FC2ブログ

くびき野市民活動フェスタ最終日

上越市内(イベント)おでかけ
09 /04 2011
9/4 くびき野市民活動フェスタ・クロージングイベントへ

2000年に、くびき野地域で活動している団体を多くの人に知ってもらい、市民活動の輪を広げようと始まったフェスタ。それがくびき野市民活動フェスタ
市民活動というと政治がらみだったりお硬いものを連想してしまいがちだが、このイベントでいう市民活動は育児だったり音楽だったりと身近な「自分たちの生活」をより良く・楽しく・潤いを持たせるといったものだったりする。

このフェスタ、毎年夏にいろいろなイベントを行っている。今年もまた面白そうな講座が並んでいたのだが、いかんせん日が合わず見送ったもの多数。
6月末にチャリでふらっと見つけた「関野貞(ただし)」を取り上げた講座もあったんだけどね・・・

7/31にオープニングイベントとともに始まったこのイベントも9/4でクロージング。
高田公園芝生広場で開催されたクロージングイベントにちょっとだけだが行って来た。

芝生広場と聞いて厚生南会館跡地だと思って行ってみたらば違ってて、図書館側の芝生広場だった(^^ゞ
ハスの花終わって
夏に涼を与えてくれたはすの花もすっかり姿を変えて。

フリマやJ級グルメなどいろいろなイベントがあちこちに。
こどもフリマ
こどもフリーマーケット。楽しそうだな♪

ステージ上では高田公園ミュージックフェス2011。

二胡勉強会のみなさん
二胡勉強会の皆さんによる演奏


大島小&新堀ギター先生陣
大島小学校の生徒たち&新堀ギター講師陣の「ららら大島」。
故郷(ふるさと)を愛する気持ち、これからも大事にしてくれよ!

この曲ももちろんなんだが、この次の校歌。
ステージの生徒だけでなく観客の子供や親たちも口ずさんでいたことにじーんとしてしまったよ。
ああ、校歌ってそういうものなんだよなぁ。うるっ。

お次は
くろみつ&とべとべ・3人ライブ
くろみつ&とべとべとんび&もう一方(すみません名前失念m(__)m)お三方のジョイント。
先2曲はくろみつさんのソロでした。


気になっていたのがカイロプラクティック体験。
あちこちコキコキ言ったり足が痛かったりする不具合は多分身体のゆがみが影響してるんだろうから、ちょっと診てもらいたかったのだが、時間なくて諦めた。
通常料金ではよっぽどでないと行けないし、体験でもその半額ほど、なのに今回は更に1/3。
・・・来年も出展してくださいね(できたらこの価格で)

そんなこんなでタイムアップ。
午後のJ-FORKタイムに心を残しながら、高田公園から引き上げ。また来年だー。

おまけ
たまらん・・・
しつけもよく人馴れしててヨイ子でした♪いっぱい撫でさせてくれてありがとう
関連記事

絵本原画展とPeace&Love2011

アート/クリエイターイベント
09 /03 2011
9/3 絵本原画展とスタジオ・ゼロ「Peace&Love2011」へ

週末に新聞チラシとして入ってきた案内。
「~みる・きく・たべる~みょうこう・秋の絵本まつり ‘川端 誠の世界’」。
9/3~18の間、新井総合コミュニティセンターで開催される。

チラシによると川端誠氏は上越市(旧高田市)出身の絵本作家さんなんだそうだ。
不勉強なもので川端氏のことはまったく知らないのだが(すみません)、その絵に心引かれた&原画が見たくなり、スタジオ・ゼロでの作品展も見たかったので、絵本展オープニングのこの日に新井にGo!

