FC2ブログ

オトノカケラvol.25へ

11/3 オトノカケラvol25へ

この日は新井のおたやでありオトノカケラだ。
おたやであるが故にオトカケにフル参戦は難しい。(実の所おたやでなくてもなかなか難しかったりするのだが)
まあできるだけ聴ければいいなぁ~と会場へ。(おたや編は前記事に分けたのでこちらはオトカケメインで)
1
今回のポスターはゆみぞちゃんなのだ~


開始時間過ぎてたんでもう始まってるかなと思いながら会場のぞいてみたらまだのようだ。ほっ。
2
今日のメンバー3名、打ち合わせ中

オトノカケラvol.25・第1部はたみおっちからスタート。
01
その無防備に向ける笑顔がヤバいんだよ君はw
3
と、突如走るたみおっち。スーパーの方行っちゃったよ。
うーん、今日もはじけるぜ冴えてるぜ!(違)
4
スタート中のスタートだしね。たぎらせねば←いい言葉が出てこなくて申し訳なし。

お次はyumizoちゃん。
繊細で研ぎ澄まされた感性から紡がれる曲がココロの琴線に触れる。
5

6
血を流しながら魂をしぼりだすような
7
だけど強く、そして、限りなくやさしい

3番手はOTOYAさん
8
相変わらずのギターテク、そして太い力強さに加えての鋭い歌詞がたまらん。
9
たみおっちの友人なのか、それとも通りがかったのか面識ないけど興味持ってくれたのかちょっとわからないけど参戦してくれた(初めて見る)方。うれしいね。
カケラ、届いたかな。

10
もみじとOTOYAさん

再びたみおっち。
11
まさかベタ座りの弾き語りするとは思わなかったよ。
12
「ツバサになりたい」、特別の思いが込められているんだろうな。作詞した方の心を思うとせつない。

13
こういう茶目っ気もたみおっちなんだよなw

そしてyumizoちゃんにバトンタッチ。
14
↑↓ポスターと一緒に撮ってみましたw
16

第1部ラストはOTOYAさん
17

18
ポスターと一緒をぱちり☆

19
第1部エンディングのご挨拶。おつかれさまでした。
初めてくんもほとんどフルだったね。ぜひまた来てくださいませ。
Fさんもおつかれさまー。

ほんでもって第2部始まるまであっちこっちふらふらしていたのだけれど、たみおっちたちはいきいきプラザでの第2部に向けのセッティングとかいろいろやっていたワケで。おつかれさまです。

第2部スタート。オープニングはyumizoちゃん。
20
彼女は(OTOYAさんもなのだが)ライブの時は裸足で歌うのだ。
この肌寒い中の裸足、ライブに向ける真剣さというのか、歌であり自分にであり聴く人にであり…そのすべてと向き合う姿勢が、いつもかなわんなぁと思うんだよね。
21
自分はこんな風に何事に対しても向き合えているだろうか、ってね。
22
マイク登場。ピリッとする時もあるのか…おそろしや(^-^;

この後はOTOYAさん、ストリートダンス、たみおっちと続くのだが、ここらで一旦退場。
また来るつもりなのでよろしく。
ダンスは雨だと中止になっちゃうので、前後含めのその時間帯は特に雨降りませんように。ではー


で、戻ってきました。終わってたらどうしようかと思ったけれど、間に合った…よかった……
23
今度は鍵盤モードです♪
24
家族で聴いてる…

そしてギターに持ち替えて、歌いながら露店の方に向かうたみおっち。
25
その背中が、言葉はないけれどいろんな思いが伝わってきてなんかすごく切なくなって心の中でうるっとしてしまったことよ。
26
こちらに戻ってくるたみおっちはいつものたみおっちだったけれど。

この1年も、このイベントを自主イベントとしてずっと続けてきて、いろんなことがやっぱりあって、でも今ここでこうやって歌ってる。
まちへの思いはずっと変わらず。
 「歌で町に元気を」____________ このまちが、好きだから。

ということで、オトカケvol.25お疲れさまでした。この1年もお疲れさまでした。
いいもんいっぱいもらったよ。
2015年の活動も期待してまっす!



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する