FC2ブログ

大地の芸術祭 #8

大地の芸術祭
09 /10 2012
9/10 大地の芸術祭2012 その8

芸術祭もあと一週間ほどで会期が終了する。
長いようで短い51日間。

今回もフルコンプをめざしてしまったからには、もうちょっと稼がねば。
ということで、片貝の花火に行く前に行きますよ妻有。

今日は川西エリアにGo!

祭
まずは高倉の作品K084「祭「還るところ」」。
高倉集落の聖地であった高倉神社十二社。
赤い風船はかつての日々、当時の活気。
・・・でも神社塗装(ラッピング?)大丈夫?(^^;

倒壊…
こんな倒壊家屋見るとなんだかせつないなぁ。
壊れていくもの朽ちていくもの忘れられてしまうもの。

そこから節黒城跡の作品群。
K008「さわれる風景Ⅰ 城主の座」→K009「節黒城跡キャンプ城コテージA棟」→K010「節黒城跡キャンプ城コテージB棟」→K011「「節黒城跡キャンプ城コテージC棟」。まあここは宿泊しない限り中に入れないので外観見るだけなんだけど。
→K013「庭師の巨人」→K014「空と大地の展望台」→K012「詩人の瞑想の道」→K007「森の番人」。

節黒城って?そしてこの上野氏って?
上野氏碑
1352年に新田義貞の子、義宗によって築城された山城。急いで築城されたため、とりでの木が素材のままで、節が黒々と残っていたことから「節黒城」と名付けられたらしい。
ここが節黒山というのではないのか~
戦国時代は上杉謙信傘下の上野氏の居城となったそう。妻有地方で最大級の山城だったが、上杉景勝が会津に転封となった時上野氏も追従したためこの節黒城は廃城となったんだそうな。

節黒城跡から今度は、ナカゴグリーンパークへ。
K001「3年後に向けた伝言ゲーム(10年プラン)+手作り見張り塔でずぃ~っと越後妻有」→K002「時空」→K003「レイチェル・カーソンに捧ぐ -4つの小さな物語」→K002「河岸段丘」→K022「絵画のための見晴らし小屋・妻有」→K023「グリーン・ヴィラ」と定番作品をざーっと見て
かざぐるま
新作K081「大地の記憶-かざぐるまの道B 「water site」」へ。
かざぐるまを道しるべにてくてく。へぇーこんな散策路があるんだ。
池にも
池にもかざぐるまがいっぱい。

戻ってK080「越後妻有レインボーハット2012」。前回よりもグレードアップ。
レインボー
虹がいっぱい
これで虹が出ます
これが虹発生装置♪
作家さん常駐なんだけど、時間によって鏡の位置替えしなきゃいけなかったりでなかなか大変みたいだ。
作品を通じて色々な方々との出会いがあるのはすごく楽しいですが晴れが続くと休めませんよと苦笑い☆

遊んでみたw
こんなこともできちゃう(笑)

虹を楽しんだ後はK021「ベリースプーン」。しかしこのお店の営業は8月28日まででクローズドでした。ちゃんちゃん。
ブラックベリー
ベリー☆ベリー まだ完熟じゃない?

グリーンパークを離れK029「20 minutes walk」。そして今日のラスト大白倉のK083「畦の花館」。
陶器花
陶の花が咲く
すごいな
鏡の上に飾られてます

静寂の一輪
静寂の一輪。日常との境界のように

ここの空き家はここ数年の芸術祭で毎回作品になるんだけれど、このお宅、なんか居心地がいいんだよね。
今回の作品は陶で作られてる花が華やかでありながらも過去と現在のはざま、異世界に続くよう。

そんなこんなで今日の芸術祭作品めぐりは終了。これから片貝に向かいます。(次エントリに続く)
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。