FC2ブログ

長岡の花火へ

花火
08 /03 2014
8/3 長岡の花火へ

長岡の花火は今年は土日、しかも震災復興祈願花火フェニックス10も打ちあがるということで、例年よりさらに多くの人出が見こまれるのは想像に難くない。
それでも土曜日よりは日曜の方がわずかでも混まないかなということで日曜に見に行くことに(土曜日は外せないライブあったしね)。
そして見に行きたいと思いつつ、多分今回の長岡行きを逃すと期間中に行けそうになさそうな近代美術館での法隆寺展も併せて見てこようと。
そんなこんなで長岡にGo!

法隆寺展
県立近代美術館での法隆寺展。ああやっぱり仏像はいいよなぁ。
そして長い歴史。どれほどのものを見てきたのか。
人々の「信心」もどれほどのものだったのか。
その仏像が作られた木は更に歴史があるってことだし、その悠久さを想像するとたまらんよなぁ。
(妄想バカですみません)

法隆寺展を見てから花火会場へ。
駐車場はいつもの通りでいいけれど、無料観覧席のシステム変わったし、どうなのか全くわからんから行ってみないと。

途中の松田ペット看板。
松田ペット
何気にみな違うという。ちなみに真ん中はネコだよね?大猫も紛れている松田ペット看板コレクションしたいぜ!(笑)

例年通り相方を場所取り要員にし、駐車場入れてから合流コース。
無料席は右岸だと長生橋の上流側。スターマインの一部やナイアガラは見られないけど去年見た限りではまあ悪くないかと。
河川敷の下と上で並ぶ列が違うんだね。ふむふむ。
開放タイムと同時に列がだーっと動き出す。どこらがいいか、実際座ってみないとわからないのもあるけれどここらでいいでしょという場所を確保。
場所確保したのでひとまず安心。まつりで賑わう駅前通りにれっつらごー!

今回は大手大橋の道ではなく長生橋からの道をてくてく。
慰霊塔
ん?あれはなんだ?
見てみると「長岡空襲犠牲者慰霊塔」とある。

平潟神社
そんなここは、平潟神社。
長岡空襲の体験記録などにはこの神社がよく出てくる。
そう、ここは空襲時の避難場所とされていたため長岡空襲の時も多くの人たちがここに逃げてきたのだが、防空壕があるとはいえあのおびただしい爆撃と火の海に人々はなす術もなくこの場で命を落とした場所。
街が焼かれる、灼かれるその熱さは、この夏の暑さなんて比じゃなかっただろう。
69年前の夏、それがあって今がある。

そしてまつりイベントで賑わう駅前通りへ。
暑いのと空腹でひたすら店探しモードの相方はイベントなどには目もくれず営業している居酒屋探し。
まあ、FM長岡でも気温38度なんて言ってたしねー。確かに早く涼しいところ行きたいわな。
太鼓
でもイベントも(毎年同じではあるが)面白そうなんだけど…(^-^;
丸太切り
丸太早切り大会。これはかつての三島町からのイベント。

トッキュージャーショー
烈車戦隊トッキュージャー、らしいw

で、営業しているという某居酒屋チェーン店へ。ここは毎年まだ営業時間じゃなくて入れなかったトコなんだけど今年はやってるんだね。
入った途端、涼しーっ!
…はよかったのだが、この冷房の効かせ具合では、自分みたいな冷房苦手な人はつらいかもしれんぞ?と内心冷や汗。
確かに1杯目のビールは美味かった。頼んだ料理も空腹には美味かった。が、やはり次第に腕が冷えて痛くなってきた。
あの暑がりの相方すら寒いと言い出すほどの強冷房。
これは客を長居させないやり方か?(笑)

店を出たあと、今年はアオーレには行かず(FM長岡のさとちんの公開放送もやってたんだが)、震災アーカイブセンター・きおくみらいへ。
中越地震のアーカイブセンター。
センターへの階段には長岡造形大学のデザイン科の「やまこしポスター」。
やまこし
楽しいポスターたちなんだけど、山古志に思いを寄せる人々の心がぐいぐいと押し寄せてうるっときたのは、酔いのせいか。
いかん、感情の膜が酒のせいで薄くなってる。やばいまずい抑えろ自分。

航空写真
床には中越地方の航空写真が敷かれ山古志などの震災地が見て取れるようになっている。

止まった時計
「その時」止まった時計たち。

ここの1角、長岡資料コーナーでしばし休憩。気がついたらクローズ時間間近。すいません…

フェニックスの記録
フェニックスの10年の写真展も開設されていたぞ。

センターを出て花火会場へ向かう。
…の途中で先に行っているという相方と別れ今年もゆみぞちゃんのバイト先に顔出し。
今年も顔出しだけでごめんよー(^-^;
でも会えてよかった♪

