FC2ブログ

高田城土塁探検ウォークへ

講演・講習・説明会・勉強会、みたいなの
07 /05 2015
7/5 高田城土塁探検ウォークへ

去年の高田城開府400年記念イベントでこの土塁探検ウォークがあったのだが、行きたかったものの別のイベントに参加のため残念ながら見送ったのだが、今年も開府400年記念(401年w)として同じイベントが開催されるという。
ならば参加しなくては…!

1
探検前の説明
2
班分けしてさぁスタート。
自分たちの班は(本丸を背に)極楽橋左手から逆時計周りにスタート。
3
去年の春はここ山野草見られたんだけど、その後開府イベ近づくにつれて下草刈られまくりになっちゃったからな。
それが残念だったりするのだが。

当然だが、内堀を掘ったベトたちがこの土塁になっているワケで。
そこには行けないが、東南側にぽこっと出張ったところがあるのだが、そこは見張りのための出隅櫓というそうな。
東門へ。
4
斜面保護と事故防止なのかこのイベントのために設置された階段。
事故防止って、そこまで過保護にしなくてもいいのになとか思ってしまった。
ってもなんかあれば主催者の責任になっちまうもんな・・・
5
わー、ネジバナ咲いてるんだ!
6
ヤブカンゾウも咲いてる!

ここからはこんな機会でもなければ入れない付属中学校エリア。
7
鬼門の北東側(米山方向)は角々しく作られていてかなり堅固に作られている。
今はのどかな緑の土塁だが当時は実戦を考慮されていたのだろう。
8
立ち入り禁止箇所に入りま~す♪

9
下って~
10
上って~
11
この辺は井戸やかまどがあったそうな。
12
埋めたとはいえ井戸は井戸。危険ですので入っちゃいけません
13
右手側は観桜会の時ボートに乗れる内堀です。
14
階段下りたら~
15
おなじみの風景。お疲れさまでした~

探検の後は、高田城からの発掘品の展示説明会
16
これは軒丸瓦。年代によって作り方が雑になっていってるそうで。
黒田・灰塚地域で当時作られていたものらしい。
以前からこういう焼き物と係わっていたからこういう集落名だとか。
でも黒田は黒田城城主黒田氏に因んでいるんでなかったっけ?
…っても、釜蓋遺跡や鮫ヶ尾遺跡など古代からあの辺りは開けていたから、焼き物集団がいてもおかしかないわな。
17
徳川家の三葉葵紋の鬼瓦とか、鯱の破片とかも発掘されたんだよねー。
400年前の高田城、当時の絵図やCG画でもあるけれど、実際どうだったんだろうな。(わくわく)
18
本丸跡の標。当時を教えてくれよ←この標は当時からあったものじゃないから無理ですw

高田城、西側は領民の住む城下に向けて美観重視、北側・東側は防備重視という作りになっていたんだそうな。
徳川の越後直営出張所?みたいな感じで、徳川氏の中でも高田城のポジションは高かったようだし。
当時を妄想想像すると楽しいねー。

ってことで、関係者のみなさまお世話になりました。ありがとうございました!

解散後、そして今年も
甲斐姫~
行田からやってきた古代蓮「甲斐姫」。今年は開花見られるだろうか。見たいよー!
まるでお菓子みたい
蓮、別株が咲き出していたが、なんか色合いからしてもお菓子みたいだ。
昼前の空腹時を刺激するぜ(笑)

そんなこんなで土塁ツアー、勉強になったし楽しかったです♪
行けてよかったなー・・・開催してくださってありがとでした!



関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。