、では入りまーす。

トンネル内歩いてまず第1展望所
第一展望所から
展望所から広がる風景に「すげぇ…」と。
トンネル進む
更に先へ進む。
例のトイレw
例のトイレですw
夏に入った方とは逆のほうに入ってみよう。
トイレの中からw
トイレからの風景。
ここは上部がマジックミラーになっていて外からは鏡だけれど、中から外が見えるのだw
トイレからの絶景☆
第二展望所
これはトイレから出た展望ですwww
第3展望所
第3展望所にやってきました。
ここで気がついたんだけど、外の沢水の音、場所によってすごく聞こえるところがある。
外寄りだと聞こえない水の音が、ちょっと中に入るとすごくよく聞こえる。
不思議だー
どーん
景色どーん。
冬景色
柱状節理に雪が降るとこうなるのか…
すっかり黒と白の世界。
ズームアップ
落葉せずに残った低木。そしてつらら。

かつて海
太古の昔はここも海の中だったそうで…

そして、このトンネルの目玉の大地の芸術祭作品でもある第4展望所の「ペリスコープ」へ
第4展望所
おおー!!
見事や…もしお天気だったら、どんな絶景になっていただろう。
ひとしきり撮影会(笑)
風景
外の風景。

そして、目的2。夏にできなかったこと。この水面に入ること。
(ご自由にお入り下さいの張り紙あり)
夏は靴の問題や人いっぱいだったので入れなかったけど、今日は無敵の長靴だからね、入り放題さ。きゃっほー!
んでざぶざぶと水の波紋を楽しむ。
水面揺らす
揺らした水面に映る風景。
温度と湿度
ここの温度と湿度はこのようになっております。

他のお客さんが来たこともあり来た道を戻る。
もっかいトイレで景色見納めw

トンネルを出る。
こっちはお休み
エントランススペースであり作品「ライトケープ」もあるこちらの施設は残念ながらトンネルより早く冬季休業中。
こちらも4月14日までお休みだ。
相方にも足湯させたかったんであるが…
雪ー
今日のところはこの辺でさらば清津峡。またいつの日か。

そして、津南の大名とんかつを食べに行ったのだが、14時半、すでに昼営業は終ってる。
国道の入れそうなお店は当然のように「準備中」。
ほーらやっぱり先に食べたほうがよかったやん…こうなるのは明白だったのに……
おまけに青空出ちゃったりしてるし。先に食べてから行けばまた違う景色見られたかもしれないのになーというのは心の中で。
ならばさっさとコンビニ食にすればいいものを、半ば意地になるんだよねー(^_^;)

で、十日町。やーーーっと見つけたよやってるところ。よかったー…
やっとみつけた
やっててくれてありがとう!!
んまかったー
なつかしのやさしいあめ色スープの中華そば。
ごちそうさまでした。ふー。

そしてまた中里ってか津南まで戻ってそっから松之山へ。
そこまでは天気がよかったのに、松之山入ったらなんじゃこの雪。
まだ降ってるのかーーー。

松之山温泉の共同浴場「鷹の湯」へ
松之山温泉過ぎw
松之山温泉は「過ぎ」がいっぱい。
あっつくしょっぱい、でもすげーいいお湯。
しもやけ治っちゃうもんねー(笑)

ゆっくり浸かってぽっかぽか。
いいお湯でした
いい湯らったてー。

行きはひやひやだったけど、帰りの路面は綺麗になってて除雪車に感謝しつつ帰宅。
豪雪地なめんな!と、分かっているなら昼飯は早く食べましょうというのと(←2019こそ学習しようw)、絶景と温泉のお出かけでした。


おたや2018

近郊(イベント)おでかけ
11 /02 2018
11/2 おたやへ

今年も新井別院での報恩講(おたや)へ行ってきた。
新井別院には行くけど高田別院のは行ったことがなかったりするのがアレですが。
それは親鸞さん勘弁してね。
おたや
今年もおたや
おまいり
まずはやっぱりおまいりです。

こんなのが
発見!ぬ、明後日か…

菊まつり
恒例の境内菊まつり、今年の夏の酷暑で生育不良だったか、出品も少ない。
懸崖ぜんぜん出てないもんな…

さて、いきいきプラザへ去年は行かなかった水石(すいせき)展を見に行こう。
おじゃましまーす
おじゃましまーす。
すいせき1
おもしろい石がいっぱい。
水石ってのは、とどのつまりは石鑑賞なんであるが、濡らすと石の色が濃くなり美しくなる石のこと…と会の方は言われていたが、かつて茶の席の床の間の置物の石に山水を感じ取る山水石が省略されて呼ばれるようになったという説もある。
だから「みずいし」ではなく「すいせき」なんだね。

つげ義春の作品に川原の石でよさげなの拾って売るシーンがあったけど、太古からの自然造形に美を感じたり想像力働かせる、それが水石なんではなかろうか。
すいせき2
なんでこんな形で、こんな風に穴が開いたものやら。
すいせき3
飾り砂で岩島を模す。
すいせき4
まあなんでこんな真ん中に色違いの筋が入ったもんやら。
石の妙
その文様の入り方によって呼び方もいろいろあるそうな。
姫川石すごし
この展示のほとんどは姫川の石だそうで。
ここはヒスイだけでなくさまざまな石の宝庫だからな。
さすがジオパーク。
マユハケオモト
会場内に脇役的に?展示されていた鉢モノの1つにマユハケオモト(ハエマンサス)が。

