FC2ブログ

大地の芸術祭 #9

大地の芸術祭
09 /13 2012
9/13 大地の芸術祭2012 その9

この夏も巡りまくった「大地」だが、残すところ今週いっぱい。
全作品制覇までもうちょっと。行ける時に行っておこうと今日もGo!
朝から移動食で回りまくるぞー!

まざーつりー
まずはD104「ぶなが池植物公園「マザーツリー空中庭園」」。
ツユクサ
ツユクサの花の色は地上の青空

松之山シンボル
そこから松之山Y026「ステップ イン プラン」
温の字の○から
「松之山温泉」の「温」の「日」の部分からのぞいた風景♪

松代、D252「赤ふん集合」のこないだ見そびれた作品を見に行く。
作品に沿って散策していたらば、2009年の作品「石と花」の作品の一部を使った記念碑が。
2009の記念

作品使って
うー、なんか泣けるなぁ。
小荒戸の人たち、なんてあたたかい・・・前回もぎたてトマトもいただいたし、各家の玄関におもてなしの花飾ってるし休憩所は作ってくれるし、これぞもてなしの心だよな・・・

十日町は鉢集落に向かう。
間曳屋台
T250「妻有間曳(あいびき)」みっけ!
名水
間曳の傍らには名水。水どうぞ、冷やし野菜どうぞ。ああここにも活きてるおもてなしの心。
だから好きなんだなぁ・・・

鉢集落。
ここにはいしぼとけや集落1戸ごとの庚申塔だのそういうものがたくさんある。
たまらんなー・・・
狛犬さん こちらも
狛犬さんたち
照利庵
照利庵。明屋和尚の館にするため1752年に鉢集落の協力により建てられた庵。(当然当時のままではありませぬ)
ご神体が仏像であり、和尚さん(仏教)ながら狛犬があり庵には神社の鈴があることからも、ここは神仏習合だったんだろうと。
神様にしても仏さんにしても、この地は鉢の集落の人たちにとって大事な場所だったのだろうな。
そんな場所にT109「6つの徳の物語」はある。

ここから下りて旧真田小学校、T249「道楽神さまと子どもたち」
開放感!
青空に・・・なんかいいねぇ。心がぐわーんと開いていくみたい。
開放感と言うのか、これがツマリの魅力なんだよね。
T173「鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館」
どーん!
校舎の中がまるまる絵本。ストーリーのキャラクターが外に飛び出した~
この一帯、田島さんの絵本のチカラでもあるんだけれど、童心に帰るというかワクワクが湧き出てくるというか・・・楽しいんだわな。

わすれるな
この言葉、忘るべからず。(神戸の小学生たちが中越地震を体験した真田小学校の生徒に送ったメッセージ)

鉢から名ヶ山(みょうがやま)へ。まずお腹を満たそうと名ヶ山のそば屋清兵衛へ。
天ぷらそばセットを頼む。
天ぷらセット おそば
うんまかったー。ごちそうさまでした。

T109/243「名ヶ山写真館/その森のできごと」
遺影、名ヶ山集落の歴史写真、屋内庭園、そしてあの心地よい一間はもちろんだが、今回は作家さんが「フクシマ」の地で撮影した写真の上映やその地の植物をフォトグラム(カメラを使わず印画紙の上に直接物を置いて感光させる撮影方法)で写しとった作品も展示されている。
フォトグラム

現実
その地の放射線量が書かれている。・・・この「現実」は重く、痛い。

花々
庭に咲く夏色の花々や
空と木々
青い空の下の木々、山、水、田んぼ・・・
「その森のできごと」はこのままいくと、もしかしたらこの地でも起こりうるかもしれないできごと。

旧名ヶ山小
旧名ヶ山小学校校舎を使った、アジア写真映像館でT244「妻有物語」・T245「「結束:計画性生育例・人口老齢化」シリーズ」・T246「流動彩虹・汶川-名ヶ山」・T247「8848」・T248「彼岸は廻る(妻有版「真実のリア王」から)」のあとは川西T005「光の館」へ。

また十日町に戻る。今度は中心部へ。
十日町市博物館内のT235/236「十日町文様展-文様、それは滲み出す人の営み」と館内見学。
土器たち
土器にドキドキ(笑)
でも、縄文の人たちの表現力はマジすごいよ・・・

そしてまちなか商店街。
T241「影祭-夏祭り万華鏡、真夏の行進-」→T238「越後妻有リサイクル・アート美術館」→T239「新・北越奇談~神話の再生~」→T240「Growing Memories」→T237「思い出の庭 T+S+U+M+A+R+I」→T236「文様(その2)」→T241「影祭(その2)」

これは強そうww
「越後妻有リサイクル・アート美術館」集めた不用品が姿を変える。こりゃ強いぞ!

パズル
「Growing Memories」青のアートはジグソーパズル。
1ピースの思い
1ピース1ピースにはそれぞれの思い、それぞれの願いが詰まっています。
たかが1ピースと侮るなかれ。

十日町はきものの街。
キルト
「きものの街のキルト展」、キルト展示もやってます。

そして、ついにラストのT025「キナーレ」へ。
キナーレ自体はこれまでも寄っているけど美術館としてのキナーレはお初。

FMとおかまち
FMとおかまちー♪の社用車見っけ♪

まずは外でこれまでの作品のおさらい。
そして新しくなったキナーレ門柱はT233「越後妻有里山現代美術館 館名サイン「モノリス」」
T028「3つの門のためのネオン」→T026「火を護る螺旋の蛇」→T027「シルクの水脈」
そしてT234「絶対交換会」
何交換しようかとカバンを漁って・・・細谷さんのポストカードを提供。
そして手に入ったのは・・・(100円)ライター。
・・・・・・うーん。(´-`).。oO(3年後に戻ってくるだろうか・・・)

ゆうやけ
・・・夕焼け空がきれいだなっと。

T231「No Man's Land」
すごいな、これ。
うわー
なんか一時古着のニオイがどーとかクレーム出たとか言ってたけど…

T224「トンネル」→T228「フロギストン」→T227「浮遊」→T225「POWERLESS STRUCTURES, FIG.429」→T226「Wellenwanne LFO」→T229「Rolling Cylinder,2012」→T230「LOST #6」→→T223「粟津潔文庫」→T232「妻有の映像キロク」→T222「○ in □」→T221「ゴースト・サテライト」
床屋ぐるぐる
床屋さんのぐるぐるの中に入っちゃった!の「Rolling Cylinder,2012」

よっしゃー。これで全踏破!
・・・おっと、まだだった。
ラストはこれ見なきゃ・・・と、T029「空の水」。
はい、キナーレ温泉明石の湯でラスト!
い~い湯だな~
さっぱりすっきりおつかれさんでしたっ♪♪

さっぱりしたあとはお腹を満たし上越へ。
大地のパワーをたっぷりもらって満足満足の(実は誕生)日でしたとさ♪
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。