FC2ブログ

大地の芸術祭~補完編~

大地の芸術祭
10 /26 2006
9月6日

まさかこんなことになるとは思ってなかったのだが、
義母が骨折で入院という現実がそこにあるわけなのだから
その中でどう動けるかというのが大事だろう(大げさだな)。

ってことで、せっかくここまでやってきたのだから、
作品全制覇は各々でやりましょということになったのだった。
手術の日取りが決まれば逆に動けなる可能性もあるので、動くなら今という思いもある。
やっぱり、ここで「やーめた」しちゃうのは残念だし。

前日に相方が1人で(FMとおかまちのインタビューにあったり、
こへびさんに全制覇記念にパスポートの写真を撮られたりしてたらしい)行ってきたので
今日は自分の番。

6時ちょっと前に家を出る。
まずは松代、244「ライス・ルーム」、60「妻有の入口~農舞台ver.~」、
279「かかしの嫁入り」again。
DSCN4268.jpg
かかしは前回来た時はちょうど逆光だったのもあってあまり写真にならなかったのだ。

そして中里へ。
既存の作品を中心に見て回る。
先日来たがもう夕方で写真にならなかった作品のおさらいも。
175~177・180(おさらい)、188~197(前回・前々回&新作)

DSCN4299.jpg
 193「ブルーミング スパイラル(2000)」既に花壇の植物たち淘汰されてるよ…( ̄ω ̄;)
ガイドブックの紹介文が悲しいぞ。
197「田圃の枯山水」はなかなか面白い。これは一人で見るよりだれかいたほうがいいね。
DSCN4316.jpg
 田圃の中に咲いていたオモダカ。自生を見たのは初めてです。

ミオンなかさと・中心街の作品を見たあとは、道を戻りちょっと外れた3作品を見に行く。
・・・の途中に
DSCN4371.jpg
 中里版「ここで何があったのか」(多分雪の影響だろうけどこんなになるとは…)
自然の力は時に無情だ。1階押しつぶされてるよ。

198「光の巣」で鳥になって巣に入ったような、そして光を感じる。
199と200は古刹・曹洞宗福聚山慈眼寺のなかにある。
開基は1550年、1611年に創立されたということだ。
ちょうど時の鐘を打つ時間だったようで(11時)その鐘の値を聞くことができた。
「ご自由にどうぞ」と冷たい麦茶。その心遣いがうれしい。
DSCN4397.jpgDSCN4414.jpg
 歴史が~&NHK教育で特集組んだ時のゲスト・壇ふみのサイン

これで中里は終わり。お次は十日町だ。針集落に行く前に南鐙坂の作品を見る。
(自分は南鐙坂→針→中平→名ヶ山→十日町→松代コースにしたが、相方によると
針→南鐙坂→十日町→中ヶ山→松代としたほうがロス少ないらしい。中平は今回見ないので)

DSCN4423.jpg
南鐙坂での作品の中にあった「○」な書。
もうひとつの作品は新潟県各地の土を集めたもの。土も人と同じでいろんな色があるんだなぁ。
土のパレット、色のグラデーションに「すっげーー!」

続いて針集落。ここの作品展示は廃校になったばかりの真田小学校が中心。
廃校というだけでポイント高いというのに、作品より目をひいたもの(もちろん作品もよかったですよ)
DSCN4449.jpg
DSCN4450.jpg
DSCN4451.jpg
DSCN4454.jpg

これを書いた子供たちは兵庫県三木市東緑ヶ丘小学校のみなさん。
中越地震で被害を受けた真田小学校の生徒たちに送ってくれたメッセージの数々だ。
阪神・淡路大震災をリアルで覚えてはいないだろうし、まだこの世に生を受けていなかったであろう子供たち、だけどきっと彼らにつながる人たちは地震を体験しただろう。
そんな彼らが一生懸命思いを込めて新潟の子供たちを、地域の人たちを励まそうとしている。
その思いにじーんときてうるうるしてしまった。。。ありがとう。

ここらあたりから雨がぽつぽつと降り出す。
中平を越え名ケ山へ。
ここの「夢」という作品は公開前に別の作家からクレームがつき、
公開が9月になってしまったというもの。
DSCN4570.jpg
この土地の人たちの営みが、万華鏡のように回り彩りを変え形を変える。
まるで一瞬の夢のように。

十日町市街に入る。ここで遅いお昼を食べようとしたが、14時までで既に閉店していた。残念。
向かいのスーパーでパンを買う。雨は本降り。同じく芸術祭を回っているCちゃんとメールでエール交換。
パンをかじりながら市街地の原高史の作品を見に行く。
本当の公開期間はもう終わっていたので全部を見られたわけではないけれど、
相変わらずいい言葉ばかりでじーーん。
DSCN4589.jpg

キナーレに戻り作品もある「明石の湯」に行ったのだがなんと定休日。
ショックーーー!!
芸術祭期間くらい無休にしてくれればいいのに←無茶
トリエンナーレセンターで非公開作品などのハンコを押してもらう。
ここでお土産も少々。

そして松代の農舞台へ。
相方からの「そろそろ終わったか?」のメールが来る。
・・・すみませんまだなんですー。思いっきりあちこちで根っこ生やしてました。

農舞台の作品をいろいろ見る。「空家プロジェクト」の影には、見えない苦労が多かったんだなぁ。
空いてるから勝手に使っちゃえ・・・というわけにはいかないんだねやっぱり。

そしてハンコの最後は「棚田」。この作品のハンコが見つからなくて、上に下にあちこち探しまくったよ。
やっと見つけたけど、前回の時も探したような…(^^; 学習しないな。
ハンコ押してやーーっと完成! おめでとう~~~

ここのショップでお土産を買う。自分への土産はてぬぐいとマッドメンミニ。
今回は妻有の、十日町の「土」を形にしたものがほしかったから。
手ごろなハンカチタオルが本当は欲しかったんだけどどこ行っても品切れ。
やはり早めに買っておけばよかった。
制覇記念に「こころの花」仕様のお酒も♪ 青いガラスがキレイだ。

雨の中満足しつつ上越に戻った頃は19時近かった。
で、結局この日の病院は相方にお任せしちゃいました。

夕飯時に「全作品制覇おめでとー!」と飲んだお酒のうまかったこと♪

そして、次は2009年。また逢えますように。
ありがとう大地の芸術祭。
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。