藤野新田さんぽ - 神仏さん
FC2ブログ

藤野新田さんぽ

2020/01/22 藤野新田の神社へ

ミッションの待ち時間をちょっと利用して、前から気になっていた藤野新田の神社へ。
ここ、アルカディアシティ作るのを機に神社改築したんだよね。作ってから改築したんだったか記憶が定かではないのだが。
どっちかというと以前の方が雰囲気あってよかったんだけど、新しくなった以上はもう戻らんのだし。
とはいえ、アルカディアシティがオープンしたのが2005年、すでに10年以上経っていたりするのだけど(^^ゞ
(ここのところ時間間隔がままなってなくて、「もう〇年経った?」ってことがよくあるので、これももう10年も?状態w)

と、いうことで、通過する・見るだけだった藤野新田の神社さんにおじゃましまーす。
神明宮
神明宮、だそうです。(天照大御神さん)
社殿
社殿
狛犬さん
狛犬さん。平成元年に寄進されたもの。

そしてこちらも。
水神宮
水神宮。
関川の近くでもあるし、このあたり一帯の水のカミさま祀ってるのだろうな。
石祠
鳥居の先は石祠と背景が欠けてる石仏と石塔。歴史ありそうだなぁ。

帰宅して「謎の上越市石造文化」を紐解いてみたらば、右の塔は一石五輪の塔で戦国時代に作られたものだそう。
そして左の石仏は、板石地蔵菩薩塔婆で南北朝時代のものだという。
南北朝といえば後醍醐天皇と足利尊氏のころではないですか。そんな頃の人の思いが。

そしてこの2つは、上杉謙信の師・天室光育ゆかりの寺・長慶寺跡地から出土したものといわれているそうで。
この寺は御館の乱で御館総攻撃の際重要な基地となって景勝軍を勝利に導いたそうなのだけど、その長慶寺というのがどんな寺でどこにあったのか跡地ということは廃寺されたのか別の地に移ったのかは勉強不足でわからない。
この本で確認するまで寺の名前すら知らなかったし(^^;

顕彰碑
「笠松恵咲君治水之功績」とある。建立は大正4年7月。どんな功績成したのかはわからないけど、顕彰碑が建てられるくらいだからたいそうなことをされたのだろうな。
ただその当時の人にとっては当然知っていることだっただろうからあえて示すことがなかったかもだけど、地域史には載ってるのかもしれないけれど、それ以外の(後世の)人にもわかるようにしてほしかったと思うのはわがままだろうか。
そういう謎のものいっぱいなんだよなー。

水神宮の石標の裏側には樋管記念・昭和8年建立とあるから、関川河川改修?樋管設置して水に悩まされることもなくなったのだろうな。

カミさまと歴史を感じた藤野新田の2神社でした。
おじゃましましたー。

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません