FC2ブログ

高田世界館演劇祭2016へ

演劇・映画・舞台
12 /04 2016
12/4 高田世界館演劇祭2016へ

くびきの演劇人連盟の演劇のお祭りが今年もやってきた。
今年は12/3、4の2日間。

3日はライブと重なって行けなかったので4日の上演を見に行く。日曜日1日フリーパス券もあるのでそれを使うことに。
はじまるよー
開演は13時。
2人組のSTAGE Dの「I-virus」からスタート。
あれ、これって以前ガテンの実験劇場の時上演されたよね。
ブサメンがこのウィルス使うとイケメンになるっていうお話。
ってことはガテンの別ユニット?そこらへんはよくわからんけど、久しぶりにおさらいさせていただきました。
当時とイケメンの写真が変わってるけどね~w

続いて劇団ガテンボーイズ「思い出になる前に」。
本編の前にダンスや寸劇も。こんなそば屋いやだー!(笑)
そして「思い出になる前に」。
夜の学校に、2人の卒業生、そして当時の担任(現在は校長)が集まる。
1人は女優、1人は社長となっていた。
彼らを呼んだのは、当時目立たず、本名さえも忘れられていたいじめられっこだった。
彼らによっていじめられっこになり、その過去から現在につながる「不幸」への彼の復讐劇がはじまる。
しかし結末は…

果たして彼らの声が届き彼は助かったのだろうか、それとも、自身の命をもって彼らに罪を負わせて生きさせるという償えない罰を与えたのだろうか。
その結末は見ているものに委ねられるストーリー。

それぞれに傷を負いながら、理想だけでは生きていけない現実の中で今を生きる若者たち。
そしてその過去。いじめた側というのはいじめたことなんて覚えちゃいない。
いじめてた相手のことなんてまったく記憶にもない。
でもいじめられていた側はそうじゃない。
忘れられた者の思い、心にズキズキ来るね。。。
あらかわさんすごい。
ガテンボーイズ
今回はダークシリアスな内容の劇団上越ガテンボーイズのみなさん

書かれていたタイムスケジュールより早く終わったのだが、次の上演はどうなるのかとマルさんに聞いてみたら予定通りということで、ちょっと時間が空いてしまった。
入れ替え制なので一旦外に出た時、若いお嬢さんから話しかけられる(嬉)。
向かいの高田小町で上教大の造形作品展をやっているらしい。
好奇心がむくむくしだしたところに、ご当地文化祭つながりのMちゃんにばったり。
おお、君も見に来ていたんかい♡
ということで、Mちゃんと小町にデート。

小町での作品展は別エントリで →

次の上演が始まるので再び高田世界館に戻る。
糸魚川の劇団きらら「もしもあの名作がこんな結末だったら」。
浦島太郎・マッチ売りの少女・七夕・赤ずきん・白雪姫というおなじみのストーリーをそれぞれきらら風に現代版アレンジしたショートパロディ。
去年の「桃太郎」もだけど、こういうおなじみの昔話をアレンジしてニヤリとさせるのきららさん得意だよね☆
ってまだ2回しか見ていないんだけどf(^^;)

続いて空志童の「靴屋は靴を履かない」。
こんな靴屋、やだ(笑)
みかんの皮の靴、どんなんやwww
オチがまた( ̄ー ̄)ニヤリ

再びSTAGE Dの「I-virus」。
先ほどのおさらい的にw
ブサメンはイケメンに、イケメンはブサメンに、じゃあそこそこな人は?…確かに怖くて使えないかもなw

ここで入れ替えのため一旦また外へ。
おおっ!
ロビーでマリオとベーダー卿に遭遇!w

きらら
スパイスの効いた名作劇場を演じた劇団きらら

空志童
こちらもショートだけどオチの効いてたストーリー演じた劇団空志童

そしてラストはみゅーじかる☆高田笑劇場の「さよならノーチラス号」。
パンフのあらすじより
新人小説家・星野武は専業作家になることを決意するが、引越しの準備は一向に進まない。
そんな中、手伝いに来た担当編集者・森真弓は荷物の中からブリキの潜水艦の模型を発見する。
それは武が小6の夏休みに作った工作であった。彼の夏の思い出…いや、12歳のタケシそのものであったその潜水艦は---。

真弓に促されて武は当時の思い出を話しだす。
18年前の8月、12歳のタケシの夏休みの出来事を。
事業に失敗し夜逃げした親と兄たちが身を寄せている自動車整備工場に会いにいく夏休みに起こった出来事を。
その整備工場の社長・優也は無愛想でぶっきらぼう。優也の飼っている老犬「サブリナ」が実は人間の言葉をしゃべることを知ってしまったタケシの夏休みの出来事を。
ノーチラス号

ノーチラス号

ノーチラス号

ノーチラス号
(笑劇場の舞台はフラッシュ禁止で撮影可能だったので撮らせていただきました)

なんてーか、小学生の夏休みの郷愁感がよみがえったね。
ずっと続くと思っていた夏、でも終わりが来てしまう、夏。
大人になって、当時のその夏の出来事を、その時の気持ちを思い出す…。
ああ、夏という季節はどうしてこう切なさを呼び戻すのであろうか。
実際たいした思い出がある訳ではないが、妄想含めての郷愁感たぷたぷなんだな夏ってのはよー。

それにしても主役・武/タケシを演じた李白くん。2時間長編のセリフの多さはもちろんだけど小学生と30歳を演じ分けるってすごいな。まだ学生さんなのに。。。

そしてフィナーレ。
上越のマリオが作成した「みゅーじかる☆高田笑劇場」の標柱?の贈呈式。
贈呈式
マリオはこういうの得意だよね。その器用さがうらやましい。
笑劇場、マリオともどもこれからも地域盛り上げてねー。

笑劇場
笑劇場のみなさん


やー、胸をぎゅっと締め付けられる切なさのガテンボーイズ「思い出になる前に」、ニヤニヤのきらら、空志童、STAGE Dの短編劇、
郷愁と未来の「さよならノーチラス号」…

そして忘れてはいけないのがセカプロの藤井さん。
藤井さん
藤井さんの「幕間のつなぎ」に翻弄させられながら(藤井さんすげーよwww)、くびきの演劇バカたち(いい意味ですよ)のそれぞれの舞台を堪能されていただきました。

2016年演劇祭ありがとうー♪


関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。