FC2ブログ

長岡「戦争と平和展」へ

アート/クリエイターイベント
08 /13 2013
8/13 「戦争と平和展」へ

長岡では今年も「戦争と平和展」が開催されている。
今回が第8回目となるこの展示会、今年こそは見てこようと長岡に行ってきまーす。
だってよ、今年は直接の来客ないし、チャンスなんだよな。来客あれば受け皿の身としては準備やら何やらでお盆動けないしな。
この機会を逃すわけにはいかない。
ただ今日は墓参りあるからそんなにゆっくりしてられないんだが、とにかく行くべ。

で、出たんだが、三和からまっすぐ青野十文字から馬正面に出るはずがついついいつものくせで井ノ口から253に乗ってしまった。ぐおー!自分てばなにやってるんだよー!今日は十日町でないだろが(^▽^;)
軌道修正して馬正面へ出たわけだが時間をロスしてしまった。やっぱバイパスから8号に直接出ればよかったかな。
まあ雁金城址がわかったのでよしとしよう。気分切り替えてっと。

柏崎は混み気味だがいつもよりはいい・・・かな。その後も長生橋まではスムーズ。長生橋から長岡市内はやっぱり混んでる。そして信号がすぐ変わっちゃうんだよなー。

どうにかこうにか会場の中央図書館に到着。
図書館
へー・・・長岡の図書館ってこんな感じなんだ。。。
2階の美術センターへ。

戦争と平和展
若い人、戦争を体験した人と年齢層もまちまちな45人のアーティストが、それぞれの「戦争と平和」を表現する。
空襲を受けた長岡だからこその展示会。

作品1
絵だったり

2
「書」だったり
3
造形だったり
4
「風立ちぬ」ではないけれど、戦闘機をかっこいいと思う気持ちの存在もわからなくはない。
刀や拳銃は人を殺める武器になるけれど、その一方で「美」の一面も持つことと同じで。
無駄のない、真剣さ、機能的というか、目的は別としての職人の匠の技の美しさに惹かれるんだろう。
それは否定しないというか否定できない。
でも、
12
実際はこうでもある。

5
5-1 5-2
カラスとその子たち「-嚇-」

6
125機の戦闘機が長岡の空にやってきた。125機はそれぞれ40発の焼夷弾を積みこむことができる。
その1発は38発に分かれる。結果163456発の爆弾が長岡の街に降り注いだ。
今は亡きオヤジさんは農兵隊赴任先でその燃える空を見たという。

7
位牌の型に切り取った新聞に「戦争と平和」「戦争は平和」「戦争が平和」「平和に戦争」などと書かれている。
助詞が違うと意味が全然違ったものになっちゃうんだよなぁ。
妻有では赤ふん少年というのんびりと郷愁感のある作品を作ったの関根氏だが、こんな表現もされるのか。

8
自分の目で、本当の目で見ているか。

9

10

11
痛々しく負傷した子供たちの人形

13
慈悲

駅に寄せて
作品につけられている思いが深い言葉ばかり。
体験したものでなければ出てこない言葉たち。

表現者は、戦争というものがどれだけ自分を脅かすものか、「表現すること」が平和で自由の上に成り立っているか無意識に分かっている。
そして、「自らの表現」そのものが戦争時において対局な「力」からどれだけ不要なもの、いや排除され迫害される「無用の悪物」となることを知っている。
だからなおさら、危機感を持ち平和の尊さを無言で叫ぶ。その「表現」で。

ああ、やっぱり来てよかった。

その後は新しくなった戦災資料館にも行きたかったが、時間的に今回は苦しいのでパスしもうひとつの目的地「ギャラリー沙蔵」へ。

沙蔵さん
ここは長岡空襲で焼け残った蔵を移築したものだという。

一階のギャラリー
1階はアートギャラリーとなっている。ギャラリーだけではなく時にはライブも行われるそうで。
マスターとは面識ないのだが、オトノカケラ出演者の方々とつながりがあるので店の名は時々見かけていたこともあって来てみたかったんだよね。長岡花火の時もここ通るんだけど通過するだけだし。

2階部は喫茶茶蔵となっている。
店内
店内
カウンター
カウンター

いただきました
話に聞いて気になっていた「ちょんまげアイス」。飲み物と一緒だと100円引きになるのだ。
ちょんまげアイス
ちょんまげアーップ(笑)。
これは、城下町長岡、からではなく、マスターが時折髷を結いちょんまげ姿になるからだという。
今日の店番はお母様だったのだが、その写真も拝見させていただいた。すげー。

いただいていた時に来たお客さんが、先の平和展に出品されている方だと聞きビックリ。
まだ展示見ていないとのことだったけれど・・・。

あとは帰宅するのみ。長岡も柏崎もそんなに道は混んでおらず(柏崎は行く時対向車線の渋滞ぶりに帰りが心配だったんだが)上越までスムーズ。無事迎え盆(と言うほどのことはしないが)の墓参りできましたとさ。ほっ。


「戦争と平和展」は8/11~8/16、10時~18時(最終日16時)長岡市・中央図書館2F長岡美術センターで開催中です。
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。