てくてくと会場に向かいながらのまち散策。
うお!
うおっ!
店の軒先に包丁。すごいぞこのお肉屋さん。

角田商店
これは歴史感じさせる建物だねぇ。やはり戦後のものなんだろうけど…

金佛堂
金佛堂。由来の写真も撮ったんだけれどデータ破損で開けない…

花火会場に到着し相方と合流。あとは打ち上げ開始までだらだら。
って、まだ携帯からでもネット見られたのでつらつら見ていたらリスナー友がどうやら近くで見ている模様(UPしている写真が自分が見ているそれと近い)。
ってことでプチアイボール。いや、その節はどうもでした☆

夕暮れ長生橋。
夕暮れ長生橋
長岡空襲の時、農兵隊で栃尾にいた義父は「長岡の空は真っ赤だった」と話してくれたことがあったが、この夕焼けよりももっともっと赤かったのだろうか。

花火1
そして鎮魂の花火が打ちあがり、長岡花火が始まる。

花火2
今年も相変わらず見事だ~

なんだが、合間の単発花火はこっち(三尺玉上がる方)にあっち(メイン打ち上げ場所)に向こう(大手大橋の向こう)とあっちこっちで打ち上げるもんだからどっち見ていいのやら(^-^;

花火3

大物は動画の方が失敗しないなということが分かったので今年も。

天地人花火


フェニックス花火(スピーカーの山びこ効果はご容赦を)

花火4

花火5
ナイアガラは橋の向こうに落ちるんだよね~☆


「この空の花」
世界中の爆弾が花火に変わったら、 きっとこの世から戦争はなくなる、は山下清画伯の言葉。
きっと、ね。
いまだにそれはかなえられていないけれど。


21時の正三尺玉。このサイレンも込みで「正三尺玉」なんだよね。

まだ終わらんよ!とばかりに尺玉100発、そしてラストは余韻を残しつつ花火の「これから」でもある「匠の花火」が打ちあがる。
場を片付けつつそれを眺め。

ラストのラスト「花火師さん、ありがとう~!」、しまった光源忘れた。
携帯はバッテリー残量がヤバイし…
感謝の気持ちは溢れるほどだが、光源持っている皆さんにそれを託し(^-^;

さ、駐車場に戻ろうと人の波に乗りつつてくてく。
だったのだが、途中デジカメがない!と相方が言い出す。ダメもとでUターンし探しに行く相方。
多分片付けてる時にぽっとどこかに置いたのだろうがなにしろあの観覧者数だぞ。おまけにゴミステーションのそばだぞ。夜だぞ、蹴られたり踏まれたらアウトだぞ。
上手く見つかればいいけどなぁーーカミサマお願いします~と待ちながら行き過ぎる人たちをぼんやり見つつ祈る。

その後戻ってきた相方。あったそうだ。よかったーーーーー!
どうやらラッキーにも道路縁斜面手前の草の所に置いたらしく人の足からは無事だったらしい…が、このうっかりさんがぁぁ!

今回はこれで時間取ったのもありいつもの店に寄らずに帰ることにする。
新しくできたフェニックス大橋を通ってみたが、心配していた混雑もなくすいすいと通過。いやーこれいいわい。
8号使ったら出れないもんねー。

道中、事前に打っておいたFM長岡の花火特番にメッセージを送ろうとしたものの、回線パンク状態が直らない。
しばらくおまちくださいの表示ばかり。え、でも長岡基地局からは離れたはずだから通じるはずなんだがおかしいなと思いつつ送信→お待ちください、を繰り返す。
そして一度目の「電池残量がありません」表示。こういう時に限って車内充電用のケーブルはないし。
それでも繰り返したら完全にバッテリー切れ。あーあ…
そして思い出す。回線パンクが続く場合は一旦電源切るとリセットされつながる場合があるということを…orz

無事日付変更線が変わる前に上越到着。
ネットでも聴けるこの特番は24時まで。とにもかくにも番組内で読まれなくても気持ちだけは伝えたいと番組終了5分前に電源つないで送信しましたよこのしつこく執念深い人は(笑)

そんな2014年の夏・長岡花火の夜でした。ちゃんちゃん。


関連記事

コメント

非公開コメント

しー

好き勝手に、
「今、を楽しめ」。


SPAM対策でTB承認制。ご了承下さい。