FC2ブログ

大地の芸術祭2012 #7

大地の芸術祭
09 /07 2012
9/7 大地の芸術祭2012 その7

はい、今日も妻有です。朝飯は移動食でGo!

今日はまず松之山・大厳寺高原の作品たちから行きますぞ。
今回のここは新作もないこともあって当初は行かないでおこうかと言っていたのだが、やはり作品を巡っているうちに、スタンプ押しているうちに欲が出てきてやっぱり来てしまった(^^ゞ

大厳寺高原(かつてここか麓に大厳寺というお寺でもあったのだろうか)作品。
Y065「Sky Catcher09」前回と同じかと思ったら微妙に変わっていた。

空をきゃっち
・・・が、今年の設置は高度的角度的にちょっと見づらい。
そして今日は雲がないのでちょっと・・・だ。白い雲はやはりいいアクセントになるんだよね。

Y002「分岐点だらけの庭」→ Y006「○/△!(を重ねてください)」→ Y005「大地とともに -記憶の風景」→Y003「悠久のいとなみ」→ Y032「銀の蝶々(コンポジションが終わったら)」。前回まであった「salt」はもうやめちゃったんだね。
もしかして?
「○/△!(を重ねてください)」に散らばるこれらはもしかして前回の「オーストラリアン・ハウス」で展示されていたものたちか?

大厳寺高原を下りてお次は Y029「星の誕生」→ Y024「松之山プロジェクト」→ Y025「ネイチャーウォーク」。
森の散策をしたあとはY019「キョロロ」もオープン時間。Y023「足下の水(200㎥)」を見て入館しまーす。

森のなかまたち
「キョロロの森の仲間たち」の1作品

Y041「超高解像度人間大昆虫写真」・Y076-Y080「キョロロの森の仲間たち」そしてY021「キョロロのTin-Kin-Pin 音の泉」にY022「大地、水、宇宙」。宇宙線キャーッチ!
さとやまキッチンでY20「メタモルフォーゼ-場の記憶-松之山」を見ながらオリジナルしそジュースとにんじんジュース。
しそとにんじん
ごくごく飲んじゃいそうでやばいやばい。

そしてそして、前回は食べられなかった食の作品Y086「CURRY NO CURRY」。
お昼にするにはちょっと早いけど、時間ずらした方が確実だもんね。
ジャパニーズカレー タイカレー
日本のカレーとタイカレー。
・・・タイやっぱじんわりと深いところで辛いな。
かれーのーかれー
ごちそうさまでした。

今度は松代エリアに移動。ざーっと行きますぞ。
D066「米の家」→ D067「融(とおる)」→ D016「木」→ D070「まつだいスモールタワー」→ D069「WDスパイラル・パートⅢ マジックシアター」→ D068「フィヒテ(槍檜)」→ かかしコンクール松代編 → D062「円-縁」→ D010「観測所」→ D009「今を楽しめ」日よけの外枠作ったんだねー。
かかし
かかしコンクールの一部

おやー
「今を楽しめ」。今までの展示だといくら冷やしても雪だるま融けちゃうの早いもんね。
節電の夏だし。

D008「希望という種子」→ D007「夏の三日月」→ D006「かかしプロジェクト」→ D004「水のプール」→ D005「関係-大地・北斗七星」→ D184「リバース・シティ」→ D003「○△□の塔と赤とんぼ」 → D002「砦61」→ DD185「サウンド・パーク」・・・
見上げる
「リバース・シティ」を見上げてみる

ここで・・・え?まじですか?なんとしたことかデジカメに「メモリー不足」の表示。
調子こいて撮っているうちにSDがいっぱいになってしまった…
なんてこったい。今日はまだまだ見るとこあるんだぜ?ちょっと待ってくれよー(>o<)
やむなく前に撮ったのをいくらか削除することに。でもさー、そういう表示も出してほしいよ。写真はそれぞれにデータの重さ違うだろうから、フィルムと違ってあと何枚とは言えないだろうけど、いきなり残量なしと出されてもなぁ・・・
しかし、しかし、ここが松代の町中だったことが不幸中の幸い。一旦下りて松代のコメリでSDゲット!!
今度は4GBだ。単純計算でも倍撮れるはず。
でも切れたのがSDでよかったぜ。バッテリーだったらどうもこうもならん。

SD新しくしてまた撮りまっせー!!

町に出たので商店街へ。
D251「松代商店街周辺における土壁による修景プロジェクト」→ D099「創作の庭」→ D022「ジャントゥン・ピサン(バナナの華)-木のこころ人のこころ」。
農舞台エリアへ。
D061「花咲ける妻有」→ D060「かまぼこアートセンター(D219「ベジタブル・ウェポン」D220「かまぼこムーブセンター」D221「白の記憶、黒の記憶」D222「非常美術倉庫」D223「天道さま金ん綱」)。

ここからまた松代城山へ。
D248「イエローフラワー」→ D015「西洋料理店 山猫軒」→ D186「スペース・スリター・オーケストラ」→ D014「雪国の杉の下で」→ D012「遊歩道整備計画」→ D013「あたかも時を光合成するように降りてきた~レッドデーターの植物より」→ D011「平和の庭」・・・と来てまた農舞台に戻ります。
D053「農舞台」から中の作品 D054~D059、D113~D116、D218、D169・D224~D245を。

うほほ
屋上では「工房・火の玉発動機 田崎太郎作陶展」開催中。おもっしゃい♪

里山アート動物園2012。
ふにゃー
ちびわんこーー!!(メロメロ)

でも、かわいいだけではなくシニカルだったり暗示的だったり。
アルマジロ
アルマジロがガードするものは?

農舞台を離れ D252「赤ふん集合」の前回作品の赤ふん少年たちにご挨拶w
赤ふんくん
でかいですね(笑) 
自分も赤ふん少年になれるしw

D254「伊沢和紙を育てる」へ。
和紙っていいよなあ。
それにしても「どうやって漉いてるんだろう」と思わせる柄入り和紙。

和紙いろいろ
色もいろいろ

やわらぎ
楮の芯が風にそよぐ
しばしここでほやーんとしていたい。

かつてここに住んでいた人の証し。
シール♪
それにしても、今も昔もシールというものはなぜ棚や板壁に貼りたくなるのだろう(笑)

D101「翼/飛行演習装置」→ D048「ミルタウン・バスストップ」→ D247「松代郷土資料館」
ここは140年ほど前の農家を移築したもの。

豪農
部屋数にしろ大きさにしろかなりの有力者だったんだろうな。

すごいよな
当時の人たちの技術力ってすごい。
規格なんてない木たち、今こんな風にできるだろうか。
やはり便利さというものは何かを退化させているのだろう。

と見てたら閉館時間になりました。今日はここまで。
いやー一日廻った廻った。
まだまだあるぞ。間に合うか?
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。