FC2ブログ

大地の芸術祭2009 #8

大地の芸術祭
08 /30 2009
8/30 大地の芸術祭2009 #8

今日も来ましたよー。
今回は朝食べて支度してから出てきたのでちょっとスタートゆっくりめ。

まずは松之山エリア。

233「上蝦池名画座」
これ面白い!!世界の名画と上蝦池の人と風景を重ね合わせてる!
名画だよん
いやーいいなぁ。

こっちも
元絵はアレですよ、アレ(^m^)

食べたかった~
お隣の鎮守様ではこれから始まる「車座おにぎり」の準備。
いいなーいいなー、でも、次に行かなくっちゃ行けないんだ(涙)と残念ながらさようなら。

236「目を凝らし耳を澄ます」
鏡が池
鏡が池周辺に住民たちの生活道具が。その道具の中に住民の言葉が刻み込まれた鏡が組み込まれている。
静かなるものの声、耳を澄まして探さなきゃ。

こんな言葉が
あった!

この中に
聞こえる?

そしてここには人間国宝・小野塚キイさんの碑が。

小野塚キイさんの碑
小野塚さん(1887-1975)は越後縮の伝承につとめた方。原料の苧麻(ちょま)を歯と爪先でこまかくさいて糸をつくる苧績(おう)み技術保持者として昭和32年重要無形文化財に指定されたという。そんな方がここにいなしたんかね…

235「EARTHSCAPE」
ハーブマン
ハーブマン、ここからだと全景見えないよ。もっと高いトコ行かないと。なので看板。
薬草カフェも気になったけど混んでいるのでパス。

234「最後の教室」
ここ最初見たときはすごくインパクト強かったんだけどね。
でもやっぱり惹かれるんだよな。。。

232「家の記憶」
2年前まで住まわれていた築100年程の住宅。今は住む人もなく。
蜘蛛の糸のよう
記憶の糸が、使われていた品々をぐるぐると巻きとっていく。ぐるぐると、静かに。

230「坪野フィールドパーク 龍頭」
のぼったりおりたり、田んぼのあぜを歩いたりのフィールドパーク。
家の中にも懐かしいものがいっぱい。

231「記憶の部屋 下布川の人々」
福石屋さん
「かそ化して手のかかるところはぶちゃっていく だすけ山が荒れほうだいだんがの」
そーいんてねー。せつねなるてねー。

「空ばくを逃れし乙女の日ぞ遠く老いて見上げる今日の青空  後カノ」
ほんとにもうなんと言っていいか。
こういう方々がいて、今がある。ほんとに、ほんとに。

190「リトル・ユートピアン・ハウス」ここだけ松代。映画「小屋丸」も見たいなぁ・・・

229「黎の家」
外も中も真っ黒に塗られた家。飼ってるワンコも黒い。
黒い・・・
台所用品と畑の野菜たちの自然色と対照的だ。そしてレストランは混んでいるので諦めた・・・

326「新視界2009・湯山の家」→ 238「メタモルフォーゼ-場の記憶-[松之山の植生を探る]」→ 239「渓谷の燈篭」

どーもどーも
こんにちはー。お世話になりますー♪

240「夢の家」→ 241「エリクシール」→ 242「収穫の家」「米との対話」→ 252「黒倉たまさか庵 「ゆく玉来る玉」」

まわるまわる
家の中を、家の外をガラス玉が回る回る。

昭和初期か?
うわー・・・いつのだよ。(ちなみに大山巌は薩摩出身、薩英戦争に戊辰戦争を経て日本陸軍創成期から日露戦争まで行動した軍人)
にしても「大山元帥ひや麦」とは、当の本人的にはいかがなものだったのであろうか。

228「星の誕生」→ 227「妻有岡印刷所-「印刷所の鼓動」-」
印刷所の再現。
印刷機の動く音が絶え間なく。
紙がいっぱい
紙・紙・紙。さまざまな時代の印刷物があふれている。

223「キョロロ」→ 224「足元の水」→ 225「ネイチャー・ウォーク」→ 226「松之山プロジェクト」→ 222「久なる恵み-松之山の野草の花々とブナ林-」
「コーヒー・セレモニー」は残念、本日終了。宿題残っちゃったー。そして再び三省ハウス。
そして本日ラストは219「ステップ イン プラン」。

いやー今日も回った回った。でもまだ完全制覇には達していない。がんばるぞー!!
そして8月も終わるぜ・・・

全作品ブログはこちら
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。