FC2ブログ

みゅーじかる高田笑劇場「楽屋」へ

演劇・映画・舞台
05 /30 2015
5/30 みゅーじかる高田笑劇場「楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~」へ

高田笑劇場の今度の公演は「楽屋」という作品。
これは、新井市(現妙高市)出身で高田高校に進んだ劇作家・清水邦夫氏の作品なんだそうだ。
物知らずなもので、清水氏のことは存じないのだが(^^;、従ってどんな作品なのか全く見当もつかないのだが、とにかく世界館に行ってきまーす。

笑劇場1

3
おやおや、いつもの笑劇場の雰囲気と違うぞ。団員さんもいつもと違う…

座長マルさん曰く「アダルティな大人の笑劇場をお見せします」とのこと。
うーん、どんなんかなぁ。ドキドキワクワク。
2

そして上演時間。マルさんの前説のあと、幕が上がる。(や、実際幕はないんだけど)

舞台の右側には楽屋で化粧をしながら出番に備える2人の女優の姿。
主演女優に対しての批判やこれまでの境遇を愚痴も加えひたすら喋りまくる。
左側には主演女優が登場し「空気が澱んだような重い感じ」と。

…ってことは、この女優たちの姿は主演女優には見えていない・・・?

(この戯曲が発表されたのは1977年(昭和52年である、ということも踏まえ)) この楽屋の2人の女優たちは戦前から戦後を役に恵まれず舞台に憧れたまま亡くなったが、その舞台への念はいまだ楽屋に残っている…亡霊たちなのだ。

この亡霊たちと主演女優…彼女も衰えていく身体と失われていく若さ・美貌に恐れおののいている…、そして若い女優…彼女は主演女優のプロンプター(演技中の俳優にかげでせりふを教える役)を務めていたものの精神を病んでいる…、亡霊2人と生きている女優2人の楽屋での話なのだ。

そして楽屋で若い女優は主演女優に主役を返せと詰め寄る。
言い争いになり、はずみで主演女優は若い女優の頭をビール瓶で殴ってしまうのだ。
若い女優は楽屋を出て行き、主演女優も楽屋から出て舞台に向かう。

出て行った若い女優は再び楽屋に戻ってくる。
そして、亡霊となった2人の女優と共に、訪れるかもしれない出番を待ちそのための準備を始める。
自身も楽屋の亡霊となって。


…という「業」と「念」が渦巻くなかなかにブラックな作品なのだ。
(この清水邦夫の「楽屋」はプロアマ問わずの公演回数が全国1位らしい。)

今回は笑劇場大人組4名での舞台。
さすがに今回のこのブラックさは若さあふれる笑劇場メンバーではまだちょっと難しいかもなぁ…

芸の世界も一握りの成功者の下に、「そうなれなかった者」がどれほどいるのか。
彼らの羨望と嫉妬と恨みなどの念が亡霊となって「そうなるために」楽屋に巣食っている。
もしかしたら、魑魅魍魎に姿を変えてここ世界館にも漂っているのかもしれないぞ。

マルさんが前説でちらっと言っていたことはそのことだったのか。
100年以上も歴史があるこの世界館、「見えない」主や従者がいてもおかしくはないもんね。
でもどうせなら、この場所を、見守っていてほしいなぁ。
いや、きっともう世界館を守る方に変わってることだろう。


それにしても、清水邦夫さんってすごいね。
1936年生まれだそうだけどまだまだご活躍の程お祈りしています。
検索してみたら「夜明けのマイウェイ」の脚本も書かれていたらしい。主題歌好きだったんで時々見てたけど当時そんなの知るはずもなく。

いつもとは一味もふた味も違う大人の笑劇場、楽しませていただきました~






関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。