ホントなら、オープニングイベントの絵本朗読会も行きたかったのだが、都合つかず見送り。
あー落語絵本の世界見聞きしたかったなぁ。

新井への道中、はっと気づけば虹が。
わー、なんか嬉しいねー。

レインボー
田んぼも次第に秋色だし。・・・ほのぼのしてるが、西日本はスロー台風で大変だっちゅーのによ(^_^;)

で、新井コミュニティーセンター。
かなり前に文化ホールに行ったことはあるが、あの時は電車利用で駅から歩き&新井街中のことよく知らない状態だったので全く記憶がない。
去年の街祭の時も文化ホールまで行こうとしたもののよく分からなかった(今回で理解したのだが、右左折を間違っていた)ので今度はしっかりと。

新井総合コミュニティーセンター

図書館も入ってます。
イベントパネル

中に入ればにんにく丸さんがお出迎え。
にんにく丸
→ ですね

階段のぼって・・・
階段のぼって・・・

うぇるかむ
おじゃましまーす

原画。
最初に目に入るのは立体的な原画。
これは、新聞紙で作った自家製粘土を板に盛り上げ、アクリル絵の具で着色し保護剤で光沢を出しているそう。
いやー、絵として塗るだけでなくこうなるとすごいね。

他の作品もアクリル樹脂を固めサンドペーパーで研いだり輪郭線や文字を版画にしたり、すごく凝ってる。

真ん中には氏の絵本が自由に読めるようになっている。
時間が足りず全部は読んでこれなかったが、原画で気になってた「森の木」。
この作品、すごく考えさせられる。

自然界の中での(人という)‘身の丈’忘れて欲望のまま突っ走ると結局ロクなことにならない・・・今と重ならないか?
本では最後にまたモクが生まれ出るという希望で救われたけど、今この現実にモクは生まれでてくれるのだろうか。
そして、もしかしたら、季節が分からなくなって暴走し膨らみ続けて最期は落雷で砕けたあの木も人間と重ねているかもしれない。
「森の木」
これも原画は自家製粘土作品

なかなか絵本自体に触れる機会はないのだけれども、なんていうか余計な部分がなく、うれしい・たのしい・かなしいといった気持ちや、ならぬものはならぬのですってことが回りくどくなくストレートに直球で伝わる・・・絵本、侮れません。

機会があったら他の作品も読んでみよう。うん。
川端氏の言葉を借りれば、極上の「おから」でした。


原画展の次はスタジオ・ゼロへ。
確か「Peace&Love2011」は6日までだったような気がしたので、今日を逃すと終わっちゃうかもしれないなと。
案内

行ってみたらば11日までだった・・・そか、9.11にもかけてるんだろな。

今年の「Peace&Love2011」は地球儀のベースとなる球体を素材としている。
地球儀→地球・・・で、やはり3.11が影響落としている作品が多いのだが、深い。

作品たち

1

2

3

4

5

6

7

8

怒りや批判的・皮肉的に現状を憂う作品だけではなく、ほっとさせてくれる作品もあり、それぞれの‘Peace&Love’。

Peace+Love=happyじゃないかな☆(軽いか?)

東條さんやちょうど来所されていた小澤さんたちのお話聞かせていただいたが、これまたディープ。
すみません、ボール返しできなくて。だってレベルが違うもんよ~~
でもすごく刺激受けるし勉強させていただいてます。構えなく入れるし。

◎川端誠原画展 9/3~9/18 9時~17時 新井総合コミュニティーセンター大会議室
(月曜休館???)
17日には‘食べる’イベントもあるぞー!
◎「Peace&Love2011」スタジオ・ゼロ 13時~18時 木・金曜休館
関連記事

古布創作展へ

アート/クリエイターイベント
09 /02 2011
9/2 Kukkaの古布創作展へ




以前kukkaでいただい次回展示会の案内ハガキ。
写真の「文久二年」が気になって見に行ってきた。
・・・いや、「どうでしょう」の『ぶんきゅー さんねーーん』の影響じゃないよ☆

古布ながらも第2、第3の布生でかつての姿を変え帽子やカバン、服など新たな命を吹き込まれていた。

藍染・絣がまたいい味出しててね~
使い込まれていくうちにさらに味が出てくるっていうか。
手作りのいい味わい出てましたよ。

しかし、今回は何となく写真が撮れずポスターのみですみませんm(__)m
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。