FC2ブログ

八一と仏像展と写真展

近郊(イベント)おでかけ
05 /28 2010
5/28 長岡近代美術館「奈良の古寺と仏像展」と「日本の自画像」

新潟市美術館で行われるはずだった「奈良の古寺と仏像展」、前展示でのクモ侵入などでクレームがつき、結局長岡で行われることとなったという、ちょっといわくありの展示会。
26日からは国宝(のホンモノ)中宮寺「菩薩半跏像」の展示が始まる(それまでは「御身代わり」というレプリカ展示)→土日は多分混雑する&もう1つの展示「日本の自画像」は30日まで、アルビの上越市民の招待試合が29日・・・などなどから、28日は長岡、翌日29日はサッカー観戦して上越向けということになった。

朝食食べてからいつもの如く仕度して出発。一路長岡へ。
展覧会とは別のもう1つのお楽しみ。それは、某TV番組で以前取り上げられていた「洋風カツ丼」へのチャレンジ。
長岡のB級グルメでありソウルフードらしいこのメニュー、ぜひ試してみなければと。

ターゲットは長岡駅前の「レストランナカタ」さん。TVに出てたのはここだし。
車を置いてネット地図片手にお店へ。
ナカタさん 玄関マットも

事前調査(笑)によると洋風カツ丼が有名ではあるけれど、カレーも有名らしい。
なんと辛さ50倍という想像もできないカレーもあるとか。(お店に上がる階段にこの50倍カレー完食者の写真がずらっと貼ってある)
お店は昔ながらの「洋食屋さん」ってな感じ。マスコットガール?のぽっぽちゃんがずらっと。
ぽっぽちゃん
500円でスタンプ1つ。50個集めるとこのお人形もらえるよ~

洋風カツ丼と3倍カレーを注文。(ランチ価格)
洋風カツ丼 ランチセットのカレー
で、来ました洋風カツ丼。
お味は・・・ん?なんか例えようがないなぁ。デミグラスとも違うしトマトソースとも違う。
カレーはお、スパイシー♪からちょっと遅れて辛さがやってくる。(これくらいならまだOKさ♪)

<洋風カツ丼は大きく分けて2系統>
そもそも「長岡の洋風カツ丼」は、昭和6年創業の「小松パーラー」が発祥(同店は残念ながらご主人のご逝去とともに廃業)。
そのレシピは受け継がれ、ほぼ近いカタチで提供しているお店もあるが、進化の過程において大きく“洋食系”と“ 食堂系”に系統が分かれていく。“洋食系”とは、ケチャップベースのソースを使った昭和レトロな味わい。“食堂系”はデミグラスソースをベースとした、ガッツリ系の傾向が強い。


んだそーです。このナカタさんは洋食系。
“何だろうこの味”のナゾが解けないまま完食。
洋食屋さんだけあっで他のメニューも充実。またチャンスがあったらチャレンジしてみたいぞー。
しかし、まだフレンドのイタリアン&ギョウザもトライしていないし、長岡ラーメンもあるし、食べたいものがいっぱいだー。

で、満腹になったところで近代美術館へ。
平日だし…と思っていた自分、かなり甘かった。さすが国宝パワー、駐車場もいっぱいで、向かいのリリックホールのPへ。
展示~ ポスター
中は写真撮影禁止のため観覧のみ。歴史ある寺社の歴史と仏像、會津八一の作品(ならうたは全てひらがなの和歌)をじっくりと堪能。
いやーすごいやー・・・
菩薩半跏像のお顔、穏やかで柔らかで・・・宗派信仰は特になく学のない自分にもぐっと来た。
万人、衆生を包み込むオーラというのかパワーというか、静かに、でも確実に「ある」んだよなー・・・

この日の朝刊に「混雑しているが午後3時以降がお勧め」とあったので、逆にその時間帯激混みだったのが皮肉。
(長岡に早く着たが、そう書いてあったので時間つぶしてきたら大混雑で参ったという話が聞こえてきたんで)

お次は「日本の自画像 写真が描く戦後 1945-1964」
ポスター
紙芝居に群がる子供たち。「それから、きみは、どんな大人になったのだろう?」のコピーがまたいい。

終戦後20年の間ほどこの近代で生活様式、価値観が変わった年間はないのではないだろうか。その“濃い”20年間をモノクロ写真で切り取った写真展。
写真家は石元泰博、川田喜久治、木村伊兵衛、土門拳、東松照明、濱谷浩、林忠彦など。
「終戦の日の太陽」から始まり、焼け跡に佇む赤子を背負った若い母親の後姿の手前には、学生が書いたのであろう「初戀トハナンゾヤ」の文字、戦災孤児のたくましく生き(なければならない)姿、原爆ドーム、キャバレー、GHQ、そして農村生活、廃坑になった村の住人・・・などなど「その頃の1シーン」が迫ってきた。
リアルな、生々しさのある「生」。
でも、救いという反面愁いがあったのは、そこに写っている子供たち(身寄りを失って“子供”でいられなくなった子供たちはまた違う)、今よりずっと貧しく大変な生活だっただろうけど、いい顔してるんだよなぁ。
今の子供たちに照らし合わせると、どうなんだろう。
「個」は大事だけど、「個」を取り違えてないだろうか。間違った「個」がどんどん膨らんで歪んでってないかい?

仏像の「静」、写真の中の人々の「生」、対照的な2つの「せい」をじっくり堪能できた展覧会だった。

花フェスタスタンバイ
この周辺では明日明後日と花フェスタが開かれるそう。花壇は準備完了の模様。

一路新潟へ。やっと連絡が取れた親の話によると、従兄の不幸があったそう・・・て、何故連絡くれないのだ!
(まあ想像はつくんだけどね( ̄ω ̄;) )
昨秋に会った時はそんな話全然聞かなかったのになぁ。悔しい!と、皆が寝てからもひとり供養のつもりでワイン飲んでたのでありました。

きんしゃい亭
夕食は久しぶりに「きんしゃい亭」。前もっとスープが白かったような気がするんだけどなぁ。
味もちょっと変わったような気もするし…(相方は「こんなもんだろう?」と言ってたけど…)
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。