FC2ブログ

そして金谷山へ

ちょっとおさんぽ・おでかけ/武将隊
04 /15 2014
4/15 花見@寺からの金谷山へ

(前エントリからの続き)
寺町から山麓線に出て日吉神社へ。
ここにはかつての大貫小学校の門柱が残されてるんだよね~

どっち?
で、疑問。「日吉神社」なんですが、「日枝神社」ともありますが、どっち??
この「日枝神社」も年季入ってそうですが。

ここからは坂をチャリ引っ張って登る。

官軍側
戊辰戦争の薩摩藩戦没者墓地。勝てば官軍。墓地もいい場所だよ…。
会津藩の墓地は反対側だもんね。(でもちゃんと高田の人は手厚く葬って墓地も手入れしたんだよー!)

来月5日に薬師さまの御開帳がある医王寺薬師堂。今年は行けるかな~
医王寺
ここでしばしのんびりお花見。
春は花。いいなぁ…

そして金谷山。
レルヒ像
レルヒ像がある丘へ。下からレルヒ像を見上げてみる。

高田公園をのぞむ
高田公園の回りはピンク色。

お次はスキー発祥記念館…の脇を抜けて展望台に…そして道標に引かれて遊歩道をずんずん歩く。

ずんずん。ずんずん。
道の両脇にはササユリ保護のラベルと支柱が何本も。
うわーここササユリロードなんだー。
タイミング合ったら見に行きたいなぁ…

ちょっと一息
こういうポエム板が数箇所あります。誰の詩かな?
道標が
7分…行ってみるか。

こっちにはあまりカタクリとかはないんだね。でもタムシバやオオカメノキ(ムシカリ)、地上部ではショウジョウバカマが。
新緑がいい感じだ♪

ずんずん。ずんずん。歩いてったら、滝寺堤に着きました。
滝寺堤
へー…こんな所があるのかー。
「狼谷まで2分」にも気になったが、また今度とし来た道を戻る。

「がんばれ坂」さっきは下りだったが今度は登り~
がんばれ坂
がんばれー

途中で蝶に遊ばれる(笑)
ギフチョウはふっとしたところに飛んでくるけどなかなか止まってくれないし。
ルリタテハ
哀れに思ったかその姿を撮らせてくれたルリタテハさん(多分)。

はい到着~
今行ってきた遊歩道と去年行った山頂はつながってないことが判明したし、じゃあ今度は山頂側へ。
ボブスレーのメンテ中のようでなんか行きづらい雰囲気だったので向山コースを使おうとそちら側に移動。
登る前に、真ん中の池に移動。

ミズバショウ
おー、ミズバショウが盛りー。

カタクリ
そしてカタクリがいーーーーーーーーーっぱい!
こりゃすげー。

桜と新緑
桜も咲いてて、こりゃもう春の別世界。

一面のカタクリ
カタクリに誘われて登っていくと…

な、なにここー!?
雪割草と
雪割草とカタクリの群落じゃないですか。
いや、雪割草は植栽されたのだって分かりますよ。でもここまで大株になっているってのはすごい!
一気にテンション上がりまくり。

そして木々の間から聞こえる不可思議な鳥?の声。
あんな声は今まで聞いたことがない。なんか哀しそうでもある声だ。
ぐるっと上を見渡してもその存在が分かるはずもない。

追記:ちょっと鳴き声つべってみたら、鳥ではなく仔ツキノワグマの声??
いやわかんねーよ?

イカリソウも
カタクリや雪割草だけじゃないよとイカリソウ

ぐるっと回ったが、ここからはゲレンデコースには行けないようだ。
下に下りて再び向山コースを登る。
白旗山ゲレンデから
お山の大将。えっへん。www

高田城三重櫓
白旗山コースの上から高田公園・三重櫓。新しいカメラの望遠で探し撮ってみる。

山頂へもちらっと足を伸ばそうかとも思ったが、タイムリミットも近いしさすがに燃料切れ。
ボブスレー脇を通って(メンテ中の係員の方たちに何も言われないのをいいことに)下山。

桜見て新緑見て早春の妖精たち。ああ極楽極楽。
いい場所見つけたな~
また来たいなーー。

ササユリロードの頃の遊歩道再来も楽しみだ。
でもこの「心のふるさと道」って看板はあるけどマップはないのかな?
関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。