FC2ブログ

みずつち巡り その2

新潟市
09 /09 2012
9/9 新潟市(みずつちその2)

ちょっくら用事があって新潟市へ。
その用事の前にまず1作品。
産泥の中
『産泥神社 A Shrine in Chaos』
土嚢を積み上げた神社。土と水からいのちがうまれる。

上には空が
光の先には、空がある。

近くのもう1作品を見ようかとも思ったが、また見入ってしまって時間かかるといけないのでまた次の機会にし、まずはその用事へ。
このために新潟来たんだから。

で、皆と別れたあと帰りついでに作品巡り。
行くは西蒲エリア。

『Remained stories』は妙光寺。
ここは700年の歴史を持つお寺。その歴史を抱きつつも開かれたお寺、その融合がなんともイイ。
砂糖絵
で、作品。そう、これ砂糖でできてる。すげー。

アップ
アップで。砂糖は分かったがどうやってこれを。

お次は『ヒエログリフ』。ハンコ押すためもう一度 → 上堰潟公園の『海抜ゼロ』
緩いスロープを進めば、迫る水面。
水面へ
そうか、ここらも海抜ゼロメーター地域なんだな。当たり前だが東新潟だけじゃないんだ。

水鳥のオアシス
池は水鳥のオアシス。シロサギかオオサギか?

角田の麓・福井の作家と作る市民プロジェクト「矢垂川プロジェクト」の『16×10[awake/a father's wake]』。
鎮魂
この方の作品は大地でも見てるが一貫してこういう感じなんだね。

めざめるものは?
水のある地に櫓、そして白布とメッセージ。
精霊降臨のようだ。

今日のワンコ
今日のワンコ。モデルありがとね~(^^)

『陽だまりハウス』
陽だまりハウス
もう夕方だからダメだけど、晴れた昼間は光が降り注ぐんだろうな。

光が注ぐ
なんだか楽しくなるね。

みずつちと連携した市民プロジェクト「岩室温泉まるごと美術館」の『桜プロジェクト』

さくらの想いは
桜の木が・・・光と闇と流れる水がなんとも妖しく、そして哀しく涙のように。

お次は『根底/Roots』
うおっ!
民家の部屋くりぬいて大穴開けたびっくり作品。
ベトどうしたんだろ。

根底は
そしてこのあとどうするんだろ。そのまま?

同じお宅にもう1作品。
「岩室温泉…」の『ある景色の呼吸』
鏡の向こうは
ここはもと美容院だったのだが、鏡が波打つ。

ゆがむゆがむ
映る景色は不思議な世界。

はいここで18時。建物作品は終了。西蒲は屋内モノが多いのでここで本日終了。
岩室街灯
上越に向かって帰宅。

明日は妻有と片貝だ~
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。