FC2ブログ

合併記念大イベント

上越市内(イベント)おでかけ
10 /15 2005
今年の体育の日は偶然10月10日。
秋の好天、スポーツ日和ではなかったが、それでも降らなそうなので
予定通り合併イベント色々に行って来た。
上越市は今年1月1日に14市町村が合併しました。
しかし面積広がった分だけ「みなし過疎地域」となったのです(^^;


まずは「上越市合併記念大物産展・姉妹都市室蘭の観光と物産展」へ。
室蘭の「やきとり丼」を食べる。やきとりと言いつつ実は肉という妙。
でもおいしかったですよ。
あと、ロイズのチョコや魚介類をいろいろと買いました。

上越の物産では、浦川原のコシヒカリアイスを久しぶりに食べたり、
牧のどぶろくを購入したりと現地に行かなければ手に入らないものを購入しました。

それから名前は知っていたけれど現物は初めての「雪下駄」。
お土産用を記念に買いました。
大事な伝統技能だもの。手元に残しておきたいし。

DSCN9082.jpg これが雪下駄

DSCN9081.jpg こちらは形が面白いお遊び下駄

DSCN8996.jpgDSCN9083.jpg
元気で長生きしてたくさんいい下駄を作ってくださいね。 右は亀冶さん直筆サインv

会場を出て一旦直江津駅に行きかけたが、発車までまだ時間もあるし
こっち先に行こうと頚城鉄道軽便SLコッペル号を見に頚城区の百間町に行く。

DSCN9001.jpg
コッペル号とディーゼルカー(客車内にディーゼルエンジンが内蔵されています)
コッペル号製作は1911年。約100年前の機関車です。
展示されている客車に乗れば客車自体が持っている当時の記憶が流れ込んでくるよう。
当時の機関車たちが今も残っていて、そしてそこに自分がいるということがたまらない。感激。

しばしにわか鉄ちゃんになり写真を撮ったが、全然目の付け所・撮影ポイントが違っていた…
DSCN9008.jpg DSCN9012.jpg

DSCN9010.jpg なんか愛らしいお顔です。

DSCN9024.jpg 手書き文字が泣かせる…

DSCN9042.jpgDSCN9040.jpg
1911年に作られた客車の中にいるんですよ。この自分が!!
そして歴史を感じさせる客車の椅子はすでにボロボロでした…

DSCN9021.jpg 9017.jpg
ここの売店でおでんやおこわをちょっと遅い昼食にし、当時に浸りながらも次の目的地・直江津駅に戻る。

直江津駅はこれまた大賑わい。
SLは…いたいた!
DSCN9053.jpg 貴婦人C57
この「SLえちご日本海」は実は「SLばんえつ物語」なのだがそれは置いといて。
乗客・見学者、歓迎セレモニーの人々などでホームはごった返し。

DSCN9056.jpg DSCN9061.jpg
DSCN9059.jpg DSCN9065.jpg ちょっと鉄ちゃん風に(^^;

機関士さんたちに花束贈呈などのセレモニーも終わりいよいよ出発時間が近づく。
C57は黒煙を吐き、汽笛が鳴り響く。
出発。ぞくぞくわくわく。

その瞬間デジカメの画面が消え「電池残量がありません」の非情な表示。
・・・え?デジカメ電池切れ?
なんてこったい…今日はスペア電池がない。
ダメモトで電池のプラマイを入れなおす。
なんとか電源入ったので、電池消耗させないよう気をつけその時を待つ。

自家用車のなかったうちは遠くに行くときはほとんど汽車だった。
そして線路脇にずっと住んでいて、通過する電車の音で時間がわかったくらい鉄道は身近だった。
当時のわくわく感と今のわくわく感がオーバーラップし、C57が動き出した瞬間感極まってしまった。
DSCN9078.jpg
そんな感慨の中、年甲斐もなく機関士さんや乗客に手を降る。そして列車はあっという間にホームから出て行ってしまった。

・・・はぁ。

歴史と今と思い出に浸った鉄道Dayでした。

関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。