FC2ブログ

斎藤真一展

アート/クリエイターイベント
10 /15 2008
10/15 斎藤真一展へ

11日から3日間、本町では「花ロード」が開催された。
12日のほほほロードに合わせて町家三昧も楽しんだのだが、
なんせ今動けるのが午前中のみ…
展覧会を見るには時間がない、ってことで、展覧会最終日の15日
きものの小川さんに行ってきた。

斎藤真一氏は岡山県の生まれ。越後での旅の途中で高田瞽女と出会い
瞽女さんと旅をしながら「越後瞽女日記」シリーズを描く。

ここに描かれているのは、国の重要無形文化財に指定された高田瞽女の最後の親方・
杉本キクエさんをはじめ瞽女宿を巡った中で出会った瞽女さんたちだ。

小川さん2階
絵は赤を主体にしている。
そこに瞽女さんが描かれているのだが、その「赤」がひどく心に迫る。
物悲しいとか諦念だけではなく、その中に生の強さとでもいうのだろうか
まさに「生きている絵」のようだ。
画家が描きたいと思う「思い」がこもっているというか。
見るものに強い印象を与える作品だった。

この斎藤真一氏の作品を上越市に展示し、高田瞽女文化の歴史を保存・
発信できる施設をつくろうという会が市民の間で動き出している。
署名活動もあわせて行っているので、気になる方はきものの小川さんに
問い合わせてみてはどうだろう。

きものの小川さんは、町家三昧の時などに展示会などをやっているので
前から気になっていたのだが、ここも雰囲気いっぱいの素敵な町家の佇まいだった。
また何かあったら行きたいな~~っと♪
和の小物たちもステキだったし。でも悲しいかな着物そのものとは縁がない…

おまけ
凝ってます
2階部、何気に意匠凝らしてます。実にいいねー♪
(シャッター部は以前どんなだったのかな)
関連記事

コメント

非公開コメント

私も行きたかった・・・です。 イベントに自分が参加していると、なかなか他のものをみる時間がなくて。。

きものの小川さんは春におじゃましました。
町屋のつくりがみごとで お道具もすばらしいものが多かったです。  また行ってみたい場所のひとつです。

イベント参加お疲れさまでした。
そう、参加すると動けなくなっちゃうんですよね。
なのでpiroさんをはじめ実行側の皆さまには感謝感謝です。

きものの小川さん、いいですねー。
1階も2階もすてきでした。次のイベントが楽しみだなぁ。

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。