FC2ブログ

「斎藤真一の小宇宙」展へ

(インストア)ライブ・コンサート
02 /27 2015
2/27 「斎藤真一の小宇宙」@きものの小川さん

きものの小川さんでは2/1から28日までの2月いっぱい、高田瞽女の第一人者、市川信夫さんと斎藤真一氏の高田瞽女についての資料や絵画等の展示を行っている。

見に行きたいと思いつつもなかなか行けず状態だったのだが、最終日一日前、今日を逃したらもうダメだと思い行ってきまーす。
おじゃましまーす
おじゃましまーす。

展示は2階。
「展示見せてくださーい」とお店部から2階にあげていただく。

まず市川先生の瞽女に関する資料(の一部)。
市川先生…
そこに飾られてる市川先生のパネル写真のお顔がね…ばかいいんだわ。
亡くなられて4ヶ月、直接の面識があるわけではないけれど、でももっと長生きされてほしかった…
展示いろいろ
斎藤真一氏の絵も絡めて。

こちらも
「越後瞽女日記」の原画なんである。

市川家に保管されていた「瞽女式目」や北海道の池田氏が斎藤真一の絵を蒐集するきっかけとなった「陽の歌」の展示などもあり、高田瞽女に魅せられた2人の軌跡、そしてその1人の絵画に魅入られた池田氏。
「高田瞽女」という存在からの縁が高田でつながるという‘めぐり’。

いただきました
いただいた今回のパンフレットと平成版・瞽女宿の記憶という冊子。

池田氏が寄贈した斎藤真一コレクションだが、市の所蔵品にしてしまうとなかなか借り受けることもできず(一定の基準管理環境が保てないと借りられない)、個人の美術館ではないので市の施設では1人の作品だけ常設展示もできないそうで、「高田瞽女」を訪ねてくる旅の方たちに斎藤真一が描いた「赫」をせっかくなら常時見られる施設を作りたいと高田瞽女の文化を保存・発信する会の方々が活動しているのだが、この度町家所有者のご厚意で一軒の町家が斎藤真一美術館として生まれ変わることになった。
改装中
高野麻屋さん改築中

とはいえ、その道のりについてはまだまだ遠かったりする。
改築だけではなく作品展示するためには環境基準をクリアしなければならない、人が来るとなればトイレの設置もしなければならないなどいろいろ課題も多いのだが…。
高田瞽女という文化保存の一環としての「ひと間の美術館」、無事完成となりますように。


関連記事

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。