FC2ブログ

岩の原ワイン新酒利き酒会

上越市内(イベント)おでかけ
05 /16 2010
5/16 岩の原葡萄園・新酒利き酒会へ

今年も岩の原葡萄園から新酒利き酒会の案内ハガキが届いた。
どれどれと読み進むとそこには“昨年までとの変更点”が赤文字で書かれていた。
・軽食はない
・試飲は3種類
・参加費500円

葡萄の若葉の天ぷらがないのは残念だが、毎年恒例の利き酒会。
今回もシャトルバス出るそうだし、行ってきましょうと駅までチャリでGo!
でも今回はお昼食べて午後からのお出かけ。

でもって会場、岩の原葡萄園に到着。
受付で参加費払ってグラスとアンケート用紙&出品一覧をもらう。ん?今回は連絡先書かんでいいの?
まあいいや、では行ってきまーす。


・マスカット・ベーリーA ロゼ2009 9/8・10/8仕込み、タンク仕込み
(6月「マスカット・ベーリーAロゼ」で発売予定)
まずは辛口ロゼからスタート。イチゴのような甘い香りがイイ。
ロゼ↑ 白
・レッド・ミルレンニューム2009 11/14仕込み、タンク熟成
(6月「レッド・ミルレンニューム」で発売予定)
これはまた甘口の白。でもライチみたいな香りがまたそそる。甘いんでぐびぐび行けそうだけど、ぐびぐびやったら逆に飽きるかもしれない?食前酒によさげ。
で、さっきもらった出品一覧表、ここの確認欄に「済」のハンコ押印。先の分もぺたんこ。
ほー、利き酒重複防止かぁ。考えたね。

ここからは石室に入ります。
・マスカット・ベーリーA2009 10/10仕込み、樽熟成3ヶ月
(2011年「岩の原ワイン マスカット・ベーリーA」として販売予定)
自然農法で栽培された、葡萄果実だけの酵母で醸造したワイン。
うん・・・自分にはまず樽の香りが先に来ちゃった・・・
赤
・マスカット・ベーリーA2009 10/14仕込み、新樽熟成3ヶ月
(2011年「岩の原ワイン ヘリテイジ or 善兵衛」として販売予定)
先程のが葡萄のチカラを最大限に出して作られたワインならば、こっちは技を生かしたワイン。
平均樹齢30年の成熟した葡萄を使用しているそうだ。
こっちは、熟成してけばまた違うんだろうけど、若さというか渋さが来ちゃって。

・ブラック・クイーン2009 9/25仕込み 新樽熟成3ヶ月。
(2011年「岩の原ワイン ブラック・クイーン」として販売予定)
酸味をまず感じたけれどおいしい。この中の3つで選べばこの黒女王がいいかな。
ここでちらっと話を聞いたのだが、2009年国産ワインコンクールで「マスカット・ベーリーA2007」が金賞を受賞したことや岩の原葡萄園120周年ということもあり、この会の内容大幅な変更をしたんだそうな。
利き酒のあとの試飲も半飲み放題状態ではなく、しっかり味わってもらうために試飲数を絞り、その分いいワインを出す・・・量より質、と。

試飲の前にちょっと一休み。ショップうろうろ。
いろいろシステム変えたようで、ショップ内の試飲はグラス保証代として200円出すことになっていた。
でもこのグラス代、グラス返すときに返してくれるのだ。

120周年
120周年おめでとう!

何年もの?
歴代の岩の原ワイン。プレミアムなんてもんじゃ・・・

さあ試飲いきますぞ。さっきの一覧によると
・ブラック・クイーン2006
・ヘリテイジ2008
・スパークリングワイン ブラン・ド・ブラン ローズ・シオター

おおおおお、レギュラーワインと比べるとたっかいのばっか!(一番高価なのはヘリテイジ2008)
いいんですかい?
ここも一杯いただくごとに「済」のハンコぺたん。
カットされたフランスパンがワインの友として出ていたがそんなにいっぱい持ってけないもんなー(^^ゞ

うーん、ヘリテイジ確かにうまいけど、やっぱ自分はどっちかっていうと黒女王の方がいいかも。
スパークリングワインは・・・最初に飲んだほうがよかったかも。
なんかねー、炭酸がまず来ちゃって味がよくわからんのだわ。

いつもの利き酒会と比べると(勘違いの)宴会組?もいないし、静かにゆっくりといいワイン飲めるしイイかも。
でもやっぱり葡萄葉天ぷらあればもっといいかもとも思ったり。

ショップの試飲も味わったあとは、最終シャトルバスに乗り高田駅へ。
ふふふ、今日はワインに飲まれなかったぞ。ちゃんと帰宅後外仕事もできたしな。
(でも夕食後寝落ちしたのは誰だ/笑)

ってことで、おいしいワイン、ごちそうさまでした~~。
記帳なかったけど、来年も案内DM届くよね?(^^;

善兵衛さん
日本のワインの父、善兵衛さんありがとう~~~
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。