FC2ブログ

rifomライブ@上越EARTH ~番外編~

番外写真編
03 /22 2014
3/22 rifomライブ@EARTH ~番外編~

はい懲りない番外編でございます。
1

2

3

4

5

6
ゆーきくん、位置的にこれしか撮れなかったよーごめんー


7

8

9

10

11

12

13

時間があっと言う間のライブでした。こういう音楽にめぐり合えてよかったー
関連記事

rifomライブ@上越EARTH

(インストア)ライブ・コンサート
03 /22 2014
3/22 rifomレコ発ライブ@上越EARTH

rifomの2ndアルバム「白旗」がこの度全国流通する運びとなった。

おめでとう~!

ということで、祝レコ発ライブが上越EARTHでこの日行われる。
展示会後のお楽しみその後・夜編、行ってきまーす。
ドキドキ
EARTHでpさんと合流。お久しぶりー。
うわー、いくのちゃんもおるー!

ポスターs
EARTHの壁にはこれまでの出演者のポスターがびっちり貼ってあります♪

『「真面目でも不真面目でもない僕らが全国リリースします。」right in front of meのゆやゆよんな夜 Vol.1 レコ発ライブ』
さあスタート~

はじまるよー

まずはさかいゆうさん。
この春高校を卒業を卒業し新しい道を進まれるそう。
せつないけど、芯は強いっていうのかな。この時期にしか作れないココロ(詩)ってあるよね。
がんばって~。

そしてpink flamingoのみなさん。
トークが面白い。なんかはっちゃけてて楽しいね。

さかいさんの写真を撮ろうとしたらスタッフの方にやんわりとNG出されたのでこの2組の写真はありません。

さあお待ちかねのrifom。
ゆーきくんにカメラOK?と身振りで聞いてみたらOKとのこと。よかったよかった。

ライブ。
メンバーの奏でる音とボーカルSahnyaちゃんの歌声に耳は釘付け、目はSahnyaちゃんの動きにほぼ釘付け。
なんていうのか、引っ張られるんだよ持ってがれるんだよね~
繊細な少女のようでもあり刹那的退廃的な女性のようでもありどっしりとして力強い大地のシャーマン的母のようでもあり(←勝手なイメージばかりでスミマセン)

キター!
とにかくもうそんなイメージと音楽が混ざり合って、た、たまらん。。。耳も目も離せない。
Sahnyaちゃんの学生当時の心情を吐露したような独白であり詩。この世界がまたたまらない。。。

ほぇ~
気がつけばもうラスト。
・・・からのアンコール。

ふー…
そんでまた、いい所で終わらせちゃうのがにくいぜ!w
「もっと聴きたい!もっと・・・!」なんだけども、腹八分目だからさらに余韻がまた強まるのかな。

いやーたまらん。いいライブでした。ああ、ゆやゆよん・・・

余韻残った状態で帰宅してからもアルバム三昧・・・。ゆやゆよんとたぷたぷ。
余韻たぷたぷ
rifomのみなさん、また虜にしてね☆
全国流通おめでとう~O(≧▽≦)O

下手の横好き・自己満な番外編は次エントリで。
関連記事

ランと蘭

雪割草や山野草・植物展等
03 /22 2014
3/22 洋ラン展と春蘭展へ

雪割草展第2回目初日も無事終わり(みなさまどうもありがとうございました)、今日の展示会後のお楽しみはコレ。
市民プラザでの洋ラン展と春蘭展。
雪割草展は16時までだけどこちらは17時までやっている。
場所も近くだし、市民プラザに行ってきまーす。

まずは洋ラン展から。
うわー。洋ラン、色がいっぱい~
そしてカトレアかオンシか何かは分からないけど、なんかいい香りがほのかに漂ってるよ。
やっば目を引くなー・・・
ランがいっぱい♪
会場内は色とりどり。

1

2

3

4

5

6

7
なんか人の顔のよう(細タレ目の人が笑ってるよう)にも見えるパフィオ・ペディラム☆

蘭は被子植物の中で一番新しい植物だそうで、植物界の中で一番進化している種なんだそうだ。
「頭がいい」っていうことなのか、対応力が強いってことか。
その割にうちのはなかなか花が咲かないよなー←それは単純に栽培方法がヘタ・・・
いやー、華やかな空間でした♪


そしてお次はお隣の春蘭展。
数年前も来たことはあるんだけど、以降なかなか行けなかったんだよねー・・・
おじゃましまーす
おじゃましまーす。

春日山
1935年に春日山で見つかった春蘭。「春日山」と名付けられ現在に至っております。

こんな感じ
「春日山」の品評会。
同じ個体なのに色の出が違うのは、栽培者の育て方によるんだそうだ。
ちょちょら(新潟弁で適当・いいかげんの意)にやっていると「芸」も出ないと。
じゃあ、こんな風に芸を出したいと思って、またその術を知っていて、そのように育てれば春蘭は応えてくれるってことだろうか。
でも、この「春日山」普通の春蘭より葉が小ぶりだよね。もし山で見つけても違う植物と勘違いしてしまいそうだな自分は。

葉芸
こんなのや

こんなのも

凝ってるなー
こちらは色花部門の品評会?

葉っぱの芸だけではなく、花もいろいろあるのです。
1

2

3

4

5

6

春蘭、葉でも花でも(加えて鉢も)奥が深いなあ。。。
まだ写真を撮ったりしたかったが、17時、展示終了時間になったので本日終了。

いろいろと説明して下さった会員のFさん、どうもありがとうございました!

華やかな西洋のラン、渋い東洋の蘭。どっちもそれぞれの魅力があるなぁ。
面白かった~

そしてこれからはお楽しみその2・rifomのライブだぞ~♪
楽しみじゃ♪♪
関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。