入場者はくじを引けて当たるとプレゼント石の中から好きな石がもらえるのだが、見事?当たって石げっと~♪
もらったー
こん中にもらった石がありますw

会場を出て、露店植木コーナーに行ってみる。いつも来ていたサボテン売りの方がいなかった…
どうされたんかねぇ。体調崩されたとかでなければよいのだが。
空き店舗内のレトロさ漂うアイテムが並ぶフリマにときめいたりしながら、ポッポ焼きや恒例の豆大福などをお土産にして別院に戻る。
別院入口

参道に出店されてる村シェフねおかんブースへ。
毎年変わるメニューが楽しみなんだけど、今年はサンドイッチ。(シュークリームは売り切れでした)
それももうあまり残ってなかった…
村シェフサンド
最後の一個の「ローストポークとポテトサラダ」をセレクト。
本日のちょっと遅いお昼になりました♪おいしかったー。何気にボリューミーで満腹満足。ごちそうさまでした。

今年もおたや詣で。よきかなよきかな。



十日町雪まつり2018・日曜日

近郊(イベント)おでかけ
02 /18 2018
2/18 十日町雪まつり2018・日曜日編

十日町雪まつりは昨日も行ったのだが、フリーきっぷの有効期間が2日間ということもあるので今日もほくほく線に乗って十日町雪まつりへ。
家を出てからデジカメを忘れたことに気がつく。
そうだ、データ取り込みで使って置いたままだった…取りに戻るには時間がない。
相方のを借りることにしてそのまま駅に向かう。

で、駅に着いたんだけど、雪のための遅れで足止めという。
これなら気づいた時点で戻って取りに行ってもよかったなと思ってしまった(^_^;)

で、20分くらい待ってようやく電車到着。
ゆめぞら
今回はゆめぞら号だぞ~
映写タイムを楽しみながら十日町に到着。
駅員さんに昨日の電車の中で犬のチェーンホルダーの落し物はなかったかと尋ねたけれどやはり届出はなくorz
駅窓から
十日町駅連絡通路。かわええ。
ネージュと飯山線
飯山線列車とネージュくん看板。

駅を出てJRひろば。さすがに振る舞い酒はなかったが豚汁ふるまいとお米をいただいちゃったぞ♪
まちなかてくてく。
積雪
今朝の積雪です。
雪下ろし
商店街の方々は雪まつりよりアーケードの雪下ろしですな。
こういう雪ホース?もいいねぇ。
カーニバル会場
もかもかもかもかもかと雪が降る中、昨日行かなかったカーニバル会場に向かう。
今年のテーノは首里城だそうだけど、雪つもっゃって・・・(;´∀`)

今までは豪雪ジャムがあったりで2日目もにぎわっているのだが今年はここら辺昨日だけの開催らしく、ひろばもなくてさみしいもんだな。。。。
体育館のひろばもがらんとしちゃってるし。

雪降りまくりの雪中行軍のようなカーニバル会場往復からはまちなかへ。
お菓子屋さんで大判焼きとちんころを購入。
ポスター
あ、今年のポスター。
新しく建設された文化ホール「段十ろう」にも入ってみる。
先日ここでデリグラやったんだよね~
しかし段十ろうに分じろうに十じろうに紛らわしいなw
ツマリアンボール
十日町高校のグランド・コミュニティひろばへ。
3チームのツマリアンボールで盛り上がってるぞー。
降る雪なんて関係ないねっ。
妻有ビール ボタン肉
今回初お披露目の「妻有ビール」、そして雪国BASEのまたぎ汁とイノシシ肉焼き。
焼いていたはずの串焼きが冷たかったのはしゃーないか。
個人的にはかんきつ強いのよりそばエールの方が飲みやすかっな。
雪国BASEってのを知らず、品名にかつてのまたぎブースが復活したのかと喜んで店の人に「再開されたんですね!」と声をかけたら怪訝な反応された・・・(^_^;)違う方たちだったか…

六日町へ
今回はせっかくなんで六日町にも行ってみることにする。
この降雪に除雪が間に合わず六日町から湯沢までの上越線が運転見合わせとのこと。
関東から来た人たちこれじゃあ帰れないよね…
路線バスはあるらしいが、代行輸送は行ってないとのこと。なんだかなー…
湯沢出ないと新幹線にも乗れないし。。。
(実際、まだ十日町に戻って飯山線から長野に出て新幹線に乗ろうって人もいた)
六日町駅
六日町駅。こちらもやはり降ってますなぁ。
六日町三山
昨秋にかつての名酒、「坂戸山」と「金城山」が(35年ぶりだったかに)復活したとのことで、六日町三名山のお酒が揃いました♪

駅前の六日町図書館へ。
がんばれ
オリンピックに地元の小野塚選手が出場しているので応援ブース。パプリックビューイングもあるよ。
館内は撮影禁止だけど、聞いたらこれはいいってことだったんでぱちり。
あと館内には「こめつぐ神社」もあるのだ。

電車の出発時間になったので直江津行きのゆめぞら号に乗車。
今回は十日町で降りずそのまま上越まで。
ゆめぞら
プラネタリウム~♪
美佐島
はくたか時代には聖地のようであった地下駅の美佐島

電車を降り、昨日のようなホワイトアウトも今日の十日町六日町のような降雪もなく、帰宅。
いただきました
おみやげ。駅前でいただいた十日町産こしひかり。いただきまーす。
ちんころ
そしてちんころ。やっぱかわええ。

そんなこんなの2018・十日町雪まつりでしたー
十日町のみなさんお世話になりましたm(_ _)m
ベスパライブに遭遇できなくて残念だったなぁ。。。

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。