FC2ブログ

関東(埼玉)へ その1

県外おでかけ
03 /30 2013
3/29~31 埼玉へ その1

以前から関東の親戚の所に行ってこようという話があったのだが、なかなか日程が合わず3月最終週になってしまった。
3月の土日は展示会やらなんやらでこの最終週しか空いてなかったもんでな(^^ゞ
すまん、オレのせいだ。
そして、先日行った時はまったくそんな素振りのなかった忍城おもてなし甲冑隊の家老役2名がこの31日に天に帰るという。
なんとか最終日、ちらとだけでも見たい。親戚宅を出てから忍城行きを取り付けて、さあ行くぞと。

で、前日、オープンににぎわうイレブンプラザを横目に甥姪用に手土産用のアレーグロのいちごブラウニー(FM-Jのリスナープレゼントにあったがハズレたさくらブラウニー目当てで行ったのだが、それは来月・4月からの販売だそうだ)をゲット。

で、29日朝出発。
今日も「今日の妙高」はガスの中でその姿は見えず。
前回とは違って体調万全だぞー♪

松代PAで蜂?をついばむセキレイさん。
セキレイさん

道中の電光案内板でも表示されてて?だった上信越道通行止めの情報、ここで判明。
事故で佐久IC~松井田妙義ICが通行止めとなっているとのことだ。
さあどうする、中央道に回るか?でも遠回りだしなー・・・
でも、未明に起きた事故だし、通行止めも解除になるかもしれないし・・・とそのまま進むが、やはり解除にはならず佐久で高速下車。一般道へ。

当然ながら高速を降りた車と事故関係なく一般道走行の車で渋滞。
んでまたこっちは天気がよくて暑っちぇんだわ。なんだ3月なのにこの陽気。

渋滞中微妙に意識が飛んでますが、軽井沢はもうそれだけで「軽井沢」でしたww
さすがだな。

碓氷峠下り。
ほおー!
エンジンブレーキが利かなくなったら、迷わずここに突っ込め!

妙義山
新潟県では見られない山の形だよ(^-^;

横川駅(釜めしさすが!&碓氷峠鉄道文化むら寄りたかった)を横目に松井田妙義から再び高速道へ。
横川の釜めしをお土産にしようとも思ったんだが、通行止めと渋滞でかなり時間を食ってしまったのでそれはナシにして高坂SAで軽くお昼。
高坂SAのサクラ
しっかし今年の開花は早かったとはいえ桜もう満開だもんなー。
上越の今年の観桜会はどうなるんだろ。

そして親戚宅一軒目。
最初ちょっと心配したけれど、だんだん元気になってきてよかった。
夕方になり、また明日ねということにし、宿泊先の親戚宅へ向かう。
お世話になります。

その時聞いたが、この場合は18号ではなく254号を使えばよかったらしい。
やっぱりそこまで分からんもんねー。ナビもないしさ。
でもかなり大きな事故だったらしく、亡くなった方もおられたのだ。合掌。


翌日30日、雨。
前回は改修中で行けなかった川越の川越城本丸御殿へ。
本丸御殿と市の博物館と蔵造り資料館を巡れる共通券利用。

本丸御殿
本丸御殿、渋っ。

ただいま会議中?
タイムスリップ!(違)

ボールのあと
明治維新後払い下げられていろいろ使われたそうだ。
天井なのだが学校の床に使われていたこともあってボールのあとがしっかり残っているという。

お次は川越市立博物館へ。
市の博物館

博物館の特別展示は川越の船運について。蔵のまち再現とか、ハニー(ハニワ)や謙信以前の関東管領など歴史的にも興味ある展示がいっぱい。
大分宿根してしまった・・・
展示の写真は撮影禁止。残念。

そしてそして、
天神様
わらべうた「通りゃんせ」の発祥の地といわれる、三芳野神社へ。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神様の細道じゃ
ちぃっと通して 下しゃんせ
ご用のない者 通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札を納めに 参ります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも 通りゃんせ 通りゃんせ



この三芳野神社、本丸のほぼ向かいにある。城の近くなので当時の庶民は参詣もできないのだが、年に1回の大祭の時か子供の七五三のお祝いの時のみ参詣が許された。昔は7つになると天神様の氏子になれるといわれてきたらしい。
その頃の子供は今と違って医療も発達していなかったためなかなか生きていくことができなかった。
なので、3歳まで生かせていただいた、5歳、7歳を迎えることができたというお礼とこれからの安全を祈願するために七五三の行事は始まったという。

わらべうたの碑
で、天神様を訪れたはいいが、到着するまでには南大手門から入って、さらに門を3つくぐっていかなければならずその上場所がら警備の者が多く厳しいチェックを受ける。
町人たちが物珍しさにキョロキョロしたならば容赦なく叱責が上がる。そんなところから「行きはよいよい帰りはこわい」と表現されたという。 (諸説あり)



さて、それからどうしよう。
蔵造り資料館に行くか、それとも道の確認のために忍城へ行くかという話になる。
そりゃーもちろん忍城の方がいいけれど、明日も行くワケだし・・・と躊躇していたが、川越はまたチャンスがあるが忍の卒業組にはもう会えなくなるということで忍城に決定。何気に相方も忍城隊好きだしね。
道路マップとともに忍城へ。
途中一本早く曲がってしまったり地図が古かったためこれでいいのかという箇所もあったが無事到着。

忍城あげいん
前回は梅だったが今は桜だよ~!

おもてなし午後の部に間に合った・・・

甲冑隊のみなさま
明日は多分人も多くなるし、どうなるか分からないので今日のうちに和泉さんと酒巻さんとお話ちょっとと写真。
前回も今回も結局ここに来られなかった友人の分もカードいただき花押を入れてもらう。

演舞タイム。
ああ、これももう見られなくなるんだ・・・
何事も永遠に続くものではないから、だからその分しっかり見なくては。一期一会だ。

【序舞顔見世之巻 ( はじまりはじまりかおみせのまき )】
和泉さんと酒巻さん
ここがいいんだ♪

大将、逆!
大将、逆だ!

【槍術の道(丹波と長親) ( そうじゅつのみち たんばとながちか )】
姫♪
どちらもお見事(笑)

甲斐姫♡
丹波さんと長親さん

【剣術の道 ( けんじゅつのみち )】
ながちかさん…
長親さん絶妙・・・

ああ、やっぱかっこいいぞ。
個人的には(新参者だし)このメンバーが揃ってこその甲冑隊、三家老だと思っているので、その中の二人が欠けるということは大変寂しかったりするんだよな。

演舞お疲れさまでした

で、おもてなしも終わったし戻らねばと、相方が仕入れてきたパンを遅い昼飯としてぱくつきながら昨日お邪魔した親戚一軒目に今日もおじゃま、そして宿泊先の親戚宅で今日もお世話になりますと。

そして夜が明け最終日・・・は長くなったし次エントリのこころだーーー!(続く)
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。