FC2ブログ

陀羅尼紅葉まつりと古典芸能のつどい

11/5 その3 陀羅尼八幡もみじまつりと古典芸能のつどい

板倉から向かったのは、高田の北本町にある陀羅尼八幡での陀羅尼紅葉まつり。
山崎美矢子さんのフルートと山崎はるかさんのピアノ伴奏の演奏会があるのだ。
陀羅尼八幡って実際入ったことないんだよね。
陀羅尼さんへ
道路からはこう
鳥居くぐって
参道進んでいくとこうなってます。

15時からの演奏会、到着したときは既に始まっていたんだけど(^_^;)
ってことでお二人の演奏を聴きながられっつ探検。
まずカミサマにご挨拶だしお参りお参り。
狛犬さん こちらも
手前の狛犬さんたち。これは岡崎現代型っていう近代モノの狛犬さんかな
社殿
社殿

この八幡宮の祭神は品陀別命(ほんだわけのみこと)・応神天皇で、左に大国主命/右に火産霊命なのだ。
創建は16世紀後半、上杉氏の時代に岩木村に住んでいた武将たちが京都男山の岩清水八幡宮の分霊を岩木の的場(今の甲山)に祭ったことから始まるのだが、謙信公急死ののちの跡目争いで戦火で焼かれてしまう。
のち、松平忠輝公の高田築城にともないその城下町に移されたそう。
この地陀羅尼町(昭和5年に北本町2丁目と改称)に祭られたのは松平氏ののちの榊原藩主の入封から間もない頃で、陀羅尼町
の八幡宮…で、「だらに・はちまん」と呼ばれるようになり現在に至っているがやはり正式には八幡宮なんだそうで。
宝物や書物は度重なる戦火で焼失してしまい、現在でも残っている一番古いものは寛政8年(1796年)の遷宮時に寄進された御手洗なんだそうだ。
個性的な狛犬さん こちらも
社殿に近い側にも狛犬さん。こちらは歴史ありそう。江戸中と言われる型?
お神輿
隣はお神輿殿
お茶会も
今日はお茶会も開かれていたそうで。
紅葉は
紅葉は・・・まだちょっと早かった、かな?
山崎さん
山崎さん親子。親子で合奏って格別だろうな~
はるかさん
はるかさん
美矢子さん
美矢子さん
もみじとひかり
紅葉とひかり。当初は椅子に座って聴いていたのだが、落ち着きのない自分は演奏聴きながらあちらこちらへ(^_^;)
ライトアップ
ライトアップも始まった
アンコール
アンコール。美矢子さんフルート吹きながら観客の周りを回り、今までとはポジションを変える。
美矢子さん
美矢子さん

フルートと鍵盤の優しい音色を堪能させてもらった。やっぱいいね~
陀羅尼八幡
陀羅尼八幡、なんかいい場所だー。
また来たいな~

そして、時計を見る。リージョンプラザで開催されている古典芸能のつどい。
見たい火舞斗の舞台は16時から。どうする?
時間的に最初からは無理かもだが、行くだけ行こう!とリージョンに向かう。
古典芸能
つきました。
火舞斗1
やっぱり始まってたー
火舞斗2
やはり美しい所作…
火舞斗3
所作も姿勢もいいよね。左の方は小学生だそうで。すごい。
火舞斗4
うむ。たいしたものよ・・・と見てたら終了とのこと。
ええーっ、もう?
ごあいさつ
このあとのトリの出演者の方が体調不良でキャンセルだそうで、舞台終了のこと。あらー。
出演者のみなさんのシメで終了。

会場出たら知ってる方がいたので聞いてみたら出演者にキャンセルが出て開演時間が早まったんだそうだ。
あらー。
でも見れただけでもよしとしよう。欲張ったしな。
集合写真
火舞斗のみなさんの集合写真

リージョン出たらちょうど日没。
日が沈む~

夕日
しばし見入る。

さ、今日はまだ終わらない。
一旦帰ってまた出直そう。(続く)


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する