FC2ブログ

上越そばまつり

上越市内(イベント)おでかけ
11 /18 2007
11月18日・上越そばまつり

11月18日はあるるん畑でそばまつりが行われた。
開催は去年に引き続いて2回目。

去年は好天だったが、ハツモノということで大混雑。
ナガモノ好きなハハを連れて行ったもののこの混雑では食べた気にもなれず
とっとと退散したので、今年こそは!と息巻いていた。

しかし、前日は好天だったのに当日は大荒天。
こんな時ばかり天気予報は当たる…。
それでも、食い意地は人一倍。横殴りの大雨も何のその、会場に向かった。

会場

大雨に雷に…とムチャクチャな天気。寒い寒い寒い~。
こんな時は冷たいそばよりあたたかい方がいい~というニーズを察してか
温そばに変更するブースも。

そばまつりは一杯200円。食券を購入し各ブースで引き換える。
市内各地13地区の新そばが楽しめる。
一杯はそば一人前の1/3杯ということだ(微妙に足りないような気も?)。
一杯×2

そば一覧[パンフより]
・北野そば(清里区) つなぎは自然薯と小麦粉。
 自然薯をふんだんに入れたそば。つゆは鶏肉のだしつゆです。
・清滝そば(清里区) つなぎは自然薯と小麦粉。
 海抜400m。寒暖差が生む風味豊かなそばです。清滝川天然水を使用しています。
・雪室そば(安塚区) つなぎは小麦粉。
 雪室で貯蔵した玄そばを石臼で挽いたそばです。
・霧下そば(板倉区) つなぎは小麦粉。
 標高800m、光ヶ原高原のさわやかな空気と霧の中で育ったそばです。
・菖蒲深山そば(大島区) つなぎは山ごぼうの葉と自然薯。
 標高500mの大島区菖蒲産のそばを石臼で挽いて、きめ細かい上質なそば粉でつくりました。
・手打ちそば下鳥(吉川区) つなぎは自然薯。
 吉川で昔から育まれた自然薯の手打ちそば。風味・喉越しとも最高です。
・岡沢鳥汁そば(中郷区) つなぎは小麦粉。
 コシの強いそばに、温かい鳥汁がよくあったそばです。
・白峰そば(牧区) つなぎは自然薯。
 雪太郎だいこんの里である白峰地区の「とよむすめ」と自然薯を使ったそばです。
 つゆは地鶏をだしにしたコクのあるそばつゆです。
・「とよむすめ」手打ちそば(谷浜桑取地区) つなぎは山ごぼうの葉。
 桑取谷で大雪に育てた「とよむすめ」のそばです。つなぎ、薬味も全て地元産です。
・そば処木草庵手打ちそば(牧区) つなぎは自然薯。
 茅葺き屋根の古民家で、「とよむすめ」と地元産自然薯を使った風味豊かなそばです。
・深雪そば(名立区) つなぎは自然薯と小麦粉。
 自然薯を使った、地域に昔から伝わる風味あるそばです。
・じょうもんそば(浦川原区) つなぎは自然薯。
 自生する自然薯を使用し、地域に伝わる製法「じょうもん打ち」で打ったそばです。
 薬味には地元産のくるみとねぎを使用しています。
・そば処光ヶ原せきだ亭(板倉区) つなぎは小麦粉。
 光ヶ原のふもと、下関田の寒暖差が生む風味豊かなのどごしのよいそばです。

とよむすめ」はそばの新品種。ルチンが従来品に比べて多量に含まれているそうな。

あるるん畑の中に入って農産品いろいろ見たりして休みながらも全種制覇。
味は…つゆによっても違ってくるので断言はできないけれども、同じようで違うんだよなぁ。
同じ作り方のはずなのになんでこんなにつるつるなんだ?、とかね。
(でも、どこのか分からない状態で食べ比べしたら、きっとどこのがどれかわかりません(^^;)

天気がよければ各地区の物産・農産品もよく見たかったが、寒いし雨はひどいしで
食べるもん食べて一気に退散。
来年は天気に恵まれますように。

そば打ち実演もあり。
実演

実演その2 粉+卵→まぜまぜこねこね
実演その2-2 +自然薯→ひたすらこねこね
実演その2-3 のばしのばし
実演その2-4 広がりました
実演その2-5 たたんで…
実演その2-6 切るべし切るべし!
実演その2-7 熟練のワザ!

・・・と実演を見て“そば打ちやってみるか”モード。
帰りに寄ったHCでもそば打ちセットなんて見たりして(笑)←買いませんでしたが。

<後日・新聞より>
前回は開催日が早かったので、(新そば収穫に間に合わず)出展できなかった地区もあったため
今年は開催日を遅らせたが今度は(晩秋特有の)荒天のため入場者が思ったように伸びず
売れ残りが大分出たとのこと。
収穫時期とお天気・・・まだまだ課題が多そうだ。
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。