FC2ブログ

3城説明会&企画展@埋文

ちょっとおさんぽ・おでかけ/武将隊
07 /06 2013
7/6 埋文へ

高田城は来年開府400年を迎える。
で、今年はその前年ということで、来年に向けてのプレイベントを開催し、盛り上げようとしている。
(開府400年と新幹線開通が重なれば観光的にはもっと良かったのかもしれないが、そう都合よくはいかない)
埋蔵文化財センターで企画展「春日山城から福島城、高田城へ」が今年度いっぱい開催されるにあたり、出土品説明会がこの土日開催されるというので、初日午前の部に行ってきた。

埋蔵文化入ってびっくり。
え、兼続さん?!
ええっ?
最初見たときどこのかぶき者かと・・・(^▽^;)

おやかたさま兼続さん
おやかたさま、今日はおべんきょさせていただきまする。
開府400年に併せて陣羽織がまた新しくなったらしい。

講師は遺跡や出土物・歴史についての第一人者らしい(←すみませんそういう分野に疎くて知らないのです)コジマ氏。
説明中 ()
古代から戦国の山城・春日山城から福島城、そして高田城からの出土物をもとに時折ユーモアを交えながら進める約一時間ほどの説明会。

古代出土品
吹上遺跡からの出土展示品。
釜蓋遺跡の説明会は去年行ってきたが、糸魚川のヒスイをこの上越で加工するんだからねー
青海の黒姫山、北信濃の黒姫山、そして刈羽黒姫山、黒姫山に囲まれたこのくびきのの地が奴奈川姫命(の母親は黒姫命というらしい)、かなりの力を持っていたのだろう。

「国府」は県内に1つしかないのだそうで、なので「長岡城開府ウン年」というのはおかしいんだそうな。

で、時代は進み、春日山城から僅か7年で廃城となり資料が少なく謎の多い福島城に話は移る。
福島城の瓦
築城まで長い年月がかかった福島城、堀氏から松平氏に城主が変わったとはいえ、松平忠輝さん4年で福島城から高田城に引越ししちゃうもんね。
やっぱあちさん(新潟弁で他所の人)の作った城では嫌だったんだろっかねー。
でもここから直江津と高田の確執が始まるという・・・

高田城食器類
高田城からの出土品。食器は現代のものといっても通じそう。
殿様の卓上塩に「へえー」と。
確かに毒見毒見で到着する頃には冷めた、焼き魚なんか塩分身にしみこんでない味気ないもんだったんだろうしねー。
いいもんでも食べる頃には冷たく無味となると殿様稼業も楽ではないわな。

歴史にもっと詳しければもっとためになるのだろうが、無知の妄想好き野郎では??が多かったけれども、ウラ話なども織り交ぜて説明してくださってなかなか面白かったですな。
ありがとうございましたー。

そのあとちょこっとおやかたさまたちと話し、戻らねばならん時間なので帰宅・・・しようと外に出たらば

景勝さん
うひゃー、景勝さんもおにゅーの陣羽織。
まあ、黄色と黒は目立つけれど・・・陣羽織の担当の方、今回は原色で攻めるのですか?


で、午後。春日山でのおもてなし演舞には間に合わなかったが先ほどの展示復習もかねて再び埋文へ。

おりがみ作品
みっちゃん作の折り紙作品・夏編。折り紙もいろんなものが作れるのだねー。いつもびっくりと感心と。

ネジバナ
中庭のネジバナ。ここのは環境と栄養がいいのか株自体が大きいよね。

それにしても問題は、開府絡みの企画展もここでやるのはいいのだが(埋蔵文化財センターだし)、ロビー部にも展示を置くことによって、雨天の場合および冬期間の春日山での演舞ができない時ここで開催していた「陣中おもてなし」ができなくなってしまったっ!
場所どうにかしてください>コンベンション担当者様

退陣挨拶
そして時は退陣の刻。
今日もお疲れさまでした。
おやかたさまと景勝さんの陣羽織が通常モードに戻ってる・・・

しかしどんどん雨足が強くなり・・・
大雨…
激雨。

都会では~♪と歌いたくなる傘がない状態なもんで、ちょっと落ち着くまで雨宿り。
雨が弱まった時点でドタドタと車に走りなんとかびしょぬれ濡れねずみは免れましとさ。
今じゃ自分濡れてもケータイとデジカメ濡らすなだしね(^^;

そんなこんなで今日は午前午後と埋文におじゃまさせていただいた一日でした。ちゃんちゃん。

あ、埋文では今年の企画展「謙信公と春日山城展」も展示中なのでどちらも併せてお楽しみ下さいませ。
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。