FC2ブログ

魚津雪割草展と埋没林

雪割草や山野草・植物展等
03 /13 2010
3/13 北陸雪割草連合会展示会と埋没林と

今年もなかなか魚津の雪割草展の案内ハガキが来ない。
その手の本には書いてあるのだろうけれど、上越の展示会時に・・・と思ってるので(それくらいは貢献せねば)見てないのでわからない。
でもわからないと予定が立たないので、会場のありそドームに直接問い合わせてみた。
今年の会期は3/13、14。・・・て、上越とぶつかる?がびーーん。

その後やはり確認のため調べてみたら&確認してみたら上越の展示会は今年は第3週の1回のみ。
なんとか魚津にも行けそう。よかったよかった。
(北陸連合会は今年から富山と魚津の二ヶ所開催となった・・・ってことは、場合によっちゃ今後行けない年もあるってことか?( ̄ω ̄;) )

そして当日、去年ほどは早くないけど朝から魚津に出かける。
高速利用。天気は雨。親不知の辺りではかなり雨が強くなり高速走行おっかねー。
でも県境越えたらちょっと小降りになりほっとする。

黒部インターで高速を降り県道53号線を海沿いに走る。
まずは去年行けなかった「魚の駅 生地」へ。
おおー、豊漁のためベニズワイガニ1パイ100円とある。マジすか?

カニ100円…
ホントだった・・・すげー・・・・・・
地魚はさすがに安い。けど今回は(明日もいないし)買っても・・・ってことで当り障りないものを購入。
地酒もあったのでそれもゲット。

お次は会場のありそドーム・・・を通過しその先の昼予定のラーメン屋確認。
まだ開店したばかりだったのでちょっと入るの躊躇してここも前から行ってみたかった魚津埋没林博物館へ。

なぜか「埋没林」を「沈下林」のようなものと思っていたのだが(地盤沈下で林部が抜け落ち地下に林空間があるというドラえもんのストーリーのようなイメージ)、全然違っていた(^^;ゞ
この埋没林は、約2000年前に片貝川の氾濫により流れ出た土砂がスギの原生林を埋め、その後海面が上昇して現在の海面より下になったらしいのだが、それからずっと後、昭和5年に魚津港を建設するため海岸を掘り下げたところ、海面より低い地層から埋没林が大規模に出土したそうな。

ここの部位
“林”とは言っても、当時の地上部がそのまま埋没したわけではなく朽ちなかった樹根部が残っているという。
でも5000~10000年前の、樹齢推定500年以上の杉が目の前に。

水中展示 水中展示
乾燥展示 乾燥展示

水中展示は当時のまま、乾燥展示は杉の根を手で触れられる展示室。根っこにもその根の年輪が出るとは知らなかった…
同施設には蜃気楼のしくみなども展示されていてこれまたなるほどなるほど。
新潟の海岸でも蜃気楼って出ないのかなぁ・・・
お土産コーナーの手ぬぐい「蜃気楼」だけじゃなく「埋没林」ってのもあればレア感増すのに。

併設されている水族館はまたいつかの今度にし博物館を出、昼食は手打ちラーメン「やまや」。
昔ながらの中華そば屋さん。
「やまや」さん

富山ブラックにチャレンジしてみたかったが、やっぱり魚津と富山は別なようで。
そりゃそうだ、上越で三条ラーメン食べようったってムリな話だし。
ネットの情報だけだが調べた結果、会場とも(埋没林とも)そう離れていない、相方好みの「細めんあっさり」とのこのお店に決定。

うまそ♪
いただきまーす。
白しょうゆを使っているので、まるで塩ラーメンのようなスープ。
あっさり美味しかったけど、心もちもうちょっとしょっぱくてもいいかな?いや、スープ単独ではちょうどいいんだけど、麺が入るとちょっと物足りなさを感じるというか…。

で、お腹も満足したところで会場へ。
去年の「早く行かなきゃ」ペースに比べるとなんて今年はのんびりなのか(^^;
いや、早く行っても逆に花咲いてなかったりってこともあるし、逆にこれくらいのほうが余裕で見れる?!
会場内はもう即売目当てのお客さん引けちゃったのか結構ゆとりあり。
会場即売コーナー

そしてまずは即売ブースで別行動。
でも、今年は「(似てるの)あるしなー…」フィルターもかかっちゃってるようでやっぱ見るだけ状態?
銘品も雲の上価格だし。
会の方からお聞きしたラベルについての話もちょっと引っかかっちゃって、これは!がなかなか出てこない。

ってことで展示品で目の保養。
今年は実生展示が多いみたい。でもやはり自分のイメージする花を作り出せるってのはすごいなと。
(そうじゃなかったのが即売に出てたりするわけだが)
受賞品その1 その2 その3
でもなんかどうも会場内の温度設定が低かったようで花の開きがイマイチに。
うう残念。展示会の写真はもうちょっとお待ちくださいm(_ _)m

大体見たので会場を出、お次のお楽しみ、地元スーパーへ。
ちょうどそのショッピングビルでも雪割草展が開かれていたのでそちらも見学。

展示会ポスター こんな花たちが
閉まる時間迫っていたので写真撮りをメインにしていたのだが、会の方話し掛けてきてなかなか離れられなくなってしまった。
「時間気にしないで好きなだけ撮って。」と言われてそうさせてもらったけれど、別の方の「もう終わりでーす」の声。
うー、全部じっくり見られんかった…orz

そしてスーパー。
某TV番組の影響もあるが、1月の長野スーパーからその土地の食材見るのが楽しくなってしまった(笑)
土産屋じゃない地元の食べモンだもんね。
魚津のカマボコは巻きモノで朱色や水色、パンじゃない「揚げパン」とか、煮こごりのような「カン天」とか、江戸っ子?の「オシタシ」とか・・・。
揚げ「パン?」

同じモノでも取り扱ってる会社も違うしね。なかなか興味深いでありんすよ。
・・・そして、生地の物産館で買った酒、土産屋価格だったことを知る。ちくしょーーーーっ!!
いや、入手しにくい酒をスーパーが法外な値段つけることあるけど、そういうのじゃないんだし、地元の酒なのにそりゃないと思うんだよなー…。
まあここに限ったことでなく観光物産館ではままあることだけど、なんかなー・・・( ̄ω ̄;)

そうこうしてる間に彼岸前のこの時期、すっかり薄暗くなりまして、本日終了、帰宅の途。
夕飯なんにしようと言いつつも国道沿いの回転寿司、たら汁を外してたら店がない。ラーメンは昼食べたし。道の駅の食堂も既に終わってるし。
結局上越のファミレスになりましたとさ(^^ゞ

そんなこんなで天気はイマイチだったけど、楽しい魚津ツアーでした。ちゃんちゃん♪
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。