FC2ブログ

映画とライブと

演劇・映画・舞台
01 /24 2009
1/24 自主制作映画「おとうふ」上映会&MSAWライブ

この日は午後から高田小町で自主制作映画「おとうふ」の上映会と
MSAWのライブ、そしてトークショーという3本立てのイベントが行われる。

しかしこの日は、前日の春のような天気から大きく一転、一気に真っ白な
雪景色になってしまった。吹き付ける雪にビビリながら高田小町へ。

会場で待ち合わせのpさんお二方は既に会場入りしていて(すみません遅くて)
いい席を取っておいて下さった。ありがとうございますm(_ _)m
で、開始までお久しぶりのおしゃべり。

で14時、いよいよ開演。
第1部は「おとうふ」上映会。。。の前に、このイベントの実行委員会の渡辺さん(左2番目)の
ご挨拶とゲストの今成さん(上越出身)、主演女優の北川さんのご紹介。
オープニングのご挨拶
北川麗ちゃん
明日香役の北川麗ちゃん。かわいらしい方でした♪これからのご活躍も期待してます。

そして上映会。
オープニングの鮮やかな花のデザインに目を奪われる。いいねすごいね。
内容はネタバレになるのではしょりますが、観客に想像させる部分が多いというか
「それでいいの?」と思わせるような所が多いというか
 ・バイクとの接触したあとの豆腐屋のおかみさんと明日香、誠、それぞれ3人の対応
 ・後に明日香が誠を招いたときの父親の対応:病気の娘を怪我させた相手なのに…
 ・インテリアに詳しく造園業?植木職人?の父を持っていながらガーデンデザイナーを
  目指すのはいいけれど、微妙に浅いというか・・・(うどんこ病知らないし…)  
などとついチェック入れてしまう自分。

そして、明日香の病気のことを誠は(映画中)最後まで知ることがないので
なぜ彼女があんな風に哲学的なことをいうのか、いわゆる不思議ちゃんなのか
分からずじまいなのではないのではないだろうか。
「ファウスト」のセリフも誠には意味不明だったようだし。。。

いや、テーマは分かるんですよ。人生と「豆腐」を重ね合わせているのと
将来への希望もなくただバイトで日々をしのぐ若者、格差社会、こんな時代おかしい、
これでいいのかという思いは。確かにそうだし。。。
ただ、明日香と誠、互いに気になっている、好意を抱いてるんだろうなとは思うけど
そこで止まっちゃってるように思えるのは自分に理解力がないせいか。

でも、よくある純愛モノ「出会って惹かれて病気のことを知って残された時間を
健気に過ごして永遠の別れが来て…クライマックスお涙頂戴」みたいな展開に
しなかったところはいい意味での裏切りというかパターン破りで好感が持てたね。
55分の中に詰め込まなきゃいけないから、消化不良なところがあっても
それはそれでしょうがないとも思えるしさ。
そして所々にちりばめられた昭和テイストもgood♪
食事シーンの「いただきます」や「家があって庭があって“家庭”」というセリフなんかも
妙にずしっと来たよ。
今の住宅/暮らし事情ではそれも難しかったりするんだけど。
あと、ラストの誠の部屋で咲いた八重のサフラン?コルシカス?も良かった。

おっと、長くなってしまった。
お次はMSAWのライブ。Ozakiさんもパーカッション?で参加。
パーカッション?入ると曲調も変わるもんだね。
オリジナル曲、カバー曲など沢山歌ってくれました。
ラストは観客と一緒に「上を向いて歩こう」を。
MSAWライブ

そしてイベント最後は4人でのトークショー。
映画についてのウラ話やストーリー上の質問、出会いという縁のことや
子供時代のことなどをいろいろ語ってくれました。
これで映画の中のナゾがちょっと解けたような?
トークショー

そして渡辺さんの挨拶でお開き・・・なんだけども、なんとお土産があった。
それは渡辺さんと今成さん(ご姉弟だそうです)の90を越えるお母様が作られた
お茶セットと手作りコサージュ。
指先のリハビリとおっしゃるけれど、すごいよ。自分にはこんなセンスも技術もないもん。
そんなお母様の思いのこもったお土産、ありがたくいただきましたぜ。
すごいね
チラシや包装紙で作ったとは思えないコサージュ

終わってからpさんたちとちょっと一息。楽しいお話いろいろ聞けました。
お世話さまでした~~~またよろしくですm(_ _)m

次の小町はレルヒウィークかな?やっぱりしっとりくる空間だよね、ここ。
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。