FC2ブログ

大地の芸術祭2009 #3

大地の芸術祭
08 /02 2009
8/2 大地の芸術祭へ(3回目)

と、いうことでR8長岡方向に来た・・・が、長岡まつり花火見物のため道は渋滞気味。
それに今日はまつり関連で天地人イベント・常盤さんとあき竹城のトークショーもあるしな。
渋滞・混雑、そして天気予報は雨。

天気予報で相方はかなり揺らいでいたのだが、この渋滞で「今日はヤメ!順延!!」決定。
(こういう時「ホントにいいのか~?」とささやく悪魔な自分だが決心は変わらずのようで)
長岡の花火見物は明日に延期し、大地の芸術祭へ。
今日の花火はケーブルTVで中継番組あるし、それを見ることにしようと。

そうと決まればまずお昼と。
中越地震の日に行った堀之内のラーメン屋「土佐屋」を狙ったが混んでいて諦める。
第2候補は以前登山の帰りに寄った店だったが、名前も、場所も記憶のない店が分かるはずもなく。
結構車停まっていた店に行ってみる。
今日はここ

梅干入り ノーマル醤油
ごちそうさまでした~
隣りのスタンドで給油し(車にも食事させないと)、十日町へ。

まずはNo.11、開発好明「千色屋」。
1階
緑メインの小屋の中に入ってみて「うぉ!」
うっわー、すごい・・・千色だぁ・・・
廃小屋をアクリル絵の具で彩色していくのだが・・・すごい。屋根の裏側まで色塗ってあるよ…
2階はもっと細かく塗ってある。
現在製作中(2階)
まだ製作中。基本色塗って、そこに色足して混色してまた塗る、みたいにやっているそう。

前回の同氏作品「かまぼこフェイス」もありますぜ~
こっちも かまぼこさん

お次はほっそい山道をぐねぐねぐねぐねと行ってたどり着いた枯木又。
No.13、京都精華大学「枯木又プロジェクト」
学生さんたちの作品あれこれ。廃校となった枯木又小学校への過去への憧憬と現状ということだろうか。
学校の中には青空
まだ始まっていない作品もあって残念。半月後の「体操服プロジェクト」、賑わうといいけどなぁ。

また山道をぐねぐねと行き次の作品へ。
途中、集落の案内板(既になくなった屋号がガムテープで消されてたのが淋しい)があった。
竜王様や愛宕様などの信仰もあり、むかーしからの集落だったんだろうなと想像。

次の作品は旧飛渡小学校。(明治41年~平成17年)
No.12 向井山朋子Wested」。
体育館に一万枚の絹のドレス・・・。
絹
これまた迫力。

絹のドレスは女性をイメージ。この中を通ってたどり着いた中央部。胎内逆行、核のなかで蘇るわたしが、わたしになった時--胎児の記憶。
畏れ、でも心地よく
中にはビーズクッション。ここでは周りが全て絹のドレスに覆われて。・・・この感覚は命を生むものへの畏敬というものだろうか。

話変わってこの飛渡小学校、作りもしっかりとした建物だったのだが先の中越地震の際にかなり内部にダメージを受けたらしく、体育館を除く校舎側は立ち入り禁止となってしまったそうだ。
校舎を直すに直せずそのまま廃校となってしまったそう。(その時の生徒はやむなく既に廃校になっていた旧枯木又分校に通っていたそうだ)
外観は何ともないのに…こんな形で廃校となるなんて。

そしてNo.14、福屋粧子「森のひとかけら」へ。
駐車場から作品まで林の中をてくてくと。
こっちだよ
途中道案内の白い矢印やベンチがかわいい。

途中の景色
清水でのどを潤したり、蚊に食われながら(笑)ブナ林の中の作品へ。
ガイドブックには「ハンモック」となっていたので、そういうものをイメージしていたのだが、実際はブランコ。

森のブランコ
高さの違うブランコがブナ林にあちこち。
どのブランコにも乗れるようになっている。とは言いつつ高いところのは乗れないが。
足が届くのに乗ってブランコを漕ぐ。

ブナの緑が近づいたり離れたり・・・た、たのしい♪ブランコのわくわく感堪能。
みんな森のひとかけら。

またてくてく来た道を戻る。畑は夏野菜。ここでも畑。大地の恵みを受ける人たちがいる。
みんな一所懸命生きている。それがうれしく力強く。

そして次は・・・もう時間切れ。今日はここまでにするべと上越へ。
家に着いてTVで花火を見たけれどやはり雨が降っていた。
いつもの花火のシメ(花火師さん、ありがとう~)もなく、悪天のため打ち上げも短縮されたそう。

・・・天気はどうにもならないし、まあ、そういう時もあるよな。
明日は降りませんように~~~

(全作品の写真は大地の芸術祭ブログをご覧下さい)
関連記事

夏まつりとみずつちと

新潟市
08 /02 2009
8/2 BSN夏まつりとみずつちその1

昨日は「大地」とサッカー観戦し、今朝もいつもの新潟コースを終えて、花火を見に長岡入りする前にちょっと「水と土の芸術祭」も見ていこうということになった。

長岡行くんだから、とみずつちの作品は8号線沿い狙いで。
その前に黒埼の「ふるさと村」でBSN夏まつりイベントやっているのを思い出して寄り道。
スナッピー号
BSNカー。ナンバーは周波数の1116。

番組ブース
浴衣姿のアナウンサーもあちこちにいるけど、常連/コアリスナーでもないし写真撮らせてとも言えず(小心者)遠巻きに眺めるだけ。

プルプルプルン
プルンの着ぐるみ。中の人は外が見えないようで付き人が無線で指示しながら移動していた。

ふるさと村のバザール館広場は「天地人」グッズがいっぱい。「サラリーマン兼続」なんてのも。いったいどこまで行くのやら。
観光館(アピール館ではなく以前地ビールあったトコ)も天地人関連。あとみずつちパネル展とグッズ系販売。
ヨロくん(与六)なんてキャラも・・・。
ヨロくん
ふくしまのキャラなんだって。

で、ひとまずふるさと村は結局見るだけで終了。次はみずつちへ。
大野の商店街や、白根の排水機場もあったんだけど、長岡行くのもあるんで「どこだどこだ」と探すのはナシにして。
しかし、国道ってのもあるけれど、案内板がない!
ガイドブックの地図も、地名もあまりはっきりしなくて微妙。。。(困)

多分ここらだろうと曲がった道大正解。それらしき作品たちがあったぞ。
No.52 ダダン・クリスタントの「Sound of Harvest」。
ああ、あの「カラカラ」かぁ~~♪
カラカラ
こっちでも見られるとは思わなかった♪
でも、でも・・・今日は風がなくあの「カラカラ…」の音が聞こえない!回らない!(涙)

No.53 大久保英治「地の石」。
地の石
雨が多かったので道がちょっとぬかるんでいたけれど、櫓の上に登ったり。(右奥は前述の「カラカラ」)

No.51 空土(karatto)「泥花プロジェクト -Earth Flower Diary-」
色米の稲
紫米などの色米、白米などが植わっている田んぼアート。広すぎてカメラに入りきれないよ~
秋になればまた違った景色がひろがるんだろうけど・・・

ってとこでみずつちツアー本日終了。12月の会期終了までどれくらい回れるかなぁ…

らぶり♪
車進入禁止んトコについてたカワイコちゃん( ̄ー ̄)

さて次は長岡へ。ただし予報は夜から雷雨。
どうするどうなる花火見物。(続く)
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。