FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートライン22nd 「3年7組コード・ブルー」へ

11/5 その1 青少年演劇集団 スタートライン22nd公演 「3年7組 コード・ブルー」 in 城北中学校

この日はイベントだらけ。
では行ってきまーす。

まず、上越市場の「やさい・さかなまつり」に行ったけれども、駐車場のこともあるしやはりこちらは公演終わってから改めて来る事にしたほうがいいなと城北中に行く。
駐車場はなんとか無事に入れられたが、ちょっと遅かったらヤバかったかも。
城北体育館へ
おじゃましまーす。
パンフ
パンフレット
写真
戦時中の写真
ステージ
今年のステージ。もうすぐはじまるよー

「3年7組 コード・ブルー ~緊急出動!城北消防クラブ 第88分団~」
時は平成50年、少子高齢化、過疎化の波が城北中学校校区にも押し寄せていた。
政府は中学生にも防災や介護を手伝う条例を制定、城北中学校にも「城北消防クラブ第88分団」「城北デイサービスクラブ」が設立され、生徒たちは生き生きと活動していた。ところが新校長「学力豊」がやってきてクラブの無期限停止を言い渡す。
そこへ突然のゲリラ豪雨、クラブは活動するものの本物の消防団にはかなわない。
防災のJアラートが鳴り響く中、地域の名物老人「金太郎」はかつて自分が特攻隊の整備兵だったことを思い出す。
城北中学校を水害、火災が襲う中、中学生たちは自分たちが何をすべきなのかを迷い考え行動していく。
そして学校の屋上にはとんでもないものが…。

舞台1
新校長が生徒たちに次のテストで高平均点を出さなければクラブの活動は認めないと言い渡す。
舞台2
近所の名物金太郎爺さん。ちょっともうろくしているけれども人気の老人なのである。
そして3年7組の生徒にもイトコ同士がいたりするのだ。
舞台3
正規の消防団員と城北消防クラブ
舞台5
プロの介護士と城北デイサービスクラブ(の部長)
舞台6
なんと、新校長と金太郎爺さんは実の親子だったという事実が発覚!
舞台7
ヤフオクで出品されていたドクターヘリをゲットし屋上に隠して?置いてあるのだ。
舞台8
Jアラートの音と尋常ではない空気の中、金太郎は自分が飛行機整備兵だったことを、当時の仲間たちを、特攻隊の兵士のことを思い出す。
校長も自分の間違いに気づく。
舞台9
緊急事態にヘリに乗り込もうという金太郎。とめようとする孫のなぎさ。
舞台10
金太郎だけでは心もとないということで、金太郎の息子(校長)と孫が一緒に乗り込むことに。
舞台11
発進!
舞台12
新しい命は助かった・・・!
舞台13
両手を挙げてよろこぶ城北デイサービスクラブの面々
舞台14
喜ぶ消防クラブの面々
舞台15
当時の命の扱われ方と、命と平和の大事さを訴える金太郎爺さん
舞台16
孫たちと平和な世の中を祈る

と、いうお話。

舞台17
そして恒例のアンコール
舞台18
これまた恒例の「君を忘れない」。マルさんのギターが響く。
舞台19
裏方さんも合わせのスタートライン大集合!
これがいいんだ、これが。
すげー
ホワイトボードにこんなことが書かれていたぞ。うぬー…

スタートラインも22th。見始めたのが15thだからなー…
今回もOBの出演があったけれど、当時出演していた方がOBとして出られてた。
自分の時もそうだったように、今度は自分が後輩たちの舞台で出演するって、なんかつながり感じられていいよね。
今回も若さの舞台、いただきましたっ!




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。