金谷さんぽ - 神仏さん
FC2ブログ

金谷さんぽ

2020/01/19 金谷地区神社・お寺さんさんぽ

なんか春めいた気温だったので、チャリで散歩。
せっかくなので神社探検。いや、あるとは相方から聞いてはいたんだけど、行ったことなかったので確認したかったのだ。
初めましてのご挨拶もしたいし~

ってことで、まずは朝日の熊野神社。
高速をくぐった先にある。
熊野神社
見つけたー!
石柱は皇紀2600年。来たな2600年。。。
入り口
では、おじゃまします。。。
鳥居の奥
鳥居くぐって石段上がったその先に、朝日を護る熊野さん。
社殿
はじめまして。こんにちは。
この地には縁がありつつもなかなか来れずごめんなさい。
扁額
熊野神社の扁額
灯篭
社殿と灯篭。灯篭は左右が別々。明治時代に奉納されたもの。
木々に囲まれ<a href=
杉の大木に囲まれて、静かな力を感じさせる。

降りてきて、お次は円命寺。
円命寺
こちらに来たのは2017年。お寺の前の道いつも通ってるから感じなかったけど、もうそんなに経ってた?
冬ver.
円命さん冬囲いバージョン。こちらは浄土真宗本願寺派のお寺。開基創立は永禄元年(1558)だって。
信玄が信濃の守護になり、木下藤吉郎が信長に仕えたのが永禄元年なんだそう。
うわーその頃かーーー!
あ、黒田小学校はこちらの本堂を借りて開校したんだそうだ(明治8年)。
五輪塔と地蔵菩薩
お久しぶりでございます。
盃状穴の地蔵さん
一つ目地蔵さん…とはあまり言われてないようだけど…
盃状穴ってのは明治には廃れてしまったけれど、子孫繁栄、生産と豊穣を祈る民族信仰の一つらしい。
ただお地蔵さんのお顔にってとこがなんとも。。。
願いが深かったってことなんだろうか・・・?
五輪塔
空輪・風輪はなくなってしまったけれども五輪塔。室町時代のものだそう。
右の石柱に「円命」って彫られてるね。
古海家の旧墓塔なんだそうだ。
馬頭観音
今まで気づかなかったけど、こんなところに馬頭観音が…

お次は黒田の神社を探す。住宅地図で大体の場所はつかんでいたんだけど、ほんとにここでいいのか?状態になったので、G先生に聞いてみたら、一本違う道を示されたので行ってみたものの道がよくわからん。。。G先生もわかってないようだし(^^;
なので戻って、そのここでいいのか?な道を進む。
やっと見つけた
あ、あったー。
諏訪神社
扁額の字は読めないけれど、どうやら諏訪神社らしい。
御神木
右の大木は御神木
神社全景
神社全景。
なんの石かな?
石段下りたところにあった石。特に何も彫られたりはしてないけども、何か謂れがあるのかな。

ラストは灰塚・熊野神社
熊野神社
ここの石柱も皇紀2600年だー
ダブル鳥居
ここに以前詣でたのが2016年。もうそんなに経ってるのかー。
いつも通ってるけど、鳥居が変わってたの全然気づかなかった…(^^;
石祠が並ぶ
どれが熊野さんで、他のは何さんなのか全然わからん…
灯篭と
灯篭と。
狛犬さん
狛犬さん。こちらも皇紀2600年に奉納。
ぬぬー。この辺りの熊野神社は皇紀2600年に奉納イベントでもあったのかー。

ということで本日のお散歩これにて終了。また来よう。
おじゃましましたー。


前記事で書いた超想像力空想力を持つ「チーム神話」、神話を神話のままで終わらせられず、時の権力により神と人間(天皇)を結び付けなきゃならなくて、そういうストーリーでヤマトが、日本が生まれるという流れだから、その作られたストーリーを真実にするためには「私たちが書きましたー」なんて出てこられちゃ困るから、名も残さず、存在すらもなかったことにされたのだろうなとこれまた妄想(^^ゞ

あ、新潟県って神社の数が一番多いんだって。明治以降神社の統廃合が推奨され一つにまとめられたけど、新潟県はその統廃合が進まなかったために、全国で一番の数を残しているらしいぞ。
集落を護るカミさま、そう簡単にまとめられるもんでもないだろうしね。
灰塚の熊野さんとこはまとまったのかもしれないけどさ~


関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません