FC2ブログ

浜省ライブへ

(インストア)ライブ・コンサート
09 /18 2016
9/18 浜省ライブ@長野

今日は浜省のライブなんである。
ほぼ一年ぶりの浜省なんである。
去年今年はコンサートツアーがあり、新潟・長野開催あったので、ファンクラブ枠でチケット予約し無事取れたのである。
なかなかないし、自分みたいのにはどこのでも行けるもんじゃないからねー。

席は指定で当日会場入場時にしかわからない(転売防止対策)ので、早く行っていい席取るというのではないのだが、駐車場が心配だったので早めに出かけることにする。
いや、電車ルートとかいろいろ考えたんだけど、帰りの便が心配だったので…←昔の経験から(^^;)

大洞原にて
雨がやんだし信号待ちだったので大洞原(とまと)からの妙高山を撮ろうとしたらこうなりました(^^;)
おお!
長野会場ビックハットでのライブ、前回が2011年だったので…5年ぶりか。
長野は善光寺までは分かるんだけど、その先がちょっと怪しくて(^^;)ちょっと間違えたけど無事会場見つけた~
駐車場も無事に入れられてほっ。
で、車のナンバー、中部近郊やっぱり多いね。松本もだし。
長岡ナンバー思ったほどないのがちょっと惜しい。
近くのコンビニでお昼仕入れて車に戻ってもぐもぐ(´~`)。腹ごしらえしとかなきゃね。

さて、開場までまだ時間ある。どうしようかな。
どうしようかな
駐車場の近くに「水野美術館」があり、「北斎の冨嶽三十六景」展が開催されているのだ。
むー…どうしよう。見たい。
自分の場合は根っこが生えすぎて今度は時間足りない~見終わってない~ってことになりかねないのがあぶないのだが(^^;)
やっぱ見る
やっぱ見ることにしました。なかなか見られるもんじゃなし。
庭園
エレベーター乗車中に庭園をぱちり。

デカイ自動ドアが開くと、ばーんと作品が目に飛び込んでくる。この作りはお見事。
常設展示の鑑賞を進めていった先に特別展があるという流れ。

さすがの北斎展だけあってお客さんも多く、次に行きたくても動かないなんてことザラ。
それにしても絵(原画)、彫り、色!どれをとってもすごい。
版重ねすぎて版木のつぶれとか色の違いとかの異作などもあわせて展示してあってそれもまた面白い。
北斎絵
「駿州江尻」 [著作権フリー作品サイト「富嶽三十六景」より]

北斎さんやっぱすげーよ。
静と動、富士をどーんと主役にでかく描くのではなく、脇役に備えつつ(動く)人がメインのようで実は脇役というか富士の不動性どっしり主役感というか。
そして絵(版画)の中で生きる江戸の人たちの「あっしたち生きておりんす」の生き生き感。
それを描けるその鬼才・奇才・天才っぷり。
彼の瞳に世界はどのように見えていたんだろうかなー。

道具
版画で使う道具たちの展示も。

1階に戻ってきました。ミュージアムショップは北斎グッズがさすがに多い。
けどー、鳥獣戯画モノ、もちっと(使えそうなの)置いてほしい。
A5のクリアファイルではなぁ。
立体
撮影スポット。立体「神奈川沖浪裏」だー!
撮ると
アップでもう一枚

いい時間になったので美術館を出る。
中にいたときから雨は降っていたのだが…なかなかにいい降り。
あそこだ
斜め向かいの会場、ビッグハット。
壁画w
壁画発見w
ここだ!
会場ビッグハットーーーー!
おおう!
ツアートラックいたーーーー!
去年の新潟の時は見つけられなかったんだよー!
並ぶ並ぶ
コンサートグッズ販売に並ぶ人たちの列。
ほしいけど、こういうの使えない人だからなー…どうしようかなー…
うしろも
人が途切れたときにツアートラックななめからぱちりこ☆

