FC2ブログ

ジャズ@高田世界館

(インストア)ライブ・コンサート
09 /18 2011
9/18 鈴木良雄&増尾好秋DUO 高田世界館

ラジオを聞いていたら、このイベントのチケットがFM-Jに置いてあるという。
ジャズの生演奏も悪くないかな(無知のクセに)と早速いただいてきた。

そして当日、伯母からの突然の電話でアイボールタイム。もし長くなるようだったら悪いけど帰らせてもらうしかないなーと思っていたのだが、向こうも用事があるようで解散。これなら間に合いそうだと内心ほっ。
帰宅してそのことをすっかり忘れてた相方と世界館にGo!

ごあんない
今回のフライヤー

世界館
世界館。よく見るとやっぱ壁はがれてたりするね。

おじゃましまーす
おじゃましますよー

どきどきわくわく
世界館でのライブは初めての相方と開演を待つ。
・・・周りはみんなジャズ好きっぽい。場違いのような気がするも「いいんだ、音楽聴きに来てんだから」と開きなおって。

ご挨拶
増村さんの挨拶のあとはいよいよ演奏。

一曲目は「around the world」。
うわーベースすげー・・・これを手弾きするんだもんな。
すごいわさ。

お二人の演奏

今日は増尾さんがライブ後早く帰らねばならない。
なので途中休憩の時にCD販売。

ここでちょっとお勉強。

鈴木良雄氏は長野県出身。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリン・ピアノに親しむ。早大モダンジャズ研究会ではピアノを担当。卒業後渡辺貞夫に師事。彼の勧めもあってベースに転向。1969年~73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。
その後渡米、帰国後は自己のグループMATSURIを結成し再び日本を舞台に活動を開始。‘チンさん’のニックネームでファンから親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である。

増尾好秋氏は東京出身。ジャズピアニスト増尾博氏の長男。実弟の元章氏もギタリスト。
中学3年の終わり頃に独学でギターを始め、早稲田大学のモダンジャズ研究会に入るが、初めて部室でギターを弾いてみせた時、あまりの上手さに部室が騒然となったそうだ。
当時、この研究会には、1年上に鈴木良雄氏(ピアニストだったが、後にベーシストに転向)、そして同級にタモリがいた。早大モダンジャズ研究会在籍中に渡辺貞夫グループに正式に迎えられてプロ入りし、一躍スター的人気を博す。1971年にニューヨークへ渡り現在も在住。


うぬー、すごい人たちだー

さて後半戦。
周りを見ればみな「乗って」いる。
客層はやっばり年配男性が多いかな。
オリジナルから定番からお二人の演奏はすごい。

鈴木さん
鈴木さん

増尾さん
増尾さん

だってさー、プロだし当たり前かもしれないけど、楽譜も何も見ないですべて弾いちゃうんだよ、やっぱすごいってばさ。

アンコールもやってくれてありがたやありがたや。
ジャズのことはよく分からないけど、でも「あ、この曲聞いたコトある」などと楽しませていただきました。
オリジナルもよかったなー。

おつかれさまでした~
2時間ちょっとのステージ、お疲れ&ありがとうございました♪
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。