FC2ブログ

安塚の観音堂のご開帳へ

ちょっとおさんぽ・おでかけ/武将隊
09 /02 2015
9/2 安塚・円平坊のご開帳へ

安塚に「円平坊」という集落がある。
名前からして寺に関係ありそうな集落かなーとは前から思っていたのだが。
それよりも冬の大イベント「灯の回廊」での「えんむすび神社」があるところ、と言った方が「あーあそこか!」と思われる方も多いかもしれない。

その円平坊にある観音像が17年ぶりにご開帳されるという。
17年という年月を考えたらば、これは見に行かなくては…と思って、んじゃ行ってきまーすと。

しかし、ご開帳は今日のお昼まで。
出たのも遅かったので、間に合うかな間に合うといいな状態。
加えてその場所もわからない。
円平坊はえんむすび神社会場より奥に行ったことないもんな~
ま、出たとこ勝負はいつものことだ(笑)

橋を渡り集落を抜けたところに観音清水という道標が。そこに車停めて回り見たけどそれっぽくないので、もうちょっと奥に進んでみる。
神社とかってちょっと高いところにあったりするしな。
あったー
で、発見!
軽トラも停まっている。参拝者かな?
ギリギリセーフかな。
まずこっち
お堂に人がいるので先にこちらにお参り。
こちらにも
中腹のこちらの祠にも手を合わせ。
でもあちこちの神社に一緒に祭られてるこういう石社って何神さんだか全然わからないよね。。。
実はなんかこの神様のはこうなってる、ああなってるとかいうものってあるのかな?
全然わからんけどもさ。
お堂を見る
お堂を見る。もう時間回ってるし行ってみようっと。

で、お参りに行ったら、既にもうご開帳は終わって厨子が閉まっちゃってて、集落の年配男性がせっかく来てくれなったのにどーしょばのー状態だったのだが、集落の方なのか役所の方なのか作業着の方が戻ってきて厨子を開けてくださってありがたいことに観音像を拝めたのでありました。
もう賽銭箱も閉めちゃったのでさっきのお社に納めさせてもらうことに。
観音様は色もよく、ひと目見たとき、かわええとか思ってしまったよ←ばちあたりめ

こまさん いぬさん
狛犬さんたち
ありがとうございました
どうもありがとうございましたー!

来た道を戻り国道に出る。
円平坊案内
駐車するところもないので通過するしかないが、通るたびいつも気になっていた円平坊バス停にある案内板。
「(前略)集落内には弘安4年(←って2度目の元寇来た年やん!)鎌倉時代中期に朝比奈三郎義秀が仏像を護持して当地に来たとされる観音像が金色蓮華の台座上に納まり、立派なお厨子内に安置され33年(現在では13年)ごとにご開帳され、敬われ心の安らぎを得ている。(後略)」
あれ?17年ごとって聞いてたけど、どっち?

とにもかくにも13年?17年?ぶりの観音様のご開帳を拝ませていただきました。ありがたや。


そして、これだけで戻るのもなんかちょっともったいないので、ここも冬の雪の時ばかりで夏の姿を知らない小黒のお寺さんへ。
ここは専敬寺・称専寺・教願寺・能念寺という4つのお寺が並んでいるのだ。
で、専敬寺は親鸞さんと恵信尼さんの娘・小黒女房とゆかりがあるらしい。

能念寺
能念寺
石段あがると…

石段上がってくと
称専寺
称専寺
教願寺
教願寺

ここは専敬寺の寺内なんかなー?
それともみな宗派違うけどここに集まっているのか。
(自分には○○宗は二の次だからして)

専敬寺
そして専敬寺。ここは「専敬寺」って書かれてないのだね。
「東厳専修恭敬閣?聞?」…からの「専敬」なんじゃないかなと思われるんだけど。
鐘突き堂
鐘突き堂。ここが灯の回廊の時突いてもいいよという鐘なんだね。

そしてその裏手に
おや?
「ん?」なんだろうと上ってみたら
うわ
諏訪神社がありました。ほー…
神社
こんなところにあるとは。
合祀
他の神さまもおられるぞ

ふーん、お寺の上に神社かー。
集落の土地的なものもあるし、あの一角は神仏エリア、と境界ひいたのかもしれないしね。
古くから神聖な高台なんだろうな。

さ、帰るまいか。
帰りは安塚~牧。
深山
こうやって見るとやっぱり深いよなー。。。
弁慶滝
景勝・高谷大滝・弁慶滝なんだけど、緑がまだ濃くて・かつ時期的に、滝が滝らしくない……

峠を越える頃から風が強くなってきた。
牧の川上笑学館の看板があったので、これまた夏の顔を見てこようと思ったのだが…道間違えたようで見つけられずじまい(笑)

秋めく
ちょっと秋が始まってきたかな。
青空
秋の青空、いいねー♪

安塚から牧のプチドライブ。観音様も見せていただいたしいいあんばいでございましたて。はい。









関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。