それにつけても雨がすごい。
傘さしてるのになんか水滴落ちてくるんだよなーと思ったら、傘の頂点がキャパ超えたようで雨漏りしてた(^^;)
携帯のバッテリーも寒いから1目盛り減っちゃったし、やばいやばい。
グッズ結局エコバックゲットして、FC特典グッズ(液晶クリーナー)もらったりしているうちに開場時間近づいてきたので並ぶ。
ずらっと
雨降ってなければなんでもないんだけど、雨でこの行列、階段だし前の人の傘の雨だれかかったり傘そのものもあぶないし、自分も後ろの人にそれやってるかもしれないし…

少しずつ並んで並んで会場内へ。所持品チェックのあとチケット受け取る。どこだろ?
ま、場所は決まってるんだからちょっとうろうろ。
中で
中に貼られてたポスター。
デジカメでは撮れないので携帯からぱちり。多くの人がスマホで撮ってる。
でもさー、カメラはダメでスマホOKってなんだかなー。
今のスマホのカメラ機能はかなり優秀だから(動画も撮れるし)、即時性も加えればカメラ以上のことできたりもするよね。
そっちはいいんかい!って感じだけど。
なんか不公平感。じゃあ自分もスマホ持てばいいだろって話なのかもしれないけどそれってなんだかなー?

さて席探し。該当位置ないんですけど・・・あれぇ?
スタッフの方に聞いてみたらば、アリーナではなく2階席だった。。。えー(´・ω・`)
判明したときはちょっとがっかりしたけれど、見方変えれば、ステージに近いし、前の席ないし、下手なアリーナの後方で前の人背が高く壁状態状態から比べればずっといいじゃん。
上から下の観客の姿も見えるし、端っこだから気兼ねもそうないし、いいじゃんいいじゃん。

近くのグルーブの人たちが集合記念にスマホ集団自撮りしてたりしてまた不公平感抱いたりしたけど(^^;)

さあライブもうすぐだ。開始前のBGMが洋楽だったんだけど、幕が上がる直前の曲、ラヴィン・スプーンフル「魔法を信じるかい?」。
ロックンロールの魔法、信じますとも!

そして幕が上がる。

省吾ーーーーーーーーーーーーーーーー!!

アルバム曲と定番の曲であがるあがる。
魔法かかりっぱなし(笑)

下見ればアリーナの人たち、なんか、ライブ版で観客を俯瞰して見てるようで更にこう「おおおー!」って感じ。

でも、恒例の年代チェック、シフトしてるよね(笑)
子供が10代とか、親子でって方もいるしねーー。
ああ、次のライブの頃には自分も世代1つずれちゃうなぁw(^^;)

ライブ終わって、アリーナの観客が動き出す。
その俯瞰写真撮りたいなーと思うけどカメラ出せないしね。
スマホな方々が記念に撮ってるのうらやまし。。。
会場出る
余韻と一緒に会場を出る。
見納め
ツアートラックも見納めだ…

トラックの前方に。
ええっ?!
?!
えっ、省吾?マヂ?そんなバカな。さっきライブ終わったばっかだぞ?
なんでここに??
頭がパニクる。

誰かに頼んで一緒に撮ってもらう?
本人なの?ホントに?

など頭の中でグルグルしていたが、誰かの「あっ、ハマちゃんだーー!」との声でそっくりさんだと判明。
どうやらコンサートあちこち行く方の間ではけっこう有名な方らしい。
そうなのか…

もうちょっと撮ろうかなと思ったら、残念、デジカメのバッテリー切れ。
携帯では力不足だし。。。

ってことで、浜省BGMに上越に帰りますよ。
道調べていったんだけど、暗いし、地図上の道路(幅)と実際の道路のイメージが違ってて(もっと広い道路だと思った)曲がるべきところを直進してしまい、逆方向に行ってしまうというトラブルもあったが(パン買うのに入ったコンビニのお兄ちゃんに道を聞いて間違っていたことが判明)無事長野のなじみの道路に出たのでほっ☆
18号に出てあとはすいすいと上越へ。

あーー、贅沢させてもらったーー!
次に浜省行けるのは何年後かわからないけど、また行けますよーに。




関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。