FC2ブログ

スタジオ・ゼロ「IMA」展へ

アート/クリエイターイベント
06 /14 2014
6/14 実験空間スタジオ・ゼロ「IMA」展へ

実験空間スタジオ・ゼロでは6/8~7/2まで「写真による作品展 ~IMA~」が開催されている。
今回は無謀にも自分も参加してみることに。

ちゃんと勉強されている方から見れば構図なんかもちゃんちゃらおかしいだろうし、本格的なカメラを持っているわけでもなく完全なる自己満ながらちまちま撮っている程度だが、東條さんの「写真展ではなく写真を使った作品展だから」というお言葉にじゃあやってみようかな。こんなんでも参加できるんだと間口を広げる足がかりになればそれもよしと気持ちは傾いていったのだった(笑)

しかし、イメージは浮かんだもののなかなか形にできず。(事情で外に出られないのもあったし)
ようやくなんとか完成し(←これも当初イメージしていたものとは変わってしまったのだが)会場に持っていったのはすでに展示が始まってからだという(^▽^;)
東條さん、締め切りすぎてごめんなさい

作品搬入を兼ね(と言うほど大きいものじゃないですが)、スタジオゼロに行ってきまーす。
スタジオには東條さんはもちろん出展された作家さんたちが在廊されていた。
この場所をはじめ他のアートイベント等でも時々お会いする方々だ。

作品1

2

3

4
わーみんなすごいなぁさすがだなぁ。
写真ももちろんだけどちゃんと作品だもんなあ。
自分の工作とは雲泥の差だ。
5

6

7
これは見る人がカラーピンを刺して出来上がっていく現在進行形参加型作品。
うーん。刺激ー!

スタジオにWさんが来訪。初めてここにくるのにちょっと迷子になったそうだけれど…(^▽^;)
楽しんでいただけたら幸いですてw 来てくれてありがとね。

ちなみに自分のはこれ。
「IMA+Photo=Memory」とタイトルつけてみた。
下部入ってないし携帯が(自分はいまだガラケーユーザーw)鏡に映ってるけどなwww
これ
写真を撮った瞬間は今だけど、その瞬間はすぐに過去となってしまう。
その瞬間・今の記録は、それを見るときには既に過去・思い出になる。
真ん中のカメラのレンズは鏡、「今そこに映っているもの」しか映らない。
カメラの周りの記憶たちはデジカメではなく、もっと簡単で身近な携帯のカメラで気軽に撮ったものたちを。
自分しかわからない記憶たちだけどなww

以前におまけ的なおためし出展させていただいたけど、今回は正式出展。
技術なし、センスなし、道具なし、アイディアなし、表現力なしのないないづくしに加え超不器用というトンデモ野郎だけど、いい経験させていただきました。
ありがとうございました~

もしかしたら、またお目汚し出展したりして?(^▽^;)


関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。