FC2ブログ

高田開府400年祭 忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列

上越市内(イベント)おでかけ
07 /06 2014
7/6 高田開府400年祭 忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列へ

さて、開府400年の目玉イベント「忠輝公と五郎八姫のお輿入れ行列」。
これは市民(だけでもないが)一般参加者が当時に扮し高田本町から高田公園までお輿入れ行列をするというもの。
いつものように「見る阿呆」になろうかと思ったが、いやいや、開府400年は今回だけだぞ、500年はないぞ。百年に一回しかないなら「踊る阿呆」になってみてもいいんじゃないか?
こんな機会は滅多にないぞ。。。という思いが大きくなり、参加申し込みをしてしまった。

で、まあ無事定員内に入り参加することに。
事前に一度所作や大まかな練習はあったが、衣装つけては当日出たトコ勝負。
春日山に祈願もして(←神頼み)結局失敗するの前提でがんばろうという結論に達し(笑)、当日になりました。

朝は8時半にスポーツセンターに到着。
それから着替え、いや、着付け。
おめしかえ
…なのだが、着付け担当の方が限られているので、末端従者の自分たちにはなかなか順番が来ない。鉢巻(とは言わないのだろうが名称わからん)巻いて頭だけちゃんとしておけということだったのだが、あまり短くするとよくないかなと伸ばし放題にしていたため余計まとまりのないぼさぼさ状態。そんなんだったら切ってさっぱりしておけばよかった。。。

そして自分の番。担当の方がぱぱぱぱっと着せてくれて従者完成。
自分は五郎八姫・伊達側の従者なんね。
おお、化けた(笑) ←写真はありませんw 
でも、事前にこんな役ですよと送られてきた画像資料とは全然違うなw

お二人さん♪
忠輝公&五郎八姫役のお2人登場。
ご結婚されたばかりのお2人なんだそうだ。おめでとうございまーす。

記念にぱちり
忠輝公と侍女の記念撮影♪

リハです

五郎八姫♡
本番前に衣装を着けて最終リハ。
歩き方、やはり普段着と着物では違うな~
やりがちなクセ、出さないように気をつけなきゃ(^-^;

お弁当いただいて、順番に会場へ。
出発~
…なんだけど、事前に配られたタイムスケジュールのみで、メインの指示がないので、(ある程度なにか口頭指示があるだろうと思っている)一般参加者だけの集団なもんだから、どれに乗っていくのか・乗っていいのか悪いのか…で、げつばたしてしまったことよ。

本町到着。主役のお2人をはじめとするメインの方々は駅前で出発式のようなイベントがあるので別行動なのだが、他は
あすとぴあ周辺待機みたいに書かれていたのでそうなんだろうと思っていたらば、あっち行って!あっち!と言われ、あっちってどっちだよーと思いながら移動。結果ランドビルの向かい側(東側)の辺りで待機となりました。

とはいえ、いつ出るとかそういう連絡が全くないもんだから、これでいいのかねーなどと周りの方と話しつつ、春日山でお会いする方々に写真撮ってもらったり水分恵んでもらったり(ありがとうございました!)しながら待つ。
蒸し暑いのに本町には給水所ないし、飲み物買おうにも財布等持ってきてないし(←でもデジカメと携帯だけは袖に入れて持ってきた☆

ねぶたー

ねぶたー
JCI製作・鬼っ子忠輝公ねぶた(鬼っ子とは「捨て童子・松平忠輝」より)

そして、自分たちの後ろはマーチングバンド。なんかその演奏に行列の音楽負けそうなんですが…
お輿入れ行列だけだと思っていたら、マーチングバンドも何組も一緒だったんねー(^-^;

今日の主役♪
お、忠輝公たちがやって来た。いよいよ始まるぞ。

行列がはじまるよ
音楽と共にスタート。
いちにーさんしー ごーろくしちはち…と頭で数えながらの足運び。
ゆっくりゆっくりあせらずあせらず。
めでたきことゆえにこやかに。

あー、沿道にあの方、うわ、この方もー。
マ・リオも自転車で疾走してるし。
カメラがーーー。おりゃーカメラ向けられると顔が更に硬くなるんだよーーーー!なのでできるだけカメラを見ないように見ないように(^^;;;;;;;;

で、行列の速度にあわせながら時にはゆっくり、時には急いだり…時には間違ったり…と本町からお馬出し通りからの司令部通りからの高田公園への道をしゃんしゃんと進むのでありました。
郵便局前に給水所。ありがたい~(けど歩き飲みのできない自分(^^;)

高田公園に近づく。もしかしたら自分たちの到着前に演武あった武将隊のみなさんに会えるかなとかすかな期待を抱いてたんだが、残念ながらもう戻られてしまっていたようで。

図書館の所曲がってゴール。ここでも給水所。
今度は立ち止まってごくごく。あーうんまい。ありがとうございますー。

そしてステージではご婚儀。
従い侍るものたちはステージ脇の椅子に着席。

ステージのお2人
ここからだとステージ上でやってることはよく見えない。
これはあとでJCVで見よう。やってくれてるはずだから。。。

イベントラスト。
ステージ上とその下で、五本締め。
これはちゃちゃちゃんちゃちゃんちゃちゃちゃんちゃんのシメなんだが、最初から手拍子ではなく、最初は人差し指1本次人差し指と中指、そして薬指を加え、小指、最後手拍子、と音が次第に大きくなっていくという締め方なのだ。
おもっしぇーーー。

そして終了。お疲れさまでした。
あとは解散~
スポーツセンターの玄関では自衛隊さんが冷たーーく冷えたペットを差し入れてくれた。
参加者の運搬などのご協力、そしてこの差し入れ。あ、ありがとうございますーーーー!

暑い、そしてなかなかに窮屈な着物ではあったけれど、脱ぐとなるとなんか惜しい(笑)
でもいつまでも着てられないし、これどうだったっけ?などと思いながらお着替え。
あー楽((笑))
小道具いろいろ
小道具たち

一緒だったUさんやHさんたちとまた会おうね!とお別れ。
いやー、お疲れさまでした。
始まっちゃうとあっという間だし、なかなかに楽しかったぜ!
なんかクセになりそうだなww
(謙信公祭も足軽やってみたかったりもすんだけど、武将隊のイベントとかぶってそっち見られなくなると思うとやっぱり手が出せないんだよなー)

というわけで、踊る阿呆になりましたが、踊るのも楽しいもんですな。
100年に一回だしな。
沿道のみなさまありがとうございました。そして参加されたみなさまお疲れさまでした!


追記:しかしだ、にこやかにしているつもりでいたのだが、いただいた写真や画像見ると口をひん曲げた仏頂面になっている…
やはり「自分で微笑んでる」と思っている表情は幼少時の母の指摘の如く他から見ると「口をひん曲げた硬い不機嫌な表情」なのか…
なんてこったいorz


関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。